看護部長ブログ
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

看護部長ブログ

Ozawattiの徒然なるままに 1.介護医療院の様子 2.ラダーⅠ-2 ・新共歩者研修「看護と介護のチームづくり」

2019年6月

1.介護医療院の様子

 4月1日に院内に介護医療院が開設され、はや2か月が経過しました。立ち上げまでは、職員はご家族への説明や書類準備に追われる汗と涙の日々でしたが(!?)、まだまだ模索しながらも'入所者さま(介護施設になるので、「患者」とは呼ばないんですよ)に充実した生活を送ってもらいたい'という思いを持って頑張っています。

 介護医療院には、日常的な医学管理、看取りやターミナルケア、生活の充実が求められます。先日、お看取りさせていただいた方への関わりを紹介いたします。食べることとお洒落が大好きだったAさん。病状が悪化し、これまでであれば食事を中止する選択でしたが、ご本人の食べたい意思を尊重し、亡くなる前まで大好きだったイチゴを召し上がることができたそうです。そして最後は、ご本人のお気に入りのシルクのパジャマで旅立ちをお見送りさせていただいたということです。

医療の必要な要介護高齢者の長期療養・生活施設としての機能を存分に発揮できるよう、新たなものに向き合うスタッフたちを支えていきたいと思います。


5月のこどもの日に合わせて、ベランダにこいのぼりを泳がせました。


終末期で、桜が好きだった入所者さんに、ご家族から桜を見せてあげたいという思いを聞き、飾り付けをしました。


介護医療院を支える職員たち。


2.ラダーⅠ-2・ 新共歩者研修「看護と介護のチームづくり」

 5月下旬に、上谷いつ子先生をお招きして研修を開催しました。(上谷いつ子先生は、現在東京純心大学の副学長でいらっしゃいます。看護実践・看護管理・看護教育のすべてでご活躍の素敵な先生!)先生には「看護と介護のチームづくり~専門職としての私を表現しよう~」の内容で研修を進めていただきました。変化し続ける医療・看護・介護の現場で、専門職として求められること、何を目指すか、法的責任や倫理等を学びました。はじめは堅かった雰囲気もリフレクションで次第にほぐれ、グループワークで共有、助け合い、言葉にすること等、よりよいチームづくりのために自分たちにできることが表現されました。

上谷先生には毎年来ていただいていますが、何回受講しても心に深く浸み、看護部すべての職員に先生の講義をぜひ受けてもらいたい!と夢が膨らみます❤



'よりよいチームづくりのためにできること'についてディスカッション


考えをもつ・表現する・伝えことの大切さも学びました。

Ozawattiの徒然なるままに 1.新人研修 2.特定行為研修5人目修了!

2019年5月

1.新人研修

 前回のブログでお伝えした看護部の入職時研修の様子を紹介します。3日間の新入職者全体研修が終了した後、看護部の研修が1週間続きます。内容は、社会人基礎力、「私の取扱説明書」作成、院内理念探検、近隣散策、宿泊研修等などなどです。

 院内理念探検では、各部署を回って目標や大切にしていること等をインタビューし、病院理念に沿って自分たちができることは何かを考えました。「夢・意欲・目標を持つ」「健康であること」など、たくさんのことが表現され、私自身も基本に立ち返りました。宿泊研修では、「チームワークを高める」「自分と他者の価値観について知る」「これからの自分について考え表現する」等を目標に、室内外で数々の演習を行いました。今年の新人さんはスポーツマン・ウーマンが多く、1日目のアクティビティの時間は、まるでスポーツ観戦をさせてもらった気分でした!?

このあと6月までは毎週の集合研修が続きます。新人さんの日々の成長を楽しみにしています。



理念探検から新人さんが考えた「自分たちができること」


宿泊研修-1:お題は「今年度の看護部目標を完成させよ」


宿泊研修-2:作戦会議「絶対勝つぞ!」


2.特定行為研修5人目修了!

 このたび矢島典代科長が、日本慢性期医療協会の特定行為研修を修了しました。当院では5人目です。あらたに「PICCの挿入」が加わり、9区分16行為の実践ができます。

 先日、特定行為委員会が開催され、関連施設に出向している1期生も出席し、修了生5人全員が揃いました。患者さんに必要なケアをタイムリーに実施できる強みを存分に発揮して、活躍の期待は無限大です!!



特定行為研修を修了した矢島科長


特定行為研修修了看護師勢揃い!

Ozawattiのつれづれなるままに 2019年度始動しました。1.新人さん入職 2.看護部目標

2019年4月

2019年度始動しました。1.新人さん入職

 4月1日に、セコム提携病院神奈川ブロック3病院の合同入職式が横浜で挙行されました。

 看護師、介護福祉士、PT、OT、ST他、3病院合わせて107名の新入職員を迎えることができました。各病院の理事長、セコム医療システム小松社長からお祝いと応援エールをいただき、新人さんたちの表情がきりりと引き締まりました。

 さて、病院の方では全職種合同のオリエンテーションが3日間行われ、3日目の最後に配属発表があり、それぞれの部署、病棟に分かれていきます。入職式を含めて一緒に過ごした期間は4日間でしたが、部署を超えて新人さんの絆ができていたことにちょっと感動!看護部ではこのあともオリエンテーションが続き、理念探検、近隣散策、宿泊研修等など、盛りだくさん。(その様子は次回にご紹介いたします。)

 それでは、品位を備えて(品位は私がこだわることの一つです)、患者さんの思いに寄り添える医療職になっていってくださいね。


鶴巻温泉病院看護部の新しい仲間です。


事務部門からの講話を真剣に聞いています。


配属発表を待つ緊張の時間。


配属先が発表され、所属長が新人さんを病棟に連れて行く前に「はい、ポーズ!」


2019年度始動しました。2.看護部目標

 今年度の看護部の目標は、次の3つです。

1. 安全で質の高い看護・介護を提供する

2. 新たなものをつくり、挑戦する力を発揮する

3. つなげる・つながる看護・介護を実践する

 目標立案にあたっては、昨年度の実績、課題、将来展望他、多くの情報を集めて、鶴巻温泉病院看護部が目指していく方向を決定しました。すべてに思いを込めていますが、個人的には「つなげる・つながる看護・介護」がわくわくします。病院と地域、職員から患者さん・家族、先輩から後輩へケアがつなげる・つながる、・・そんな願いがあります。

 それでは、2019年度もよろしくお願いいたします。


拡大表示(PDF)

Ozawattiのつれづれなるままに 1.説明会・病院見学・インターンシップ 2.仲間!?

2019年3月

1.説明会・病院見学・インターンシップ

 2月から3月は、看護学生さんが春休みになることから、就職説明会、病院見学、インターンシップが目白押しです。私自身のけがも少しずつ回復してきたので、福岡の説明会に行ってきました。ブースを訪れてくれた「慢性期看護」に興味を持つ学生さんたちと、慢性期の奥深さ、やりがい、ジレンマなどなどお話しすることができ、充実した時間を持つことができました。

 次に、来年度セコム提携グループ病院に入職予定の中国人看護師さん8名が、当院で研修を行いました。その時点では、日本の国家試験を終えて結果を待つという状況でしたが、その後全員の合格のお知らせが届きました。すばらしいです!ちなみに、この中の2名が当院に、あとは東京、千葉、北海道に別れていきます。

 最後に、インターンシップでは、説明会でお会いした学生さん、実習に来てくれた学生さん、先生に勧められて来てくれた学生さんたちが参加してくれました。多職種が連携して働く様子やデスカンファレンスで涙する看護師の姿が印象深かったようです。参加して下さった皆さんと一緒に働けることを願います!


全国の説明会では、同法人の横浜新緑総合病院と合同でブースを出しています。


鈴木院長の講話を真剣に聞く中国人看護師さんたち。


当院のゆるきゃら・鶴のまきちゃんと一緒に記念撮影

2.仲間!?

 3月に看護部の一部の異動があり、病棟から看護部に異動してきたY科長。自宅でちょっとしたアクシデントがあり、左第5指を負傷し手術となりました。しかし、期待した結果に届かず再手術となり、この姿に・・もともと左利きだったY科長のダメージは大きく、それでも右手を中心に仕事に励んでいます。部位は異なれど、負傷仲間!?Y科長、一緒に頑張りましょうね(笑)

    

                             

Ozawattiのつれづれなるままに 患者体験その(2)

2019年2月

患者体験その(2)

2019年2月27日 記

 前回のブログで報告しましたが、手術が終わり、その後自院に入院してリハ訓練を始めました。自院に入院することについては躊躇しましたが(!?)、今は「鶴巻温泉病院に入院してよかった」と思います。その思いを患者目線でお話しします。

 鶴巻に転院したのは手術後2日目で、身体はまだ言うことを聞かず不安が大きかったのですが、病院玄関で笑顔のお出迎えがあり、そこで一気に不安が和らぎました。(これが、サービスシステム開発室の'グリーティングサービス')

 病棟では、担当してくれる医師、看護・介護スタッフ、リハセラピスト、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士さんたちがやってきて、私の目標を明確にしながらチームとしてどのように支えていくかを検討してくれました。多職種に支えられるってこんなにも心強いんだとしみじみ感じました。

 リハ訓練が始まると、日々動けるようになっていく身体と、動けるようになると心も明るくなっていく自分を感じて、'リハってすごい!'と感激!「リハビリテーション」という言葉は、ラテン語の『rehabilitare』が語源で、『再び(re)人間らしい状態にする(habilitare)』という意味を持つことをあらためて思い返しました。そして、セラピストが熱心に勉強している姿も垣間見えて、鶴巻のリハの実力は努力があっての賜物だと実感★

 そしてこの機会なので、患者さんに交じって(自分も患者ですが・・)レクリエーションや足湯も体験し、病院にいることを忘れる時間ももらいました。さらに、食事がおいしくて、毎食楽しみ❤いろいろ工夫されており、病院食への印象ががらりと変わりました。

 こんな風に居心地がよいので、まだいてもいいなと思いながらも、病棟スタッフはかなり気を使っているであろうと思うので(笑)、退院できるよう訓練に励みます。



リハを担当してくれるPTの大木科長。
見た目の印象より優しい(笑)


 「ヨジレク」に参加。
参加している患者さんが本当に楽しそうで、私も真剣になりました。

ヨジレク

         


朝食のクロワッサン、外はカリッ、中はモチッとしていて最高においしい!

Ozawattiのつれづれなるままに 1.看護師特定行為研修指導者講習会 2.患者体験その(1)

2019年2月

1.看護師特定行為研修指導者講習会

 セコム医療システム株式会社が主催する「2018 年度 第1回 看護師特定行為研修 指導者講習会」が、1月に神戸で開催されました。

 研修制度の概要、手順書作成過程と活用の実際、実習進め方と評価、フィードバック技法、研修修了看護師の役割・位置づけ・活動の実際等について、行政、指導医、看護学教授、看護部長、事務局の立場からの講義、一部演習というプログラムとなっており、当院鈴木院長は3コマ、私は当院の修了生4名の実践の様子と今後の展望等についてランチョンでお話しさせていただきました。

 当日の定員は50名でしたが、定員を少し上回る多くの方が参加してくださり、1日の長丁場でしたが、皆さま真剣に聞いてくださっていました。この後も、東京、札幌で開催されますので、ご興味のある方はぜひ足をお運びください。

0.jpg
↑当日のプログラム(クリックで拡大表示)


(左)セコム医療システム・村上さん
(真ん中)小澤
(右)セコム医療システム・山本役員

     

2.患者体験その(1)

2019年2月10日 記

 自分の不注意からけがをしてしまい、入院・手術を経験します(現在進行形)。


 これまでにもその経験はあり、だからこそ「患者さんの立場になって考えていくこと」をいつも大切にしてきました。けれども、久しぶりに患者になって、まだまだそうできていなかったことを反省しています。

 『ここでこんな風に声をかけてくれると安心するな』とか、『この説明は少しわかりにくいな』とか、医療者の心遣いが患者の気持ちに響くことをあらためて感じています。病院のハード面もしかり、患者目線で病室、病院が設計され、清潔が保持されていると、入院生活が安心して過ごせることを実感。


 さて、この時期、年度末のまとめの研修が目白押しですが、そんなわけですべて欠席(泣)。みんなの元気な姿を早くみられるよう、回復に向かって頑張ります!!


(私事ですが・・・公式ブログでの報告をご容赦ください。)

Ozawattiのつれづれなるままに 1. 新年のご挨拶 2. 電子カルテ始動!

2019年1月

1.新年のご挨拶

 2019年が始まりました。皆様方におかれましては、新たな気持ちで新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

 さて、昨年は地域包括ケア病棟と訪問看護ステーションサテライト開設という大きな編成がありました。地域包括ケア病棟では、かかりつけの先生方からも多くのご紹介いただき、地域連携が深まってきたことを実感しました。

 病棟では、今までの鶴巻温泉病院の動きとは異なるスピード感や連携の幅の広さにもしっかり対応してくれて、患者さん・ご家族を支援する姿から'力'を感じました。


 現在、介護医療院開設に向けて準備を進めています。今年もあらたなことを力に変えられる看護部でありたいと思います。では、本年も皆様にとって幸多き年になりますようお祈り申し上げます。

恒例の比々多神社にお参りに行って参りました。


(左:小澤、真ん中:鈴木院長、右:田村事務長)

新年のご挨拶に毎年 科長さんにお配りしている
実家の金沢の「さくだ」さんの干支の根付。
金箔があしらわれています。

2.電子カルテ始動!

 何年も懇願し続けていた電子カルテが導入となりました。昨年から準備を進めてきましたが、詳細の決定やシュミレーション実施が年末ぎりぎりとなり、ばたばたする中で始まりました。

 「0時スタート」だったので、担当者が院内に宿泊してくれて、数日間は各病棟、各部署にSEさんが待機してくれます。私自身はまだまだ理解不十分ですが(泣)、スタッフの適応の速さには驚くばかりです!!しばらく混乱が続くと思いますが(私だけ?)、みんなで協力して軌道にのせていきたいですね。


科長対象に勤務表作成トレーニング。必死・・


院内にも掲示によるご案内


始動2日目とは思えないほど見かけ上はスムーズ(笑)

Ozawattiのつれづれなるままに 1. 「あかりの夜」終了しました 2. パンフレット撮影

2018年12月

1.「あかりの夜」終了しました

毎年恒例の「あかりの夜」が12月21日に開催されました。もともと緩和ケア病棟から始まったイベントですが、評判が高く規模も大きくなってきたため、病院全体での行事となりました。

看護部では各病棟から担当者を選出し、当日の準備にあたります。ろうそくの並べ方は毎年異なり、担当者の'センス'に一任されます。今年も'センス良く!'素敵に灯がともりました!そこに、職員のお子さまや職員のサックス、バイオリン等の演奏が加わり、見に来て下さった患者さん、ご家族に一足早いクリスマスプレゼントを届けることができたのではないかと思います。

'男子のセンス'発揮中!

思いを届けるために、演者打ち合わせ

幻想的な世界が広がりました

あかりの夜2018 演奏会 キャンドル

2.パンフレット撮影

採用案内や病院見学時にお渡しする看護部のパンフレットをリニューアルすることになり、そのための撮影を3日間かけて行いました。数か月前からコンセプトの確認、デザイン候補をあげ、どの場面に誰に登場してもらうかなど打ち合わせを重ねました。

当日はヘアメイクさんもついて下さり、みんなをさらに美しくして(!)、表情が硬い時には笑いを誘い・・、そんなこんなで楽しみながら撮影をすすめていきました。完成が楽しみです❤

さらに美に磨きをかけてます!

「笑って、笑って~」

Ozawattiのつれづれなるままに 1.アンガーマネジメントを学びました 2.感激の誕生日ケーキ

2018年12月

1.アンガーマネジメントを学びました

 アンガーマネジメントをご存でしょうか?アンガーマネジメントとは、怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングです。怒らないことを目的とするのではなく、怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになることを目標としています。(一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会ホームページより引用)

 今年8月に、院内の全職員必須セミナーでアンガーマネジメントが取り上げられ、'いらっとしてもすぐに言い返さないで6秒待つ'、'その気持ちわかるよーなどの魔法の言葉をかける'等を学びました。そして、今回は看護部係長宿泊研修に講師をお招きして、「快適な職場作りのためのアンガーマネジメント」の講話をいただきました。係長さんたちが最近怒ったことは家庭内トラブル?が多く、当事者は'イラッ'っとしたのでしょうが、聞いているこっちは笑える内容でした(笑)

 スキルを身につけることで、誰も傷つけずに自分の気持ちを適切に伝えるコミュニケーションを意識でき、仕事や私生活の人間関係が改善されていく効果があるということです。ぜひ学ぶ価値ありですね~。

1.JPG
まずはリラクゼーションから

2.JPG
最近怒ったことは「子どもに踏まれたこと(イラッ)」etc.

3.JPG
係長さん+α全員集合

2.感激の誕生日ケーキ❤

 11月に○歳の誕生日を迎えました。この年になると、誕生日も平常も何ら変わりなく全く色気なしです。その日は科長会。次の会議が控えていたので、科長会が終わり一人早々に引き揚げようとしたところ、「部長待って!」の言葉とともにケーキが登場!科長・副部長のみんなが誕生日を祝ってくれました。

 びっくり!うれしい!あたたかい心に感激!思いを感じるケーキをみんなでおいしくいただきました。みんな、ありがとね❤

 

4.JPG
びっくり、うれしい、感激のケーキ❤

5.JPG
 せーの、「ふ~~~~」

Ozawattiのつれづれなるままに 1.研修会・学会報告 2.キネステティクファシリテーター誕生!

2018年11月

 1.研修会・学会報告

 看護部では、さまざまな研修会・学会に積極的に参加しています。参加後は、レポート提出に加えて所属部署での報告、さらに実習指導者講習会や認定看護管理者等の長期研修は「科長会で報告する」という課題があります。

 スタッフにとって科長会は超(!)緊張する場所。それでもみんな緊張を感じさせることなく、学んだことをきちんと自分の言葉で伝えてくれています。報告者は学びをあらためて振り返り、聞き手は新しい情報や他者の学びを知る貴重な機会になっています。

 学会シーズン真っ最中!これからも続々と報告が予定されており、楽しみです(#^.^#)

01.JPG
ファーストレベルを修了した與那嶺看護係長の報告

学びの一例
学びの一部

01.JPG
日本褥瘡学会学術集会に参加した褥瘡対策委員メンバーからの報告

 2.キネステティクファシリテーター誕生!

  このたび、鈴木龍司介護係長が、一般社団法人日本キネステティク普及協会のキネステティクファシリテーターネオを取得しました。

 キネステティクとは、「人間の'自然な動き''動きの感覚'を人と人との関わりに応用する概念。キネステティクスに基づく介助法は『相手を抱えたり、持ち上げたりしない』ことが特徴」とケアプログレスジャパン代表の中本氏が紹介しています。つまり、患者さんの自然な動きに合わせて足りないところだけ補い介助するので、介助する側も余計な力がいらず、お互いに負担のない「優しい介助の技」と言えますかね・・。

 さて、鈴木係長が取得したファシリテーターネオ資格は、段階を踏んで取得できるものです。高い志を持って段階を進んでいく姿を見ていましたので、とてもうれしく思います。院内外での活躍が期待されます。

01.JPG
キネスティククラシックファシリテーターネオの認定を受けた鈴木龍司介護係長

鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る