スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

5階東病棟 多職種カンファレンスの様子

2019年10月

今回は毎週木曜日の午後、多職種(医師、看護師、介護福祉士、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、臨床心理士、ソーシャルワーカー)で開催しているケアカンファレンス、デスカンファレンスについてお伝えします。
ケアカンファレンスは、入院時や入院中の患者様を対象に行っています。ケアや治療方針の検討、患者様の想い・希望の共有をチームで行い、同じ目標に向かって統一したケアを実施していく上で、とても大事な役割を果たしています。
デスカンファレンスは、病棟でお看取りした患者様の思い出を語り合ったり、行ったケアの振り返りをする場として実施しています。

ケアカンファレンス、デスカンファレンス

このような話し合いを重ねながら、より良いケアができるよう、今後もチーム一丸となって取り組んでいきたいと思います。

看護部新人入職時研修 その1

2019年10月

看護部教育専従 鈴木大輔

看護部に入職した看護師17名、介護福祉士5名の計22名で2019年度の新人研修がスタートしました。今回は4月から6月までの新人入職時研修の様子をご紹介します。
※看護部新人職員の1年間の研修プログラム(PDF)はこちらをご覧ください。

【4月】

チームワークをテーマにした講義・演習、宿泊研修を通して、同期との絆と結束を固めました。

感じるワーク
感じるワークで心の距離は縮まった!?
記念写真
絆が深まりハイチーズ!

毎年、宿泊研修にはお揃いの「鶴のまきちゃんTシャツ」で更にチームワークを高めています。このTシャツは年間通して行う技術演習などでも着用し、同期との繋がり、絆を意識できるようにしています。

鶴のまきちゃんTシャツ ジャパンブルー!
鶴のまきちゃんTシャツ ジャパンブルー!

【5月】

基礎教育での学びを活かしたケアプラン演習やらくらく介護技術演習など、現場実践で必要不可欠な知識、技術を学びました。

らくらく介護技術演習
らくらく介護技術演習:ニュートンって何?
ケアプラン演習
ケアプラン演習:本気で・・・考えます!

【6月】

家族支援専門看護師、認知症看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、摂食嚥下障害看護認定看護師、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師、特定行為研修修了看護師による専門分野の知識、技術を学びました。

家族支援専門看護師による倫理(もしバナゲーム):人の価値観って様々だ
家族支援専門看護師による倫理(もしバナゲーム)
緩和ケア認定看護師によるアロママッサージ
緩和ケア認定看護師によるアロママッサージ:
手の温もりからケアが始まります

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階西病棟 花火鑑賞会

2019年10月

8月31日、9月1日の2日間、2階西病棟では大きなスクリーンを使用して、花火鑑賞会を行いました。
患者様、ご家族様へのお知らせのために、レクリエーション係が素敵なポスターを作成してくれました。

花火柄のポスター
花火柄のポスター

2日間に分けて大勢の患者様、ご家族様が参加してくださいました。ロビーを暗くして、スクリーンを設置し、花火大会のDVDを上映しました。大きなスクリーンの映像と、大きな花火の音は迫力がありました。
そして上映後にはたくさんの拍手をいただきました。

上映会の様子
上映会の様子

今回のレクレーションで夏の終わりを患者様にお届けすることができたのではないでしょうか。
2階西病棟では今後も患者様に季節を感じていただけるようなレクリエーションを開催していきたいと考えております。

保育所・ベビーランドつるまき 2019年10月号

2019年10月

保護者の方向けに毎月発行される保育所・ベビーランドつるまきの「おたより」です。

※看護部ホームページ掲載(一般公開)のために、個人情報や行事日程の詳細等を削除して再編集しております。

スペシャルコラム

読み聞かせ絵本『ころべばいいのに』のお話しです。

4階南病棟 【ワークライフバランス】

2019年9月

4階南病棟の井尻です。
当院では毎年、最長10日間のリフレッシュ休暇があります。
その中で私は趣味である海釣りを楽しんでいます。6月の梅雨の時期になるとイサキ、8月には剣崎でのカワハギ解禁や相模湾でのマグロ・カツオ、9月からは山中湖ワカサギ解禁、10月からはワラサ、秋マダイ、通年を通してはアジやタチウオなど、釣りにはオフシーズンがない!! 恐らく、この記事が載る頃には私は真っ黒に!?

こんな釣りバカ人生を歩んでいるため、周囲からは「本職はどっち?」とか「魚ばかり釣ってないで嫁さん探したら?」なんて声があるとかないとか。

日々の業務では、忙しさや慌ただしさもあり、ストレスも溜まるのでリフレッシュ休暇などの休日を利用して海で発散し、気持ちをリセットして仕事しています。

みなさんは何か打ち込める趣味ありますか?

5月に釣った2.66Kgのマダイです
5月に釣った2.66Kgのマダイです

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

5階南病棟 「うちわ作り」

2019年9月

まだ残暑が厳しい9月ですが、5階南病棟では8月、患者さまと一緒に日本の風物詩である「うちわ作り」を行いました。白いうちわに花や動物、キャラクター等のシールを貼っていく工程で、患者さまは真剣に貼る様子もあり、楽しんで頂けたようです。

真剣にうちわに貼っています
真剣にうちわに貼っています

患者さまによっては、完成したうちわに名前や詩を書く方もいました。一人ひとりの個性のあるうちわがたくさんでき、世界に一つのうちわができたのではないでしょうか。

かわいいうちわができました
かわいいうちわができました

今後も、季節を感じられる、病棟レクリエーションを提供していきたいと思います。

4階西病棟 「夏の風物詩 流しそうめん」

2019年9月

私たち4階西病棟では、8月の病棟レクリエーションで夏の風物詩でもある流しそうめんを行いました。竹に見立てたものを使って職員がそうめんを流し、それを患者様や家族が一生懸命とりました。

そうめん、上手にとれるかな?
そうめん、上手にとれるかな?

そうめんが食べられない患者様には、小さなカップゼリーをスプーンですくっていただきました。

小さなカップゼリー

流しそうめんの発祥地は宮崎県と言われ、昭和30年生まれの意外と新しい食べ方だとみなさん知っていましたか?
暑い夏の野良仕事の際に野外でそうめんを茹で、竹と冷水を利用して涼を得た光景から、思いついたと言われています。ちなみに鹿児島発祥の流しそうめんは、流し方が違うそうですよ。

流しそうめんの歴史は浅いのですが、夏を感じて頂けたのではないでしょうか?今回のレクレーションで「夏」を患者様にお届けすることができました。今後も患者様に笑顔と季節を届けるため、季節ごとのレクリエーションを開催していきたいと思います。

4階東 介護医療院 夏祭り

2019年9月

4階東療養棟は今年の4月から介護医療院へと移行しました。
開設し、初めての夏祭りを2019年8月10日に開催しました。

夏祭り2019年8月10日

かき氷・ドリンクバー・輪投げ・ヨーヨー釣りの出店やカラオケ、浴衣を準備し、当日を迎えました。入所者様、ご家族に楽しんでもらうことができ、季節感を感じることのできるかき氷は入所者様・ご家族からとても好評でした。

かき氷
ヨーヨーを釣って素敵な笑顔
ヨーヨーを釣って素敵な笑顔
浴衣を着て記念撮影
浴衣を着て記念撮影

介護医療院は入所者様の生活の場です。
今後も入所者様一人一人の生活を大切に考え、楽しみをもって暮らしていただけるよう、スタッフ一丸となって努力してまいります。

※入所者様、スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階東病棟 「7月のレクリエーションにズームイン」

2019年9月

私たち2階東病棟では患者様に四季の変化を感じてもらうこと、気分転換をしてもらうことを目的に、季節に応じたレクリエーション活動を行っています。 今回は7月に当病棟で開催した七夕レクリエーションにスポットをあててみました。

今年はプロジェクターを使用し、七夕音頭や有名な平塚市の七夕祭りの動画を流し、オリジナリティー溢れる七夕レクリエーションを開催しました。短冊に願い事を書いたり、折り紙でたくさんの飾りを作った患者様もいました。また、自分で書くことが困難な患者様は職員やご家族が代筆しました。短冊の願い事を見てみると「家族の幸せ、健康」といった、ご自身のことより相手のことを思う内容が多いという印象を受けました。

七夕の短冊

たくさんの願いがこもった2階東病棟オリジナルの七夕飾りが出来上がり、病棟の軒端に揺れました。

2階南病棟 勉強会~「あなたへ」のタッチング~

2019年9月

2階南病棟では、毎週金曜日の朝礼後にそれぞれの専門職がもち回りで勉強会を実施しています。

第1金曜日:ドクター

第2金曜日:リハビリテーションスタッフ

第3金曜日:病棟スタッフ

第4金曜日:管理栄養科orメディカルソーシャルワーカー

今回の病棟スタッフが担当した勉強会は、非言語的コミュニケーションをテーマにし、相手も自分も癒される『触れる』ケアについてでした。非言語的コミュニケーションには、表情やジェスチャー、頷きなど様々な方法があります。その中から、ちょっとした時間でも出来るケアとして「ツボ」「反射的」「タッチング」を紹介してくれました。

イラスト付きでわかりやすい資料です。

手だけでもツボはたくさんあります。ツボを押すと箇所ごとに効果もいくつかあり、すぐに効果が現れる訳ではないですが、老廃物が流れ、血行がよくなり、定期的に実践することで効果があると言われています。

実際にツボをおしている所です。

タッチングとは、直訳すれば【手当て】となり、患者さんに対し安心感を提供することです。効果としては、痛みを訴えている場合、患部や痛みを訴えている場所に手を当てることで、痛みが軽減することや、手を握ったり、身体に触れることがコミュニケーションとなり、それが安心感や信頼関係につながることも多くなります。

20分程の勉強会でしたが、大切なことがギュッとつめこまれており、いろんな視点から学べるので、とてもためになる内容ばかりでした。皆さんも疲れた時はツボを押してみたり、タッチングを使ってコミュニケーションを図ってみるのもいいですね。

鶴巻温泉病院のホームページへ