スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

4階東病棟 足湯へGO!!

2018年7月

今年度の4階東病棟は、「患者様を1番に思い、専門職として安全で安心な療養生活を提供する」という目標のもと、レクリエーションに力を入れて取り組んでいます。

4月・5月は「足湯ツアー」を企画し、実施しました。当院の足湯は温泉のお湯を使用しており、少しでも温泉に入っている雰囲気を味わっていただこうと、スタッフ一丸となり、協力して取り組んでいます。

一年を通して、季節の移り変わりを、行事や装飾から感じていただける病棟にしていきたいと思います。そして、レクリエーションを通して、患者様にとって、療養生活が楽しいものになるようにしていきたいと思っています。

「気持ちいいな」

※患者様には写真公開の同意と許可を事前に得ております

3階東病棟 「一緒にリフレッシュ」

2018年7月

こんにちは。3階東病棟です。
今年度は、レクリエーション係を中心に年間計画を立て、1か月に1回レクリエーション行っています。

5月のレクリエーションは、アロマオイルを使用し患者様にマッサージを行いました。アロマの香りでマッサージをすることで心身のリラックスをしていただくことが目的です。

「こちらが使用したアロマオイルです」
「職員が実際にアロマを使用し患者様にマッサージをしている様子です」

当日は、普段ベッド上で過ごされてる方もアロマの香りと職員の優しいマッサージで穏やかな表情が見られました。これからも、患者様へ楽しんでいただけるようにレクリエーションを提供していきたいと思います。

3階南病棟 新人看護師紹介

2018年7月

満開の桜も散り、なぜか夏日を記録更新している4月が過ぎました。涼しい風を感じる中、3階南病棟には4月に看護師3名、介護福祉士2名が異動となり、他に看護師2名が加わりました。そこで新採用の看護師 十文字美穂さんと新人看護師 星野すみれさんから一言いただきました。

十文字 美穂さん

Q:出身地は

A:神奈川県です。

Q:なぜ、鶴巻温泉病院を選ばれたのですか?

A:回復期ケアを学びたかったので... またアットホームな雰囲気に魅力を感じました。

Q:3階南病棟の回復期病棟はいかがですか?

A:スタッフの皆さんが暖かくて、患者さんが穏やかに過ごされているところが素敵だと思います。

Q:今後どのような看護を行っていきたいですか?

A:退院支援を視野に入れた看護介入がしたいです。

笑顔が素敵な十文字さん

星野 すみれさん

Q:出身地は

A:長野県です。

Q:なぜ、鶴巻温泉病院を選ばれたのですか?

A:実習を通して慢性期の看護を学びたいと思ったからです。インターンに来て病院が患者さんを大切に看護を行っていることや、新人教育がしっかりとしていることを知り、この病院を選びました。

Q:今後どのような看護を行っていきたいですか?

A:私は患者さんがまっすぐ向き合ってくださるような看護師になりたいと思っています。そのためにはまず、私が患者さんとまっすぐに向き合い、患者さんとの時間を大切にしていけるようなケアを行っていきたいと思っています。患者さんの心身ともに癒せるような看護を行っていきたいと思います。よろしくお願いします。

新人看護師 星野さん

2人とも笑顔が素敵で、患者様に接する姿を見ていると私自身も初心に戻り、新しい風を感じ刺激を受けています。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階西病棟 「この木何の木2西の木」

2018年7月

新緑の季節となりました。2階西病棟では看護師2名、介護職2名の新人職員と、病棟異動5名の職員を迎えて新たなスタートをきっています。

ここ、2階西病棟は特殊疾患病棟であり、長期にわたり入院されている患者様が多い病棟です。長期療養の患者様が楽しみを持つ工夫の一つとして、四季を感じていただけるよう、今年度はステーション前の廊下の壁をディスプレイしています。4月は桜、5月は新緑を表現しました。浴室の前や部屋の入口にも飾りつけを行っています。患者様、ご家族、面会の方、スタッフの皆にとって四季を楽しんでいただけるよう、工夫していきます。今後の季節の飾りつけにご期待下さい。

【スタッフステーション前の季節ごとに移り変わる樹】
【浴室前の鯉のぼり】

今月のおたより 2018年7月号

2018年7月

保護者の方向けに毎月発行される保育所・ベビーランドつるまきの「おたより」です。スペシャルコラムは 「ダンゴ虫の家族(^^♪」です。

※看護部ホームページ掲載(一般公開)のために、個人情報や行事日程の詳細等を削除して再編集しております。

5階東病棟 4月異動者インタビュー

2018年6月

2018年4月から5階東病棟へ新しいスタッフが仲間となり、新しい風を運んできてくれました。2か月が経ち、現在の想いや今後について伺ってみました。

☆Aさん☆

Q1.緩和ケア病棟の印象はどうでしたか?

A:死と向き合う場所であり、苦しいと思うこともあるけれど、今を一生懸命生きている患者さんから沢山の笑顔や元気をもらい、頑張れます。スタッフの熱い想いや他職種との連携も密に行え、患者さん、家族のために一生懸命な方たちに感動しました。

Q2.リフレッシュ方法はなんですか?

A:岩盤ヨガ、ロードバイク

Q3.今後チャレンジしていきたいことは何ですか?

A:やっと、ずっとやりたかった緩和ケアに配属されたので、コミュニケーション技術等の学習。学生指導も担当となったので、学生とともに成長し、患者さんの思いや苦痛に寄り添える看護をしていきたいです。

Aさん(写真左) PNSペアのCさんと
PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)

☆Bさん☆

Q1.緩和ケア病棟の印象はどうでしたか?

A:静か。時の流れが穏やか。

Q2.実際2か月働いての感想をどうぞ

A:わからないことだらけです。

Q3.リフレッシュ方法は何ですか?

A:晩酌、お酒でプライベートを楽しんでいます。

Q4.最後に一言お願いします

A:患者さん、家族を不安にさせないように努力していきます。何か気になることがあったらお伝えください。

同じ病院内であっても新しい場所では違いがあり、不安も大きいと思います。そんな不安に寄り添い、一緒に考え、一緒に成長していける仲間でありたいと思います。5階東病棟へようこそ♪ 一緒に楽しみ、頑張りましょう♪

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

3階西病棟 「地域包括ケア病棟の取り組み」

2018年6月

今年度から3階西病棟は地域包括ケア病棟に生まれ変わりました。地域包括ケア病棟とは急性期医療が終わった後、もう少し、病院で治療やリハビリをしたほうがよい患者さんや在宅や施設で過ごしている方が病気になった時に一時的に入院して、必要な治療とリハビリを受け、在宅や施設に戻れるよう支援していく病棟です。

リハビリを生活の中に取り入れる為、専門スタッフだけではなく、看護職や介護職が協力して行うことになりました。

今回は、その中のレクリエーションを紹介します。例としては折り紙、貼り絵、ビーズ、書道、ボールを使ったゲーム等を患者さんに合わせて行っています。写真はその中でも皆さんで歌をうたっている様子です。食事前には頭、肩、指等の体操や口腔体操等を行い、食事が食べやすくなるような取り組みをしています。

これからも私たちスタッフは、患者様が楽しんで参加できるなプログラムを提供していきます。患者さんやご家族が地域で安心して暮らしていけるよう支援していきます。

レクリエーション

4階南病棟 4月異動者へのインタビュー

2018年6月

今年度より病棟に新しい副主任として異動した介護福祉士の井手太成さんを紹介します。いつも明るく、元気いっぱいの井手さんにインタビューしてみました。

Q1.介護福祉士になろうと思ったきっかけはなんですか?

Ans 元々福祉に興味があったことと、人の役に立ちたいという思いから、介護福祉士になろうと思いました。

Q2.いつも元気いっぱいの秘訣はなんですか?

Ans 患者様と関わりを持つことが好きで、とても元気になります。

Q3.楽しいと感じることは何ですか?

Ans 車でドライブすることと、買い物をする時が楽しいです。

Q4.4階南病棟のアピールポイントはなんだと思いますか?

Ans スタッフ一人一人が手厚いケアを行っていること笑顔を絶やさず患者様やご家族と関わりを持っていることスタッフ同士が相談しやすい環境

Q5.最後に副主任としての意気込みを教えてください!

Ans 副主任として右も左も分からず手探りの状況ですが、患者様やご家族に寄り添ったコミュニケーションやケアを提供していきたいと思います。

笑顔を添えてお茶を配る井手さん

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

5階南病棟 「期待のルーキー」

2018年6月

今年度は原島と工藤でコラムを作成し、お届けいたします。見事、国家試験を突破し、今年の4月から当病棟で働いている鈴木万琳(すずき・まりん)さんに今回はインタビューをしてみました。

Q. 鶴巻温泉病院に入ろうと思ったきっかけがあれば教えてください。

A. 学生時代の実習を通して、回復期リハビリテーションに興味を持ちました。その後、回復期リハビリテーションに特化した鶴巻温泉病院を知り、興味を持ったからです。

Q. 5階南病棟に来てからの印象はどうですか?

A. 病棟全体が明るく、支えて頂いている印象です。いつも温かく見守って頂いていて日々勉強のやりがいがあります。

Q. 最後に今後の意気込み、抱負などあれば一言お願いします!

A. できるだけ早く自立し、患者さんに寄り添った看護を提供できるよう努力していきす!

ありがとうございました。昨年は新人が配属されませんでしたが、今年は頼もしい大型新人(ルーキー)を迎え、病棟スタッフ一丸となり、患者様に寄り添う看護・介護を提供すると共に、鈴木さんを全力でサポートしていきたいと思います。

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

今月のおたより 2018年6月号

2018年6月

保護者の方向けに毎月発行される保育所・ベビーランドつるまきの「おたより」です。

※看護部ホームページ掲載(一般公開)のために、個人情報や行事日程の詳細等を削除して再編集しております。

鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る