スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

病棟スタッフ紹介

5階南病棟「コスモス際 ~笑顔の輪~」

2017年12月

9月17日は鶴巻温泉病院のお祭り『コスモス祭』でした。5南病棟では昨年完売となった「たこ焼き」で今年も勝負!!かしまし看板娘と板長で、「いらっしゃいませ」とお出迎えしていました!!

① 看板娘と板長

たこ焼きにソースをかけ、定番の青海苔に鰹節をかけて出来上がり~!!

② 鰹節踊ってる

そこに...マヨネーズのシャワー!!!

③ マヨネーズシャワー

う~ん、美味しそうです。入院中は、糖尿病や高血圧など患者様の抱える疾患によっては塩分やカロリー制限があり、なかなか食べることのできない患者様もいますが、皆さんたこ焼きを一口頬張ればこの笑顔!!

④ 笑顔

他の屋台で提供をされている甘酒も患者様には大好評。

⑤ 甘酒

5南病棟のたこ焼きと甘酒のコンビネーションは人気がありました!

⑥ 嬉しそう

この一杯が旨いんだよな~!

⑦ この一杯が旨い

そんな声が聞こえてきそうな一枚になりました。 お祭りというフレーズだけでもワクワク心が躍りますが、病院で縁日気分が味わえる、それがコスモス際!

写真以外の患者様からも笑顔と喜びの声が聞かれ、同席していたご家族からも「こんな顔久しぶりに見ました」と言われるほど、とても楽しんでいただけたようでした。

当日は、ダンスや楽器演奏などの演目を鑑賞していただくために、事務からレクリエーション・リハビリテーション・病棟スタッフ総出で、送り迎えや誘導・帯同を行い、患者様に負担が掛からない様にと心掛けました。

また来年も「笑顔の輪」が広がり、患者様が楽しめるコスモス際となるように、5南スタッフ一丸となって頑張っていきます。

※患者様には写真公開の同意と許可を事前に得ております。

5階南病棟 「コスモス際 ~リハビリの成果~」

2017年12月

5南に入院中の患者様方は、他病棟の輪投げにもチャレンジされていました。輪投げの輪を手にした途端、目に力が入って、皆さんやる気満々!スイッチON!そ~れっ!

① 輪投げ

あらよっと!

② 輪投げ

写真ではお分かりいただけないかもしれませんが、車いすに座りながらも上半身をうまく使い、手首のスナップまで使って自然と連動した動きをされていたんです。また、左半身麻痺があるにもかかわらず、上体をうまくキープし、バランスを崩さずに輪投げをされています。普段のリハビリテーションでは目にすることのない患者様の動きに、思わず感動し、力一杯拍手していました。

③ 四等

「できる動作」を「している動作」へ、リハビリテーションの時間だけがリハビリテーションではない!そんな思いを改めて実感したコスモス祭でした。

3階中央病棟 「職員紹介~10月の異動者~」

2017年12月

10月1日より、3階中央病棟に新たな仲間が加わりました。副主任昇格で異動となった介護福祉士の長谷川さんです。

長谷川さんのコメントです。
「某私立大学を卒業後、警備会社に勤務。29歳でホームヘルパー2級資格を取得し、福祉業界に転職。在宅・特別養護老人ホームでの勤務を経て、2014年に鶴巻温泉病院に就職し現在に至ります。3階中央病棟に異動となり、1ヶ月が経ちましたが、今だに日々、葛藤しながら仕事をしています。皆と共に成長出来ればと思っています。」と抱負を語ってくれました。

新たな仲間を迎え、これからも3階中央病棟スタッフ一同、患者様・ご家族の為、長谷川さんがこれまでに経験してきた在宅・福祉施設での介護の実践のノウハウを教わりながら、介護の質の向上を目指して、一緒に頑張っていきたいと思います。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階南病棟 仕事とプライベートを両立しているパパ

2017年11月

介護福祉士の矢田さんは、以前別の職業に就いていましたが、働きながら介護福祉士の資格をとりました。また、お家では料理などの家事をこなす3児のパパでもあります。今回は、いつも元気いっぱいの矢田さんに仕事とプライベートについてインタビューをしていきます。

Q:介護福祉士になろうと思った理由は?

A:もともと人と関わることが好きでしたし、誰かの役に立ちたいとか考えた時にこの仕事を知り目指すことにしました。

Q:どんな所にやりがいを感じますか?

A:患者様やそのご家族の方から感謝された時や笑顔をいただけた時です。

いつも患者様に寄り添える矢田さん

Q:休日の過ごし方は?

A:家族でキャンプに行ったり、サッカー観戦をしたり。

Q:仕事とプライベートの両立の秘訣は?

A:仕事も遊びも休息も全力で!

Q:ストレス発散方法は?

A:サッカー観戦で、ゴール裏のサポーター席で大声を出すこと。

娘さんとサッカー観戦

Q:最後に一言お願いします。

A:働くパパにもママにも優しい職場で、充実した毎日を過ごせています。パパ友やサッカー観戦仲間を募集してます!気軽に声をかけて下さいね!

※患者様とスタッフ、及びスタッフのお子様には、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

3階東病棟 「俺の人生!」

2017年11月

こんにちは。3階東病棟です。今回は、介護係長として、患者家族のために日々頑張っている浮田さんに、これまでのキャリアについてお話を聞いてみました。

3階東病棟のスタッフのみんなと介護係長の浮田さん(写真後部中央)

Q:介護福祉士を目指したきっかけを教えてください。

A:昔は自動車部品関連の企業で働いていました。やり甲斐を感じながら仕事をしていましたが、何かしっくりきていなかったのでしょうね。あの仕事をやり続ける将来の自分が想像できなくなり「このままでよいのだろうか」とかなり悩みましたよ。ある時、図書館で軽い気持ちで手に取った介護福祉士に関する著書を見て、電撃が走りました。あとは夢中になって介護福祉士への道を歩み、現在に至るというわけです。

Q:これまでの介護経験の中で、働いていて嬉しかったことを教えてください。

A:介護福祉士になって13年目となりました。あの時は勢いに任せて転職したのはいいですが、この先どうなるかわからない...というのが正直な気持ちだったと思います。今現在、介護福祉士として迷うことなく仕事が続けられていることが、何より嬉しいことなんですね。感謝、感謝です!!

Q:係長として今後していきたいことを教えてください。

A:いつまでもこの仕事を素敵な仲間たちとやっていきたい。これからも、これまでと変わらずに。

Q:休日はどどのように過ごしていますか。

A:昔から身体を動かすことが大好きでマラソンや登山を楽しんでます。汗だくになりながら何も考えずにただ動き続ける、というのが性に合っています。難しいことを考える場ではあまり周りの役に立てませんね(笑)最近ではトレイルランニング(山の中をランニングする)にはまっています。

浮田さん、ありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

4階東病棟 新人紹介

2017年11月

8月から新しい仲間が増えました。22歳のフレッシュな新人で、患者様にも人気があり病棟内を明るくしてくれている「神野君」を紹介します。

神野君

Q:自己紹介お願いします。

A:鹿児島県出身です。スポーツはハンドボールと野球をしていました。趣味は体を動かすことです。保育士の資格を持っており、以前は保育関係の仕事をしていました。

Q:当院へ就職しようと思ったきっかけを教えて下さい。

A:介護という仕事に興味があり、先輩へ相談したところ当院を勧めていただいたからです。

Q:メディカルアシスタントの仕事内容を教えて下さい。

A:オムツ交換、車いすへの移乗、食事介助、トイレ介助などの日常生活の援助をしています。

Q:4階東病棟で仕事のやりがいはどんな時に感じますか。

A:患者様とのコミュニケーションの中で、笑顔を見せてもらった時にやりがいを感じています。

Q:今後の抱負を聞かせて下さい。

A:丁寧にケアを行うように心がけ、患者様のことを一番に考えることができるようになることを目標に日々仕事に頑張っています。

笑顔が素敵な神野君、インタビューに答えて頂きありがとうございました。これからの活躍に期待しています。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

4階東病棟 新人紹介

2017年11月

4階東病棟では介護福祉士やメディカルアシスタントが19名在籍しています。新人職員は3名おりますが、今回はその中から介護福祉士の門川洋佑さんを紹介します。

Q:介護福祉士になろうと思ったきっかけを教えてください。

A:祖父が認知症を患い、自宅で介護をしていた時期があり、その時に介護に興味を持ち、前職の退職を機に介護福祉士になろうと思いました。

Q:入職し9か月経ちましたが、仕事には慣れましたか。

A:まだ出来ないことも多く、先輩の手を借りることも多いですが、おむつ交換や、車いすへの移乗など、日々の介護業務は出来るようになってきました。

Q:どんな時に仕事にやりがいを感じますか。

A:患者さんに「ありがとう」と言われた時や、「上手になった」と褒められた時にやってよかったと思います。

Q:休日は何をして過ごしていますか。またストレス解消法を教えてください。

A:読書やゲームをしたり、外出して博物館や美術館、買い物に出かけたりしています。

Q:最後にこれからの抱負を教えてください

A:現在指導者のもとで介護を行っているので、自立し一人前の介護福祉士として患者さんの信頼を得られるよう頑張ります。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階東病棟 病棟科長・係長紹介(1)

2017年11月

今月より2東病棟の科長、看護と介護の係長をシリーズで紹介します。科長は普段、優しく凛としてスタッフを包み込んでいますが、摂食・嚥下障害の認定看護師でもあり病棟のみならず病棟外でも指導にあたっています。そんな傍らでスタッフをサポートし頼れる存在が看護と介護の係長です。そんな御三家にインタビューをしました。

2階東病棟 科長 加藤久美子

Q1:看護の経験年数を教えてください

A:22年目

Q2:2階東病棟の経験年数を教えてください

A:1年目

Q3:鶴巻温泉病院以外での経験があれば経験の科と年数を教えてください

A:新人からここに努めています

Q4:出身地を教えてください

A:鹿児島

Q5:趣味や最近興味があることを教えてください

A:犬とたわむれること

Q6:お休みの日の過ごし方を教えてください

A:掃除と買い物

Q7:2階東病棟はどういう病棟ですか

A:その人らしく生きることとは何かを考えさせてくれる病棟

Q8:病棟で働いていて、楽しいこと・うれしいことを教えてください

A:スタッフや患者さまの笑顔

Q9:病棟で働いていて、辛いことはありますか

A:「忙しい」に流されてしまう時

Q10:病棟スタッフの印象を語ってください

A:患者さまのいろんな情報を持っており、患者さまにあったケアの仕方を知っていること。

Q11:看護・介護でやりたいことやチャレンジしてみたいことがあれば教えてください

A:お互いに伝授していくこと

Q12:最後に病棟の自慢をお願いします

A:神経難病の患者さまと向き合い、その人らしく生きることを多職種で支援していくことが出来る病棟です。

次回は、笑顔が素敵な看護係長のご紹介です。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階東病棟 病棟科長・係長紹介(2)

2017年11月

病棟科長・係長紹介の2回目です。今回は、中根看護係長をご紹介します。

2階東病棟 看護 中根涼子係長

Q1:看護の経験年数を教えてください

A:15年

Q2:2階東病棟の経験年数を教えてください

A:1年目

Q3:鶴巻温泉病院以外での経験があれば経験の科と年数を教えてください

A:救命救急、ICU、脳神経外科、総合内科

Q4:出身地を教えてください

A:東北地方

Q5:趣味や最近興味があることを教えてください

A:健康に過ごすこと、家族が幸せでいること

Q6:お休みの日の過ごし方を教えてください

A:買い物、のんびり過ごす

Q7:2階東病棟はどういう病棟ですか

A:倫理的配慮を考えさせられます。自慢できる所がたくさんある病棟です。

Q8:病棟で働いていて、楽しいこと・うれしいことを教えてください

A:患者様の想いをすぐにくみとれた時、スタッフとケアについて熱く語っている時

Q9:病棟で働いていて、辛いことはありますか

A:訴えをすぐに理解できない時、アイディアが浮かばない時

Q10:病棟スタッフの印象を語ってください

A:働きバチ、クール&ビューティー&スタイリッシュ

Q11:看護・介護でやりたいことやチャレンジしてみたいことがあれば教えてください

A:斬新なアイディアで看護の新しい道を開いていきたい

Q12:最後に病棟の自慢をお願いします

A:一人一人り魅力ある患者様とスタッフが、共に支えあいながら前進している病棟だと思います。

次回は、元気一杯の介護係長のご紹介です。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階東病棟 病棟科長・係長紹介(3)

2017年11月

病棟科長・係長紹介の3回目です。今回は、篠原介護係長をご紹介します。

2階東病棟 介護 篠原雅代係長

Q1:介護の経験年数を教えてください

A:21年

Q2:2階東病棟の経験年数を教えてください

A:1年目

Q3:鶴巻温泉病院以外での経験があれば経験の科と年数を教えてください

A:鶴巻温泉病院 一筋です。

Q4:出身地を教えてください

A:長野県 「木曽路はすべて山の中である」by島崎藤村

Q5:趣味や最近興味があることを教えてください

A:楽しくおしゃべりしながら、美味しいものを食べてお酒を飲むこと

Q6:お休みの日の過ごし方を教えてください

A:寝る 犬と遊ぶ たまった録画してあるドラマを観る そして家事

Q7:2階東病棟はどういう病棟ですか

A:患者様に向き合い、寄り添い、感じ、最後までその人らしく生きるためにどうしていけばよいのか考えることができる病棟です

Q8:病棟で働いていて、楽しいこと・うれしいことを教えてください

A:患者様の笑顔がみられたとき、喜んでくれたとき、トイレに座るが失禁ばかりの患者さんがトイレで排尿できたとき

Q9:病棟で働いていて、辛いことはありますか

A:訴えをすぐに理解できない時、吸引など介護福祉士ではできないことが多い

Q10:病棟スタッフの印象を語ってください

A:明るく前向き

Q11:看護・介護でやりたいことやチャレンジしてみたいことがあれば教えてください

A:外出レクリエーションなど介護福祉士も同行し、患者さんと楽しさを共有したいな❤

Q12:最後に病棟の自慢をお願いします

A:他職種の存在を認め合い、協働できる病棟です

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階南病棟 中途職員紹介

2017年11月

今月号では中途職員の介護福祉士の遠藤さんと看護師の金子さんにインタビューしてみました。

左が遠藤さん、真ん中が鶴のまきちゃん、右が金子さん

Q:1.鶴巻温泉病院を選んだ理由を教えてください。

A:金子さん:中途でも教育体制がしっかりしているから。

A:遠藤さん:自分が積んだ経験を生かし、多職種がいる環境の中で色んなことを吸収したいと思ったから。

Q:2.実際働いてみてどうですか。

A:金子さん:前の職場では経験できなかったことを学べている。

A:遠藤さん:日々色んな気づきがあります!

Q:3.2南病棟はどんな病棟ですか。

A:金子さん:病棟のスタッフ全員で患者さんをサポートしており、チームの力を感じることができる病棟。

A:遠藤さん:各職種毎、尊重し合えていることが実感でき、みんな温かい人。

Q:4. 鶴巻温泉病院のいいところを教えてください。

A:金子さん:福利厚生や教育体制がしっかりしているところ。

A:遠藤さん:教育体制がしっかりしており、同職者同士だけではなく病棟の方々がサポートしてくれる。

Q:5. これから鶴巻温泉病院で働こうか悩んでいる人達へ一言お願いします。

A:金子さん:一人ひとりの経験やライフプランを考えて対応してくれるため、忙しいが頑張ろうという気持ちになると思います。

A:遠藤さん:多様な専門職種がいる中での自分の介護観を深められる場所だと思います。

遠藤さん、金子さんご協力ありがとうございました!

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

5南病棟「KYT① ~名前確認よーーーし!~」

2017年9月

8月の上旬はノロノロ台風が過ぎたと思ったら、猛暑になったりと日本中が大変でしたね。そんな台風が迫る直前、夜勤明けで家族そろって箱根へ小旅行に行ってきました。

① 紫陽花

② 箱根神社

箱根では8月だというのに、綺麗に咲き誇っていた紫陽花を見ながら美味しいパンを食べ、芦ノ湖のほとりを散策し、パワースポットである箱根神社に立ち寄り、ストレスを受け疲れた身体と心をリフレッシュ&チャージ!!

③ 鳥居と苔

子供たちも大地の息吹を感じ、大好きな温泉にも入れて癒されてました。

④ 木漏れ日を浴びて

⑤ 鳥居をくぐる

「今日(K)は夜勤(Y)明けで鳥居(T)をくぐる」KYT・・?? 冗談ですよ。

真面目にいきたいと思います。KYTとは危険(K)予知(Y)訓練(T)の略称です。 公共機関の運転手や車掌さんが行っているものと同じです。一つの作業に従事する者が、事故を未然に防ぐことを目的に呼称を行い、安全性を高めるために行われています。

詳しくは、「KYT② ~名前確認よーーーし!~」で5南病棟の取り組みをご紹介します!!

(次回の更新をお楽しみに!)

5階東病棟 5東のスーパー集団!

2017年9月

今回は小集団活動についてお話します。当院では病棟でのグループ活動を小集団活動と呼んでおり、病棟の業務改善や看護の質の向上に向けて取り組んでいます。今年度、5東病棟では4つのチームに分かれて活動しています。今回はそのスーパー集団を紹介します。

☆5Sチーム
今、話題の5Sです。患者様のお部屋からステーション、病棟内のあらゆるところが安全で快適になるように毎月、ラウンドや改善に取り組んでいます。5Sに幸せのSをつけて6Sチームという名前で活躍しています。

あらゆるところを幸せにしてくれています

☆SIMSチーム
5東では当院オリジナルのSIMS(通称:シームス)という看護方式を導入しています。ベースはPNS®(パートナーシップ)を取り入れています。看護師が年間を通して2人ペアで取り組むだけでなく、日々のケアもペアで行います。5東病棟では導入して4年目になりますが、更なる進化を目指して取り組むチームです。

愛たっぷりのSIMSチームです

☆マニュアルチーム
5東病棟ならではのオピオイドなどの取り扱いのマニュアルが、多く存在しています。年々、決まりごとが変化するので、マニュアルも変化していく必要があります。どの人が見ても理解できて、すぐに行動に移せるように、わかりやすいマニュアルの改訂に取り組んでいます。

わかりやい!すっきり!を目指します

☆安全チーム
安全管理の対策チームです。朝の指さしシュミレーションや食事前のタイムアウトなどを行ってインシデントを予防するだけではなく、カンファレンスも行って再発予防に取り組んでいます。

新人さんも一緒に頑張っています

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

3階東病棟 「未来の介護福祉士」

2017年9月

こんにちは。3階東病棟です。

今回は、今年の4月に入職し入浴専従として勤務している上田さんのご紹介をしたいと思います。

Q:鶴巻温泉病院に入職したきっかけを教えてください。

A:私が就職を決めた理由は、病院のホームページを見て、研修の充実さを感じて決めました。家事と仕事をしながら勉強をするのは難しいですが、病院内で研修や講習会があり、現場で活かすことができます。私は経験が浅いので、知識と技術を習得して、2年後に介護福祉士国家資格の取得を目指し頑張っています。

Q:普段、病棟でどのような仕事をしていますか。

A:職種はメディカルアシスタントとして、入浴介助をしています。入浴では、患者様の皮膚状態の観察を行い、個別に合った洗身、洗髪、整容をしています。臥床している患者様も多いので、他職種(医師、看護師、介護福祉士)と協力しながら十分なケアを心がけています。

Q:介護福祉士を目指したいと考えている方にメッセージをお願いします。

A:鶴巻温泉病院では、同じように入浴専従をしながら、何年か後に介護福祉士の国家資格を取得して病棟で働いている方がたくさんいらっしゃいます。院内研修も充実していて、とても勉強になることばかりです。また、経験豊富な専門職の方たちにアドバイスをしてもらい、とても助かっています。私のように子育てを終えた世代の方は、特に親や家族の介護が必要となってきます。介護の知識や技術を得ることで家族にも実践し提供することができます。やりがいのある仕事だと思うので、興味のある方は是非、頑張っていただきたいと思っています。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

4階西病棟 「新人紹介」

2017年9月

1年も半分が過ぎ7月と初夏の風を感じる季節となりました。4階西病棟にも新しい風として、新人看護師1名・介護福祉士2名が配属されました。そこで、新人3名(看護師 岩永さん、介護福祉士 大貫さん 松森さん)にインタビューをしてみたいと思います。

Q.鶴巻温泉病院に入職した理由はありますか?

岩永さん
A.患者様と深く関わり、その人に合った看護を提供できると思ったからです。
大貫さん
A.教育に力を入れており医療に興味があったからです。
松森さん
A.新人教育に力を入れており、研修が多く自らの技術向上や介護観が期待できると思ったからです。

Q.4階西希望に配属された時の心境はどうでしたか?

岩永さん
A.希望していた病棟に配属され嬉しかったです。
大貫さん
A.希望していた病棟であり、同期も一緒に配属だったので安心でした。
松森さん
A.病棟見学の際にQODについて熱く語ってくれた介護職員に憧れていたので、同じ病棟で働けると知りとても嬉しかったです。QOL・QODといった介護観を養っていけると思いました。

Q.実際に4階西病棟に配属され働いてみてどうですか?

岩永さん
A.先輩から声をかけてくださることが多く、とても働きやすくて楽しい病棟だと思いました。他職種で連携し合っており、患者様・ご家族が何を一番望んでいるかなどの話し合いが出来ており、良い職場だと思いました。
大貫さん
A.働きやすい雰囲気で先輩方もとても優しいです。また男性職員が多く熱量がすごく熱い病棟だと思いました。
松森さん
A.課題などがある中で、介護職員の先輩方をはじめ職員の方々がフォロー相談に乗ってくださり、安心して働ける病棟だと思いました。

Q.最後に目指したい看護師・介護福祉像を教えてください。

岩永さん
A.患者様の個別性を考えながら、日々学習して技術・知識を高め、根拠のあるケアを提供できる看護師になりたいと思います。
大貫さん
A.患者様に信頼されるような介護福祉になりたいです。
松森さん
A.先々のことを考え「これでいいだろう」と満足せず「どうしたら」と深く考えられる介護福祉士を目指していきたいと思います。

左より松森さん 大貫さん 岩永さん

新人のフレッシュな気持ちで病棟に新しい風となって輝いていきましょう。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る