スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

介護

介護喀痰吸引等研修実地研修受け入れについて

2020年3月

2017年4月から、介護喀痰吸引等研修実地研修受け入れを開始し、3年間で100名以上の方が受講されております。受講された方々は、登録研修機関からの依頼が大半ですが、個別に電話連絡いただいた方もご対応させていただいております。
北は北海道、南は鹿児島県からもお問い合わせをいただき、認定特定行為業務従事者の取得の一助となればと尽力しております。

当院で実地研修ができる行為は、口腔内吸引・鼻腔内吸引・気管カニューレ内吸引、胃ろう・腸ろうからの経管栄養、経鼻経管栄養の5行為となっております。
※半固形の栄養剤、人工呼吸器の方の吸引の実地研修については当院で実施しておりません。

実際に介護に従事している方々は、仕事を長期的に休むことが困難な状況と思われます。当院では、そんな皆様に短期間で実地研修ができるように、2日間もしくは3日間で修了できる環境を整備しております。

2020年度以降も引き続き実地研修受け入れを開催する予定です。
この制度そのものが複雑なものなので、「どうしたら吸引できるようになるのだろう?」という疑問をお持ちかと思います。そのような疑問であれば、こちらから説明させていただきますので、気軽にお電話ください。

<連絡先>

TEL:0463‐78‐1311 介護喀痰吸引等研修事務局あて
電話での対応は平日の9:00~17:00までとさせていただきます。

介護喀痰吸引等研修事務局

・指導看護師より 祝!2周年 「介護職員喀痰吸引等実地研修」


看護部新人入職時研修 その1

2019年10月

看護部教育専従 鈴木大輔

看護部に入職した看護師17名、介護福祉士5名の計22名で2019年度の新人研修がスタートしました。今回は4月から6月までの新人入職時研修の様子をご紹介します。
※看護部新人職員の1年間の研修プログラム(PDF)はこちらをご覧ください。

【4月】

チームワークをテーマにした講義・演習、宿泊研修を通して、同期との絆と結束を固めました。

感じるワーク
感じるワークで心の距離は縮まった!?
記念写真
絆が深まりハイチーズ!

毎年、宿泊研修にはお揃いの「鶴のまきちゃんTシャツ」で更にチームワークを高めています。このTシャツは年間通して行う技術演習などでも着用し、同期との繋がり、絆を意識できるようにしています。

鶴のまきちゃんTシャツ ジャパンブルー!
鶴のまきちゃんTシャツ ジャパンブルー!

【5月】

基礎教育での学びを活かしたケアプラン演習やらくらく介護技術演習など、現場実践で必要不可欠な知識、技術を学びました。

らくらく介護技術演習
らくらく介護技術演習:ニュートンって何?
ケアプラン演習
ケアプラン演習:本気で・・・考えます!

【6月】

家族支援専門看護師、認知症看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、摂食嚥下障害看護認定看護師、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師、特定行為研修修了看護師による専門分野の知識、技術を学びました。

家族支援専門看護師による倫理(もしバナゲーム):人の価値観って様々だ
家族支援専門看護師による倫理(もしバナゲーム)
緩和ケア認定看護師によるアロママッサージ
緩和ケア認定看護師によるアロママッサージ:
手の温もりからケアが始まります

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

介護インターンシップ体験(2018年9月参加者より)

2019年6月

2階西病棟 中田翔磨
(YMCA健康福祉専門学校介護福祉科 2019年3月卒業)

こんにちは。僕は卒業学年となり、就職を意識し始めた時、以前、学校で行った施設紹介で知った鶴巻温泉病院を「もっと知りたい!」と思い、インターンシップに参加しました。学校の友人数名と参加し、各病棟の患者様の特徴や施設の構造、スタッフの方々の雰囲気など働く上で知りたい情報を教えていただきました。最初は不安と緊張で体が固まっていましたが、案内してくださったスタッフが優しく楽しく接してくださったため、自然と笑顔になり楽しく過ごすことができました。

僕は就職先を決定する上で、スタッフ同士の人間関係を重要視していました。インターンシップに参加することで、病棟で働いているすべてのスタッフの素の姿をみることができ、スタッフ同士の温かい雰囲気が伝わってきました。

施設内の目に見えること(もの)以外にも、体全体で感じることができるのがインターンシップです。優しいスタッフがたくさん待っておりますので、是非、気軽に参加してみてください。

(写真左:本人、右:実地指導者)

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

鶴巻温泉病院のホームページへ