回復期
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

回復期

「生活の再構築 ~できることを見つける力・変化を感じる力」

回復期リハビリテーション病棟ってどんな病棟?

平成12(2000)年に「回復期リハビリテーション病棟」が誕生しました。この新しい病棟は、命の危機を脱してもまだ医学的・心理的サポートが必要な時期の患者さんを対象に受け入れ、自然回復を促す環境をつくり、多くの医療専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

患者さまのQOL

当院の患者さまは高齢者が多く、回復期だけではなく、維持期、緩和の患者さまもたくさんいらっしゃいます。そのような環境で求められているものは必ずしも病気の治癒ではなく、患者・家族のQOL(人生の満足度)の向上です。そのような意味でチーム医療の中心に「患者さまのQOL」を置きました。患者さまのQOL向上に向けて本人である患者さまも力を合わせて家族・医療者・地域と一緒に頑張ります。QOLが高くても生活が楽しくなくてはいけません。私たちは、Enjoyment of Life (EOL)も含めてリハビリテーションを行っています。

チーム医療詳細へ 
患者さんのQOL

回復期リハビリテーション

入院から退院までの流れ

鶴巻温泉病院の入院から退院までの流れ 鶴巻温泉病院の入院から退院までの流れ

発症してから回復期リハ病棟に移るまでの期間

疾患 発症から入院までの期間 病棟に入院できる期間
1)脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、脳神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヵ月間以内 150日
高次脳障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む外部位外傷 180日
2)大腿骨、骨盤、脊髄、股関節もしくは膝間接の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヵ月間以内 90日
3)外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヵ月間以内 90日
4)大腿骨、骨盤、脊髄、股関節又は膝間接の神経、筋又は靱帯損傷戸後の状態 1ヵ月間以内 60日
5)股関節又は膝間接の置換術後の状態 1ヵ月間以内 90日

できることを見つける力

私たち看護師は、患者様の尊厳や可能性に着目し、医学的知識を持ち、身体的・精神的・社会的側面から全人的に捉え、「できることを見つける力」を養い、患者様が主体的にリハビリテーションを生活そのものに見出せるよう支援しています。

鶴巻温泉病院の医療
鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る