チーム医療
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

チーム医療

患者さまへつなぐ

患者さまのQOL

患者さんのQOL

当院の患者さまは高齢者が多く、回復期だけではなく、維持期、緩和の患者さまもたくさんいらっしゃいます。そのような環境で求められているものは必ずしも病気の治癒ではなく、患者・家族のQOL(人生の満足度)の向上です。そのような意味でチーム医療の中心に「患者さまのQOL」を置きました。患者さまのQOL向上に向けて本人である患者さまも力を合わせて家族・医療者・地域と一緒に頑張ります。QOLが高くても生活が楽しくなくてはいけません。私たちは、Enjoyment of Life (EOL)も含めてリハビリテーションを行っています。

入退院の調整

2014年4月より看護部専従の入退院調整看護師を配置し、地域連携室との協働による早期の入院受け入れ体制の見直しと在宅支援の強化に取り組んできました。2017年1月からは、入退院調整看護師が地域連携室室長となり、より地域の医療保険福祉機関との顔の見える関係性を推進しています。

-療養病棟について-

『時々病院 ほぼ在宅』を叶えるための取り組み在宅サポート入院住み慣れた地域で、継続して在宅療養が送れるように、在宅療養中もしくは在宅移行予定の患者様・ご家族様をサポートするための短期入院で、緩和ケア病棟,障がい者・難病リハビリ病棟,医療療養病棟で対応致します。在宅復帰機能強化病棟の開設:急性期の治療が終了し、自宅(あるいは介護施設など)退院へ向けて経過観察やリハビリ・退院調整が必要な方は、是非ご相談ください。

療養病棟について

-回復期リハビリテーション病棟について-

『あきらめない心で動かす看護』
突然、脳卒中を発症し、今までの生活が一変してしまう状況の中で、不安・混乱を抱きながらも、回復リハ病棟などの転院先を探さなくてはならない患者様・ご家族の負担を、少しでも軽減できる様に、急性期病院の担当MSWや病棟看護師・主治医の先生方との、顔の見える関係性の構築に日々取り組んでいます。その成果として、急性期病院や連携施設への入院前患者訪問に伺わせて頂く機会も増えております。 入退院調整には、急性期から在宅生活まで、一貫したプロセス管理が重要です。院内の入退院システムの改善に取り組むとともに、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として、他施設の仲間との輪を広げながら、その人らしい生活を支援できる地域作りに貢献していきたいです。

療養病棟について

相談の流れ

お問い合わせの電話にて状況の確認後、担当医師との相談のうえご連絡致します。相談内容にて、入院費用・入院期間・待機状況が異なりますので、担当より詳しく説明させて頂きますので、ご遠慮なくお問い合わせください。当日のお返事を心がけておりますが、回答ができないことがありますことをご承知下さい

ご相談窓口

地域連携室 直通番号

TEL:0463-78-1319

FAX:0463-69-5665

鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る