緩和
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

緩和

「患者様の心の声を五感で感じ取り、看護の手で癒すケアを」

当院にご入院の患者様、ご家族は一日一日が大切な時間となってきています。そのため、緩和ケア病棟では患者様の「こうしたい、こう在りたい」というご希望にできるだけ寄り添えるような関わりをしています。リハビリスタッフと協力し、レクレーションや外出の支援にも積極的に取り組んでおり、職員が外出にご一緒する事もあります。患者様・ご家族が参加できるケアが、患者様自身が「鶴巻温泉病院に来れてよかった」と思え、またご家族が「こんな事も出来た、あんなこともしてあげられた」という満足感が得られる事ができます。そして、患者様・ご家族を支える私たち自身も温かさや優しさにあふれた日々を送ることができます。

ケアカンファレンス

主治医、看護師、リハビリテーションスタッフ、薬剤師、栄養士、MSW(社会福祉士)、レクリエーションスタッフ、音楽療法士での1回/週 ケアカンファレンスを実施しています。

治療や療養の方針、QOLの維持のための具体的な内容を話しあいます。本人や家族がどのように生活したいかを基に、一日一日を大切にするケアの提供を大切にしています。

食事

管理栄養士が毎日のようにお部屋を回り、食事の状況を確認しています。看護師は食事量の変化をチェックし、食欲低下など細かい部分をみのがしません。がん患者様は消化器症状を呈しやすいため、食事の形態や量にも気を配ります。嗜好を取り入れ、海鮮丼やお刺身、麺類など医師や栄養士と相談しながら提供してきました。

誕生日

誕生日には色紙を贈ります。チームの全員がお祝いのコメントを記し、御本人のお写真や担当看護師の描いたイラストを添えています。患者様にもご家族にも大変好評です。

誕生日には「ハッピーバースデー」をみんなで唄い、ささやかではありますが、あたたかいお祝いをさせていただきます。

そのほかにも、患者様の親戚を大勢呼んで和室での会食をされたり、盛大なお祝いを計画されたり、とてもあたたかい誕生日を迎えられます。患者様の希望を聞き、ご家族や多方面の依頼など担当看護師を中心に計画しています。

鶴巻温泉病院の回復期

入浴

入浴は、2回/週実施しております。入浴を楽しんでもらえるように環境を整えて、お手伝いをさせて頂いております。また、入浴中に痛みが出ないように、事前に痛み止めの薬を有効的に使用して、安心して入浴することが可能です。入浴の「癒し」の効果は、患者様の表情に一番表れます。入浴前まではつらそうな表情だった方が、穏やかな笑顔に変わり、その表情を見たご家族様から「お風呂はいれて良かったね」と、ご家族さまも笑顔になります。

鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る