スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

中途採用・WLB

2階南病棟 仕事とプライベートを両立しているパパ

2017年11月

介護福祉士の矢田さんは、以前別の職業に就いていましたが、働きながら介護福祉士の資格をとりました。また、お家では料理などの家事をこなす3児のパパでもあります。今回は、いつも元気いっぱいの矢田さんに仕事とプライベートについてインタビューをしていきます。

Q:介護福祉士になろうと思った理由は?

A:もともと人と関わることが好きでしたし、誰かの役に立ちたいとか考えた時にこの仕事を知り目指すことにしました。

Q:どんな所にやりがいを感じますか?

A:患者様やそのご家族の方から感謝された時や笑顔をいただけた時です。

いつも患者様に寄り添える矢田さん

Q:休日の過ごし方は?

A:家族でキャンプに行ったり、サッカー観戦をしたり。

Q:仕事とプライベートの両立の秘訣は?

A:仕事も遊びも休息も全力で!

Q:ストレス発散方法は?

A:サッカー観戦で、ゴール裏のサポーター席で大声を出すこと。

娘さんとサッカー観戦

Q:最後に一言お願いします。

A:働くパパにもママにも優しい職場で、充実した毎日を過ごせています。パパ友やサッカー観戦仲間を募集してます!気軽に声をかけて下さいね!

※患者様とスタッフ、及びスタッフのお子様には、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階南病棟 中途職員紹介

2017年11月

今月号では中途職員の介護福祉士の遠藤さんと看護師の金子さんにインタビューしてみました。

左が遠藤さん、真ん中が鶴のまきちゃん、右が金子さん

Q:1.鶴巻温泉病院を選んだ理由を教えてください。

A:金子さん:中途でも教育体制がしっかりしているから。

A:遠藤さん:自分が積んだ経験を生かし、多職種がいる環境の中で色んなことを吸収したいと思ったから。

Q:2.実際働いてみてどうですか。

A:金子さん:前の職場では経験できなかったことを学べている。

A:遠藤さん:日々色んな気づきがあります!

Q:3.2南病棟はどんな病棟ですか。

A:金子さん:病棟のスタッフ全員で患者さんをサポートしており、チームの力を感じることができる病棟。

A:遠藤さん:各職種毎、尊重し合えていることが実感でき、みんな温かい人。

Q:4. 鶴巻温泉病院のいいところを教えてください。

A:金子さん:福利厚生や教育体制がしっかりしているところ。

A:遠藤さん:教育体制がしっかりしており、同職者同士だけではなく病棟の方々がサポートしてくれる。

Q:5. これから鶴巻温泉病院で働こうか悩んでいる人達へ一言お願いします。

A:金子さん:一人ひとりの経験やライフプランを考えて対応してくれるため、忙しいが頑張ろうという気持ちになると思います。

A:遠藤さん:多様な専門職種がいる中での自分の介護観を深められる場所だと思います。

遠藤さん、金子さんご協力ありがとうございました!

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

5南病棟「KYT① ~名前確認よーーーし!~」

2017年9月

8月の上旬はノロノロ台風が過ぎたと思ったら、猛暑になったりと日本中が大変でしたね。そんな台風が迫る直前、夜勤明けで家族そろって箱根へ小旅行に行ってきました。

① 紫陽花

② 箱根神社

箱根では8月だというのに、綺麗に咲き誇っていた紫陽花を見ながら美味しいパンを食べ、芦ノ湖のほとりを散策し、パワースポットである箱根神社に立ち寄り、ストレスを受け疲れた身体と心をリフレッシュ&チャージ!!

③ 鳥居と苔

子供たちも大地の息吹を感じ、大好きな温泉にも入れて癒されてました。

④ 木漏れ日を浴びて

⑤ 鳥居をくぐる

「今日(K)は夜勤(Y)明けで鳥居(T)をくぐる」KYT・・?? 冗談ですよ。

真面目にいきたいと思います。KYTとは危険(K)予知(Y)訓練(T)の略称です。 公共機関の運転手や車掌さんが行っているものと同じです。一つの作業に従事する者が、事故を未然に防ぐことを目的に呼称を行い、安全性を高めるために行われています。

詳しくは、「KYT② ~名前確認よーーーし!~」で5南病棟の取り組みをご紹介します!!

(次回の更新をお楽しみに!)

3階東病棟「働く母ちゃん!」

2017年7月

こんにちは。3階東病棟です。今回は、病棟で爽やかな汗を流し、愛する我が子のため日々頑張っている「働く母ちゃん」の紹介をしたいと思います。

ご紹介する職員は、3人のお子さんを持つ看護師の古澤かおりさんです。仕事と育児の両立は大変ですよね。そんな頑張っている古澤さんに、いくつか質問をしてみました。

Q:鶴巻温泉病院に入職をしたきっかけはなんですか。

A:主人の転勤で秦野に引っ越して来ました。まだ上の子も小さかったので家から近いところで働きたいと考えていて、鶴巻温泉病院が近くにありました。また、福利厚生で託児所があったことが決め手でした。

Q:仕事と子育ての両立は大変だとは思いますが、仕事を始めてみてどうですか。

A:大変なこともありますが、家事で手を抜くところは手を抜いてバランスを取りながら頑張っています。病棟のスタッフにも同じく働く、お母さんがいるのがとても心強いです。

Q:普段、お仕事と家事の両立で大変だと思いますが、お子さんと関わる時間は作れていますか。

A:仕事以外、休日は一緒に遊ぶ時間を作るように心がけています。働く私の姿を子供たちも見ていると思うので、これからも頑張っていきたいと思います。

Q:働くお母さん方へのメッセージをどうぞ。

A:子育てに理解がある職場なのが、とても心強いです。仕事と子育ての両立は、大変なこともありますが、一緒にがんばりましょう。

古澤さん、どうもありがとうございました。

※当該スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

5階東病棟 素敵なママさんナース

2017年5月

今回は緩和ケア病棟のAさんをご紹介します。笑顔の素敵なAさんは、緩和ケア病棟で一番長く働いている看護師です。週3回の勤務ですが、きめ細やかなケアと真面目に取り組む姿が印象的です。

(右側がAさんです)

Q:鶴巻で働くことになったきっかけを教えてください

A:二人目の子供が1歳になった時に子育てをしながら働ける病院を探していたところ、保育所があり、緩和ケアに興味があったので当院に決めました。

Q:リフレッシュ方法は何ですか?

A:ヨガをしたり、子供と一緒によさこい踊りをすることです。ママチャリサイクリングにも夢中です。

Q:今後の仕事に対する展望を教えてください

A:今年は担当患者様を持つことに挑戦します。今後、子供の手が離れたら勤務時間を増やしていき、いつかは常勤になりたいです。

Q:最後に、子育て中でも働きたいと考えている方にメッセージをお願いします。

A:小さい子どもがいても短い時間からはじめて、少しずつ慣れていけば大丈夫です。幼稚園に行かれている間にでもいかがでしょうか。

「中途採用者懇親会2016 」第2回目開催

2017年3月

2月3日、偶然ですが、今年度2回目の中途採用者懇親会は節分の日の開催となりました。 毎回、お料理をどこに注文するかで一番悩むのですが、今回はちょっとだけおしゃれな感じにしてみました。参加者からは「わぁ~豪華!!」「おいし~い」の声が飛び交い、一安心です。

豪華??なお料理

参加者は11名、看護師・介護福祉士・メディカルアシスタントの三職種です。鶴巻温泉病院では、チーム医療が日常的に現場で展開されていますので、職種を超えて語らうことに抵抗が少ないようです。皆さん良い表情をされていました。

心の笑顔は語らいを通して・・

アンケートは、多くが感謝の言葉と「他部署や他職種と話せて楽しかった」「気分転換になった」などが書かれていますが、今回は「入職したばかりで慣れない日々の中、交流の機会を頂きとても心強かった」というコメントに出会いました。手探りで企画してきた私にとって、真に思いが通じた様で、感動を覚えました。

「採用」は人と人が出合い、縁を結ぶ機会でもあります。せっかく縁を結んで頂いた中途 採用者の方々が少しでも早く当院に馴染み、自分らしく働いていけることを願って、今後も懇親会を企画していきたいと思います。

「中途採用者懇親会2016」第1回目開催 人事・採用担当 中之丸秀子

2016年10月

昨年度に引き続き、就業支援の一環として、今年度も9月に中途採用者懇親会を開催しました。

「お腹すいたぁ・・」

今回は、場を彩るテーブルクロスを選んだり、BGMを聴き比べたりと "楽しい交流会"に思いを馳せながら準備しました。時間帯は、短時間のパート勤務の方達も参加できるように90分のランチョンタイムを取らせて頂いています。

「かんぱぁ~い!!」

「急いで、急いで・・」

「美味しそぉ~!!」

懇親会は参加者11名に小澤看護部長、人事担当者2名と秘書の4名が同席して開催しました。BGMのヒーリングミュージックが流れる中、看護部長には各テーブルに移動して頂き参加者一人ひとりと語らう場を設けて頂きました。アンケートにも「部長と話せて楽しかった」「部長に自分の話を聴いて貰えて嬉しかった」などの声が挙がっています。

「私、部長のOzawattiでございます」

「私も中途で入職して、初めは"カルチャーショック"もあったけど慢性期看護の深さにハマり、気が付けば20年経っちゃったのよ~」

その他アンケートには、「交流の場があって嬉しい」「他の病棟の人と話せて楽しかった」「新しい場所で頑張っている同期が居ると思うとホットする」などの企画側には大変嬉しい声も挙がっています。

今年度は年2回開催予定で、次回は2月を予定しています。まだ始めたばかりの企画ですが、新しい職場で頑張っている方達の交流の輪が広がることを願って継続していきたいと思っています。

3階南病棟 「看護師ママさん、頑張っています!」

2016年2月

今月は3階南病棟で働くママさんを代表しまして、城田 愛さんに登場して頂きました。

城田さんは2人のお子さんとお腹にこれから生まれてくるお子さんがいる3人のお母さんです。働くママの一日をご紹介!色々と質問もしてみました。

城田さんと2人のお子さん

【お仕事DAYの一日のスケジュール】

・5~6時 起床
・7~8時 朝食、登園ベビーランド
  通勤
・9~17時30分 勤務
・18時 お迎え
・20~21時 入浴、就寝

 

【質問コーナー】

Q:家庭と仕事の両立は大変だと思いますが、何か工夫している点はありますか?

A:家事は手抜きです。笑 仕事で疲れていると惣菜など手抜きすることも多いです。

Q:鶴巻で働いていてよかったと思うことはありますか?

A:ママたちが多いので、子供の発熱などの急な休みや早退にも理解があるのが嬉しいです。また、子育てなどちょっとした悩みを相談しやすいのも心強いです。

残業や院内の勉強会に参加したい時は、院内保育所(ベビーランド)で19時50分まで子供たちを預けることができるのは心強いです。更に、自分の好きな時間に気軽にeラーニングで研修を受講できるのも看護師としてのやる気を引き出してくれます。

Q:これから仕事復帰を考えているママや、同じように家庭と仕事を両立して頑張っているママさんへ一言お願いします。

A:我が家は両家とも遠方ですぐに両親の協力を得ることができない環境ですが、病院の保育所や同僚たちの支えがあるおかげで働くことができています。母親の役割だけでなく、『城田 愛』として働くことができることが、何よりも楽しく、やりがいを感じています。

城田さん、ご協力ありがとうございました!!

城田さん

2人のお子さん

職場復帰  中根 涼子

2014年10月

現在3歳の子供を持つママさんナースです。

一年半の育児休業を得て、復帰しました。

仕事と子育ての両立ができるのか、休業していた分の知識や技術は取り戻せるのかなど、不安や焦りもあり、副主任を辞退し時短制度を利用する事から始めました。

現在は夜勤も行い、副主任へ再度復帰しています。

ワークライフ・中根涼子①.jpg

病棟上司の細やかな配慮、負担がかからないように業務分担を考えてくれている事、なにより他ママさんナースが生き生きと働いている姿に刺激され、自分も頑張ろうと日々前向きに考えられるようになりました。

周りのサポートがあるお陰で、自分のやりたい仕事や夢にむかって前進しています。

ワークライフ・中根涼子②.jpg

また、家族が増えたことがきっかけで気付く事ができ、自然と相手を思いやる気持ちが持てるようになりました。

親となり少しは成長した自分を仕事で生かしながら、楽しく仕事をしています。

仕事と子育てを両立   上野 絵美

2014年9月

出産を機に子育てに専念していましたが、働きたいという気持ちが強くなり、短時間でも働ける職場を探しました。

ライフワーク・上野絵美.jpg

現在は1日4時間週3日という短時間で勤務しています。

ライフスタイルに応じて色々な働き方が出来、病棟スタッフも皆さんとても親切で働きやすい職場に感謝しています。

上野絵美②.jpg

またベビーランドを利用し、安心して子どもを預ける事が出来ています。

子どもの成長に合わせて、これからも永く働いていきたいです。

中途入職して思うこと  野村 茉梨絵

2014年9月

入職して約1年半経ちました。

私は当病院へ来た理由は在宅看護を学ぶ上で在宅へいく前の患者さんやご家族のこと、在宅への希望を持つ気持ちを学びたいと思い、入職しました。

「生活」に近い形で患者さんのケアを考える力を先輩看護師や介護士さんから日々学んでいます。

毎日患者さんの笑顔や声かけによる反応の新しい発見に喜びを感じ、毎日楽しく看護できています。

中途採用者・野村茉梨絵.jpg

スタッフ皆で、患者さんの誕生日を祝ったり、夏祭り、レクリェーションなどで楽しくあたたかい時間を共に過ごすことにもやりがいを感じます。

毎日笑顔で看護という仕事を楽しくできるこの病棟、病院で働けてよかったと思っています。

  • 1
鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る