スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

病棟スタッフ紹介

4階南病棟 「インタビューPart5」

2016年2月

4階南病棟に配属になりました、竹川真央さんにインタビューしたいと思います。

答えられる範囲で構いません、自己紹介をお願いします。

『3階東病棟から異動になった竹川です。』

4階南病棟に配属となり数か月がたちましたが、思い出に残るエピソードなどありましたらお答えください。

『今までの病棟とは違い、患者様が回復していく過程を見ていくことができるので、患者様の日々のリハビリでの辛い思いや、できることが増えた喜びを共有できるところに、とてもやりがいを感じます。近くでサポートすることができた分、退院する時の患者様やご家族の嬉しそうな姿は心に残ります。』

今後の目標はなんでしょうか?

『回復期では、まだまだ知識不足で患者様やご家族に十分なケアをすることができていないと思います。患者様ひとりひとりに適したケアやサポートが行えるように、先輩方を見習って患者様が退院していく姿を、胸を張って見送ることができるように、日々学んでいきたいと思います。』

4階南病棟 「インタビューPart4」

2016年2月

4階南病棟に配属になりました、介護福祉士の原島なつみさんにインタビューしたいと思います。

答えられる範囲で構いません、自己紹介をお願いします。

『神奈川生まれ神奈川育ちです。』
『まだこの病院に入職して2年目ですが、毎日笑顔で頑張ります!』

4階南病棟に配属となり数か月がたちましたが、思い出に残るエピソードなどありましたらお答えください。

『回復していく姿を見たときです。』
『回復していく過程の中で患者様に少しでも携わることができ、嬉しく思います。』

今後の目標はなんでしょうか?

『まだまだ未熟なので、日々成長していきたいです。』

原島なつみさん

3階西病棟  クリスマス会&スタッフ紹介

2016年1月

12月のレクリエーションはクリスマス会を行いました!(^^)!サンタに変装したスタッフがプレゼントを持って、部屋をまわりました。プレゼントもひとつひとつ患者様に合ったものをスタッフで選んできました。

I様へスタッフがプレゼントを届けた様子

(I様へスタッフがプレゼントを届けた様子)

スタッフ紹介
3階西病棟に新しい仲間が入職しました。紹介したいと思います!(^^)!高正樹さん(入浴専従スタッフ)「皆さんが気持ちよくお風呂に入れるように精一杯頑張ります!!!」

高正樹さん

(高 正樹さん)
これから一緒に頑張っていきたいと思います!
ぜひ、顔を覚えて話しかけてください(^^)

※患者様には写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階南病棟 ~大切にしている看護観~

2015年11月

2階南病棟では平成26年11月よりパートナーシップ方式を取り入れ、二人三脚の看護を実践しています。※詳細は鶴巻温泉病院看護部、看護部紹介のホームページへ(><)/今回は、パートナーシップ方式に協働で取り組んでいる看護師の中根涼子係長、吉澤育央副主任、福川麻実副主任に大切にしている看護観を聞いたところ、真面目に語ってくれましたので紹介したいと思います。(^O^)/

新看護方式の検討

今、その時を大事にしたい

私の娘の夢はお医者さんか看護師さん。最近、看護師さんだけになりました。理由は、看護師さんの方が、お勉強以外もいろんな事を知っているし、何でもできるからだそうです。「看護師である前に人であれ」という言葉を大切にしてます。良い意味でも、悪い意味でも対象者に影響を与える存在が看護師です。対象者の今、その時を大事にするためには、その時に何を必要としているのかを感じ、気が付き、できることはその場でやる。看護として果たさなければいけない事たくさんあります。しかし、看護は一人ではできない、仲間がいてこそ、さまざまな視点の良い看護が提供できると思います。私のモットーは「何を知っているか」より「何ができるか」が大事であり、日々邁進していきたいと頑張ってます。

看護師 2階南病棟係長 中根涼子

患者様の身近な存在として

私達が勤める回復期リハビリテーション病棟は、病気によって失った機能、生活の再獲得をし、再び社会参加を目指す病棟です。罹患したことにより、本人はもとより御家族も様々な不安を抱えています。私達看護職は、看護という字が示す通り、目で看て手でケアを行い患者様の生活を護ることを使命としています。患者様、御家族との関わりの中で、不安が少しでも軽減し、再び社会参加を出来るように一緒に目指していける身近な存在としてあり続けたいと思っています。

看護師 2階南病棟副主任 吉澤育央

笑顔を大切にした看護

疾患の影響から、これまでの生活では当たり前のように行えていた日常生活の動作に対して、介助を必要とする患者様が多くいます。私は、日頃より患者様やご家族に笑顔で関わり、コミュニケーションやケアを行うことを心がけています。そして、患者様やご家族のこれまでの生活背景や思いを確認していきながら、今後の生活をチーム間で話し合い、看護へつなげることを大切にしています。患者様の苦痛や不安が少しでも軽減できるよう、「出来ること」を増やしていき、「介助が必要なこと」に関しては、どのようにすれば、患者様やご家族が望む生活に近づけられるかを一緒に考えながら、患者様やご家族が笑顔で生活していけるような看護をしていきたいと思います。

看護師 2階南病棟副主任 福川麻実

2南病棟では、パートナーシップ制度を導入していることによって、1人の患者様について、複数の視点で患者様の観察や看護を考え提供することができます。スタッフ全体で、患者・ご家族の生活のみならず、人生をつなぐサポートをし続けていきます。日々ペアで看護することは互いの良い看護がタイムリーに学べる環境です。パートナーシップに興味がある方は是非一緒に働きませんか?

回復期リハ病棟のケア:10項目宣言

4階南病棟 「インタビュー Part2」

2015年8月

今年度から4階南病棟に配属になりました、青木美穂看護係長にインタビューしたいと思います。

答えられる範囲で構いません、自己紹介をお願いします。

『看護師の青木と申します子育てをしながらですが、皆さんにはたくさん協力していただき働くことができています』

看護師の青木さん1

4階南病棟に配属となり数か月がたちましたが、思い出に残るエピソードなどありましたらお答えください。

『3月から緩和ケア病棟から異動となり、患者様の最期をともにさせていいただいていましたが回復期病棟では、患者様の回復が早く、早期に退院されていきます。退院日には、スタッフでお見送りをさせていただきますが、その瞬間がとてもうれしく私の活力となっています』

看護師の青木さん2

今後の目標はなんでしょうか?

『患者様、家族の不安を受け止め、安心して退院できるよう精神面のケアに力を入れ、喜びと、ぬくもりを感じることのできる看護を提供したいと思っています』

看護師の青木さん3

インタビューご協力ありがとうございました。 次回は看護師の関尚子さんにインタビューしたいと思います。

3階中央病棟 ~新しい仲間たち~

2015年5月

初回のスタッフコラムは、新しい仲間の紹介です!それぞれのコメントを添えました。これから、よろしくお願いします(*^_^*)

新人職員の高良さん

新人職員の高良です。介護業務を務めつつ、来年の国家試験に向けて知識の研鑽に励みたいと思います。よろしくお願い致します!

看護師の柴田沙希さん

看護師の柴田沙希と申します。他の病院で3年程働いていましたが、まだまだここの病棟のことが分からないのでいろいろ教えてください。よろしくお願いします。趣味は絵と山歩きです!(^^)!

大竹さん

回復期病棟から移動してきました。大竹です。療養病棟の経験もあるので、今まで学んできた事を活かして、ガンバリます!

奥村さん

回復期から異動になった看護師の奥村です。療養病棟は初めてですがより良い療養生活が送れるようにケアをしていきたいと思います。よろしくお願いします。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみと患者様

当病棟へ出張中のパロちゃんです。患者様へ『癒し』を提供しています。

本年度は病棟や病院で開催するレクリエーションの他にも、ご紹介できるニュースがあれば、掲載したいと考えています。

一年間、よろしくお願いします。_(._.)_

5南病棟へようこそ!

2015年5月

4月から2人の新人職員が仲間入りしました!右が新人の黒木さんで、左がプリセプター(指導者)の安藤さんです。

黒木さんと安藤さん1

《新人の黒木さんより》

Q.意気込みをお願いします。

A.「たくさんのことを学び考える毎日です。しかし、学生の時に思っていた看護観に近づくことができるよう頑張ります。」

Q.指導者さんへ一言お願いします。

A.「忙しい中、毎日ご指導ありがとうございます。なかなかうまく出来ない自分に対して沢山のアドバイスややり方など丁寧に教えて頂き日々感謝です。そして改善すべき点などたくさんあるのでこれからも頑張っていきます。まだまだ未熟な自分ですが、よろしくお願いします」

《指導者の安藤さんより》

Q.指導者としての意気込みをお願いします。

A.「先輩に自分が育てていただいたように、自立に向けて指導者として頑張ります。」

Q.新人さんへ一言お願いします。

A.「社会人として看護師として恥ずかしくない人間になれるよう一緒に頑張りましょう」

黒木さんと安藤さん2

Bチームの新人さんです。右が新人の小野さんで左がプリセプター(指導者)の坊木さんです!

小野さんと坊木さん1

《新人の小野さんより》

Q.指導者としての意気込みをお願いします。

A.「5南の素敵な先輩方のようになれるように頑張ります!」

Q.指導者さんへ一言お願いします。

A.「ビシバシご指導よろしくお願いします」

《指導者の坊木さんより》

Q.指導者としての意気込みをお願いします。

A.「指導を一生懸命頑張ります」

Q.新人さんへ一言お願いします。

A.「無理せず頑張ってください」

小野さんと坊木さん1

4階南 ~介護係長インタビュー~

2015年5月

Q 今年度から4階南病棟で働いている介護係長の木村由紀さんにインタビューしたいと思います。まずは自己紹介からお願いします。

木村由紀さん

A 『こんにちは木村由紀です。出身は神奈川で幼少のころからおじいちゃん、おばあちゃん大好きっこでした。』

Q 仕事をするうえで大切にしていることはなんですか?

A 『介護福祉士として「心身の状況に応じた介護」が提供できるように、患者さま1人ひとりの心や身体に寄り添いながら、その人がその人らしく生活できるよう、介護福祉士としての視点を活かし他職種と連携していきたいと思っています。』

Q 今後の目標はなんでしょうか?

A 『私が常に心がけていることは「笑顔」でいることです。患者様・ご家族様が安心できる生活が送れ、楽しみ笑顔ある環境を提供していける優しい介護支援者でありたいと思っています。これからもよろしくお願いいたします。気軽に話しかけてくれると嬉しいです。』

次回は、4階南病棟看護係長、青木さんのインタビューです。

緩和ケア病棟  「新メンバー」

2015年1月

今年の中途入職で緩和ケア病棟に新しく配属になったメンバーを紹介します。

現在4か月から6か月経過しています。一般の外科病棟や、クリニック、施設を経験しているスタッフばかりで、とっても頼もしいスタッフです。

鶴巻温泉病院の緩和ケア病棟に勤務しての印象も語って頂きました。

Q1,看護師経験年数を教えて下さい。

 A 15年です。

Q2,緩和ケアの経験年数を教えて下さい。

 A 2年です。

Q3,それ以外の経験を教えて下さい。

 A 脳血管センターにて6年・消化器センターにて5年半・有料老人ホームで1年働いておりました。

Q4,鶴巻温泉病院の緩和ケア病棟ってどんなところですか。

 A 明るくて暖かい所だと思います。

Q5,緩和ケア病棟で看護をしていて楽しい事はどんな事ですか。

 A ご家族様とご本人様が望まれる様に過ごされるお手伝いが出来た時が本当に看護師になってよかったな、と思います。

Q6,緩和ケア病棟で看護をしていて大変な事はなんですか。

 A 患者様がお体や心がお辛い時に最大限のケアをさせて頂きますが、病気なんか無くなれば良いのになあと思ってしまうことがあります。

Q7,思い出に残る出会いがあれば教えて下さい。

 A 沢山ありすぎて悩んでしまいますが一つお話しさせて下さい。

旅立ちの時期が近くに迫ってきている大学教授の先生が、「生きる事についてと、最期を迎える患者様の想い」をこれからもずっと緩和に携わっていく貴方に憶えていてほしい、伝えていってほしいと最期の命の授業をして下さったことがありました。

奥さまと一緒に泣きながら聴いて学ばせて頂いたのを今も鮮明に憶えています。

教えてくださったことは常に『最期まで自分らしく生きる』お手伝いをさせて頂きたいと考える私の心の根底にあります。

Q8,最後に一言どうぞ。

鶴巻の緩和ケア病棟はアットホームで色々なスタッフさんや多職種がいるので、患者様・ご家族様が望まれる生き方を最大限にサポートできる場だわー、とこの病院に来てつくづく思いました。

お酒パーティやケーキ作り、BBQ大会やおでん会、コンサート等々・・・

私も日々一緒に楽しんで学ばせて頂いております。ww

緩和ケア病棟スタッフの想いをインタビュー形式でご紹介するスタッフインタビューも合わせてご覧下さい。 

3階東病棟  入職して半年たって・・

2014年11月

だいぶ秋めいてきましたね。

今回は3東病棟に4月に入職した新人3人に「入職して半年経ちますがどうですか?」の質問に答えていただきました。

3東11月①.jpg

看護師 竹川さん

最初は何をしていいのかわからずに、戸惑うことが多かったですが、今では自分にも出来る事が増えてきていることを実感しています。

その中でも先輩方に指導していただき、自分に足りないところも見え、まだまだ学習していかないといけない事が、たくさんあると日々感じています。

今後は自分がどのような看護がしたいのかなど考えていきながら、先輩方を見習い学んでいきたいと思います。

3東11月②.jpg

看護師 渋井さん

初めの頃は何をすればよいのか分からず不安や緊張が多かったですが、半年以上がたち1日の流れが分かるようになり病棟の雰囲気にも慣れ、患者様やご家族の方に「だいぶ慣れてきたね」と言っていただけるようになりました。

まだ患者様との関わりの中で分からない事や判断に迷うことが多くありますが、先輩方に相談する事や自己学習をし、患者様によりよいケアが行なえるようにしていきたいと思います。

3東11月③.jpg

介護福祉士 原島さん

医療に携わる仕事がしたいと思っていた私にとって、充実した環境で仕事をすることができています。

鶴巻温泉病院は介護福祉士の役割が明確であり、やりがいを感じます。まだ不安なこともたくさんありますが、日々成長していきたいです。

また患者さんからの「ありがとう」という言葉を大切にしていきたいと思います。

3人とも半年経ってそれぞれ成長してきています。

これからも病棟全体で3人が成長できる環境を整え、そして私達も一緒に成長していきます(*^_^*)

5階南病棟  新人紹介

2014年9月

今年の4月、初々しい新人看護師さんが2名、5階南病棟へ配属となりました。

入職してから約半年が経ちました。

社会人になり、毎日新しいことを覚え、日々勉強と大変だと思いますが、毎日笑顔で頑張っています。

看護師 三澤さん

 患者様やリハビリスタッフとの関わり・連携の中で、日々多くの事を学ばせ て頂いています。5階南病棟に配属されてよかったです。これからも社会人として・看護師として、より成長していきたいと思います。

5南9月①.jpg

看護師 高木さん

 出来ない事も多くて落ち込むこともありますが、患者様が日に日に良くなっていく姿をみる事で、自分自身も勇気づけられています。学生の頃とは違い、人の命を預かる仕事なので、笑顔を忘れず、責任を持って仕事をしていきたいです。

5南9月②.jpg

素敵な看護師さんになってくださいね。

新人看護師Nさん

2014年7月

今年の4月から緩和ケア病棟に新しい仲間が増えました。その中の1人Nさんを紹介します。

※ 緩和ケア病棟 スタッフインタビューも合わせてご覧ください。 

新人1.jpg

Q1、配属になって3ヶ月ですがいかがですか

 不安で自信の持てないケアも多いなか、実地指導者さんや先輩ナースにフ ォローして頂きながら色々な経験を積んでいます

Q2、看護師を目指した理由を教えて下さい

 身内が病気になった時に感じた無力感から

Q3、緩和ケア病棟の印象はいかがですか

 病棟科長さんを始め、スタッフの皆さんも優しくてとても明るい病棟です

Q4、目指す看護師像がありますか

 看護師として自立し、専門的なもの(緩和ケア、がん看護)にたけていきたいです

Q5、最後にひとことどうぞ

 患者さんやご家族にとって少しでもいい時間を過ごしてもらうために、誠実に看護を行っていきたいです

新人2.jpg

鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る