看護部紹介
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

看護部長挨拶

当院は、多機能の慢性期病院です。回復期、維持期、緩和期の患者様にじっくり向き合い、その人がその人らしく生きることを大切に、「5つの心と確かな知識・技術に基づく看護・介護」を提供しています。5つの心とは、「聴く、思いやる、寄り添う、観る、考える」心です。

看護部では、パートナーシップナーシングと固定チームナーシングをミックスさせたオリジナル看護方式の導入や、DiNQL事業への参加、クリニカルラダー導入、特定行為に係る看護師の研修、介護職員による喀痰吸引の実施等、あらたなことにチャレンジしています。また、働きやすい職場環境作り、データ管理による質向上、キャリアアップ支援等も積極的に取り組んでいます。

元気な慢性期病院の看護部をぜひ見に来てください。当院の公認ゆるきゃら「鶴のまきちゃん」と一緒にお待ちしています。

鶴巻温泉病院の外観

看護部長 小澤 美紀(おざわ みき)

看護部長ブログバナー

看護部の理念

患者の声を心で聴き、感じ、思いやり、寄り添いながら観て(観察)考えることができる。そして、その手で技術が実践できる看護・介護を提供します。

五つの心

感性(心)をケアという形で具現化するためには知識と技術と心の動きを感じ取る力(第六感というのでしょうか?)が大切だと考えます。看護・介護の現場にはこの知識と経験などの蓄積により物事を感じる力、第六感が必要です。

看護部の理念

看護部ミッション

地域の人々や患者さまの立場に立った良質な看護・介護を提供するとともに、安全で安心な慢性期医療を看護・介護面から支援します。

看護部ビジョン

その人がその人らしく生きることを大切にしたQOL、QODを目指した看護・介護を展開し、看護部職員としてやりがい感を実感できる組織体制を創造します。

看護方式・体制

看護部職員の職制

病棟科長を頂点に看護職・介護職が両輪のように、仕事ができる体制になっています。看護は医療的視点で、介護は生活の視点で、それぞれの専門性を発揮しながら協働します。このように看護職・介護職の協働を組織として確立させている病院は稀少です。

患者さまのケアは固定チームナーシングです

チームは1年間固定しています。病棟のケア目標に沿って、チームの目標があり、チームの目標を達成する為に、チーム員は個々の目標を立て行動します。

看護部職員の職制
固定チームナーシング(日々)

固定チームナーシング継続受け持ち制

(鶴巻温泉病院の)固定チーム制の特徴

チームが患者理解(情報)を共有することにより固定チームの理念・目的・質の高いケアが24時間提供できる。

受け持ち(当日担当者)の不在時も患者のケアプラン、日々の状況を把握しているので一貫したケアが継続することができる

各チームは年間目標をたてて計画的に運営している。

経験の浅いメンバーの受け入れが確実に行うことができる(スタッフの育成の質が高く、きちんと連携が取ることが可能となっている)

各病棟2チーム制

ケアの向上をはかるために年一回、チーム活動報告会実施し、病棟内だけではなく他病棟のチーム活動を理解しアドバイスし合っている

全国の固定チーム発表会に参加している

他施設の取り組みなど新たな学びの機会も大切にしている

パートナーシップ

自己完結型から二人三脚の看護へ 【詳しくはこちら
二人三脚の看護を実践して 【詳しくはこちら

鶴巻温泉病院のパートナーシップ導入

看護体制

2交替制

日勤 9:00~17:30(早番・遅番有り)
夜勤 17:00~9:30

夜勤時間短縮の取り組み

夜勤時間16時間から13時間への短縮の取り組み 【詳しくはこちら

教育

自ら考えて行動できる職員を育成します♪

2016年度より、これまで行ってきた経年別研修を廃止し、クリニカルラダーシステムを導入しました。クリニカルラダーは新人からエキスパートへと段階を踏みながら、臨床実践能力を育成するシステムです。ラダーレベルに応じた院内研修プログラムを組み立て、より高いラダーを目指すための学習を効率的に行うことができます。鶴巻温泉病院では、ラダーレベルを新人を除く4段階(レベルⅠ~Ⅳ)臨床実践能力を4側面(実践、管理、教育・研究、人間関係能力・倫理)に分けました。それぞれのレベルにおいて自らが必要な研修を受け4側面で自己、他者評価を受けるために申請をしていきます。

キャリアアップ

専門看護師・認定看護師

2014年4月、「専門看護師と認定看護師がコラボレーションすることで看護の幅が拡がる!」というわくわくした気持ちで、「専門・認定看護師会」が発足しました。当初3人からスタートした会も、現在では専門看護師2名、認定看護師8名、認定看護管理者1名の、計11名となりました。各自の強みを存分に発揮した活動を目指して前進しています。

鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る