スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

新人・先輩

4階南病棟 「インタビュー Part2」

2015年8月

今年度から4階南病棟に配属になりました、青木美穂看護係長にインタビューしたいと思います。

答えられる範囲で構いません、自己紹介をお願いします。

『看護師の青木と申します子育てをしながらですが、皆さんにはたくさん協力していただき働くことができています』

看護師の青木さん1

4階南病棟に配属となり数か月がたちましたが、思い出に残るエピソードなどありましたらお答えください。

『3月から緩和ケア病棟から異動となり、患者様の最期をともにさせていいただいていましたが回復期病棟では、患者様の回復が早く、早期に退院されていきます。退院日には、スタッフでお見送りをさせていただきますが、その瞬間がとてもうれしく私の活力となっています』

看護師の青木さん2

今後の目標はなんでしょうか?

『患者様、家族の不安を受け止め、安心して退院できるよう精神面のケアに力を入れ、喜びと、ぬくもりを感じることのできる看護を提供したいと思っています』

看護師の青木さん3

インタビューご協力ありがとうございました。 次回は看護師の関尚子さんにインタビューしたいと思います。

3階東病棟 ~新入職員の紹介~

2015年5月

4月に入り、配属になった新入職員を御紹介します。

新入職員のご紹介1

看護師  川口翔也(かわぐち しょうや)

●趣味 カラオケ(3代目Jsoul Brothersをよく歌う)
●特技 :柔道・弓道

~メッセージ~

4月から3階東病棟に配属になりました。まだまだ知識・技術は未熟ですが、医療処置も多くある中で自分のできる看護を1つずつ丁寧にやっていきたいと思っています。 これからは、優しい先輩方のもとで更に自分のスキルを磨き、自分の理想とする看護師像に近づけるようにしていくとともに、笑顔を忘れず患者様・家族・職員の方々のチームという輪の中で私なりに全力を発揮していこうと思いますので、宜しくお願いします。たくさんの方々に会えるのを楽しみに待っています。

3階東病棟  入職して半年たって・・

2014年11月

だいぶ秋めいてきましたね。

今回は3東病棟に4月に入職した新人3人に「入職して半年経ちますがどうですか?」の質問に答えていただきました。

3東11月①.jpg

看護師 竹川さん

最初は何をしていいのかわからずに、戸惑うことが多かったですが、今では自分にも出来る事が増えてきていることを実感しています。

その中でも先輩方に指導していただき、自分に足りないところも見え、まだまだ学習していかないといけない事が、たくさんあると日々感じています。

今後は自分がどのような看護がしたいのかなど考えていきながら、先輩方を見習い学んでいきたいと思います。

3東11月②.jpg

看護師 渋井さん

初めの頃は何をすればよいのか分からず不安や緊張が多かったですが、半年以上がたち1日の流れが分かるようになり病棟の雰囲気にも慣れ、患者様やご家族の方に「だいぶ慣れてきたね」と言っていただけるようになりました。

まだ患者様との関わりの中で分からない事や判断に迷うことが多くありますが、先輩方に相談する事や自己学習をし、患者様によりよいケアが行なえるようにしていきたいと思います。

3東11月③.jpg

介護福祉士 原島さん

医療に携わる仕事がしたいと思っていた私にとって、充実した環境で仕事をすることができています。

鶴巻温泉病院は介護福祉士の役割が明確であり、やりがいを感じます。まだ不安なこともたくさんありますが、日々成長していきたいです。

また患者さんからの「ありがとう」という言葉を大切にしていきたいと思います。

3人とも半年経ってそれぞれ成長してきています。

これからも病棟全体で3人が成長できる環境を整え、そして私達も一緒に成長していきます(*^_^*)

先輩看護師  新谷 綾子

2014年11月

当院に就職し6年目になります。

学生時代の実習経験から「在宅での療養生活をより良いものにしたい」と思い、回復期で働くことを決めました。

先輩NS①.jpg

当院はチーム医療に力を注いでおり、多職種と関わるなかで「チームで協働するとは」「自分の看護観や、看護師としての強みとは」といった内容を考える機会が多くありました。

先輩NS②.jpg

3~4年目にはスキルアップを目指して脳外科を有する病院への転職を考えるようになり、上司に相談をしたところ、他院での手術見学や、系列病院である横浜新緑総合病院の脳外科での研修の機会を頂きました。

学びは多く、患者さまやご家族、急性期に携わる医療者の思いに触れたことで、回復期の可能性の追求や、シームレスな看護を展開したいという思いが強くなりました。

先輩NS③.jpg

尊厳や生活の質を追い求めることは簡単ではありませんが、その過程は希望に満ちていてとても魅力的です。

楽しく前向きに看護に取り組めていると感じています。

先輩介護福祉士  福士沙千代

2014年10月

私が当院に入職した理由は、プリセプター制度があるため、不安なく安心して働けると

思ったからです。

先輩介護②.jpg

最初はやはり不安もありましたが、先輩たちは皆、熱心に指導してくださり、またわから

ないこともわかりやすく教えて頂き、話も良く聴いていただきました。

先輩介護①.jpg

そのおかげで、私は今、安心して楽しく仕事が出来ています。

年次教育もあるため、スキルアップができ、専門職としていろいろと成長できる場所で

す。

先輩介護③.jpg

私が今まで経験してきた病棟は、ほとんど寝たきりの患者さまが多い病棟です。

声掛けでちょっとした反応が返ってくると嬉しく思い、さらにやりがいを持って働くことが

できています。

5階南病棟  新人紹介

2014年9月

今年の4月、初々しい新人看護師さんが2名、5階南病棟へ配属となりました。

入職してから約半年が経ちました。

社会人になり、毎日新しいことを覚え、日々勉強と大変だと思いますが、毎日笑顔で頑張っています。

看護師 三澤さん

 患者様やリハビリスタッフとの関わり・連携の中で、日々多くの事を学ばせ て頂いています。5階南病棟に配属されてよかったです。これからも社会人として・看護師として、より成長していきたいと思います。

5南9月①.jpg

看護師 高木さん

 出来ない事も多くて落ち込むこともありますが、患者様が日に日に良くなっていく姿をみる事で、自分自身も勇気づけられています。学生の頃とは違い、人の命を預かる仕事なので、笑顔を忘れず、責任を持って仕事をしていきたいです。

5南9月②.jpg

素敵な看護師さんになってくださいね。

3階南病棟  新人看護師さん

2014年8月

3階南病棟に4月から配属になった新人看護師さんにインタビューしてみました!!

約4ヶ月経ち、実際の現場でのお仕事は? 感想を聞いてみました。

Q1. 看護師になったきっかけは?

   今、就職難であるため医療系は強いと思った。

Q2. 入職して約4ヶ月経ちますが、楽しい・やりがいを感じるときは?

   患者様のADLの向上が目に見えて分かること。

   患者様に『ありがとう』『頑張って』と言われるとき。

Q3.大変なことは?

   リハビリの時間をみて、今日の行動計画を立てること。

   一人暮らし。未だにホームシックです...。

Q4.どんな看護師さんを目指していますか?

   いつも笑顔で患者様と関われる看護師。

3南新人.jpg先輩、看護師に、報告・連絡・相談(左)

これからも、3南全員で支えていきたいと思います。新人さん、頑張って!!

新人看護師Nさん

2014年7月

今年の4月から緩和ケア病棟に新しい仲間が増えました。その中の1人Nさんを紹介します。

※ 緩和ケア病棟 スタッフインタビューも合わせてご覧ください。 

新人1.jpg

Q1、配属になって3ヶ月ですがいかがですか

 不安で自信の持てないケアも多いなか、実地指導者さんや先輩ナースにフ ォローして頂きながら色々な経験を積んでいます

Q2、看護師を目指した理由を教えて下さい

 身内が病気になった時に感じた無力感から

Q3、緩和ケア病棟の印象はいかがですか

 病棟科長さんを始め、スタッフの皆さんも優しくてとても明るい病棟です

Q4、目指す看護師像がありますか

 看護師として自立し、専門的なもの(緩和ケア、がん看護)にたけていきたいです

Q5、最後にひとことどうぞ

 患者さんやご家族にとって少しでもいい時間を過ごしてもらうために、誠実に看護を行っていきたいです

新人2.jpg

特殊疾患病棟(2階西)  3名の新人さんより

2014年5月

2w1.jpg

看護師:勝田 ひかるさん
知識不足や技術面が未熟で悩むことがありますが先輩方が優しく丁寧に教えてくれるので毎日楽しく仕事をしています。そして、患者さんやご家族と接し、やりがいを感じている毎日です。まだまだ分からないこともたくさんあるので勉強し知識を深めていきたいです。そして笑顔を忘れず頑張っていきます。

2w2.jpg

看護師:東 愛海さん
毎日忙しく学ぶ事がたくさんあり大変ですがやりがいを感じています。今は慣れない事の毎日ですが、患者さんのため、自分のために、1年かけて少しずつ成長していきたいと思います。そして自分の思い描く看護師像に1歩ずつ近づいていけるよう頑張ります。

2w3.jpg

介護福祉士:北村 大輝さん
特殊疾患病棟に配属され、先輩方に支えられながら日々のケアに励んでいます。職員の方達はみなさん本当に親切、丁寧で楽しく仕事をさせて頂いています。病棟の患者様はご自分で声を発する事が難しく、意思疎通が困難な方が多いので、患者様の声にならない思いを推し量る事の出来る介護福祉士になりたいです。

2w4.jpg2w5.jpg

2014年度 新人研修を終えて

2014年4月

 国家試験合格、胸膨らませ入職した新人さん!

医療人としての自覚を持ち、今後の学習に役立てるため入職時研修を実施しました。

技術指導を教育担当者が行い、病棟の機能については各病棟科長に講話していただきました。

グループワークでは「専門職としてこの1年、どのように行動するか」「私の大切にしていること」をテーマに活発な意見交換ができ、専門職者としての自覚と責任ある行動の理解を深める研修をしました。

充実した研修を終えたところで新人職員の皆さんにインタビューしました。

Q1 入職時オリエンテーションで印象に残った言葉は何ですか。

 看護部長のお話に感動!

 ・「あなたのその手から伝わりますから」という言葉。手から優しさも冷たさも様々なものが相手に伝わるので思いやり、優しさなどプラスの感情を手からも伝えられる看護師になりたいと思いました!

 ・患者様の前では笑顔で接するということ。自分が疲れた、忙しいなどといった感情は出さずに笑顔でいなければ良いケアが出来ないと思いました。

 ・「分からないままにしないこと」大事なことだと思いました。

 ・5つの心(考える心、聴く心、思いやる心、寄り添う心、観る心)で看護する。

 ・受け身ではなく能動的に主体的に学び続けること。

P1010141部長の講和.JPGのサムネイル画像

Q2 看護部の1週間の研修はどうでしたか。特に印象に残っていることは?

・研修を始める前にチームワーク作りのゲームが楽しかった。伝言ゲームでは正確に伝えることの難しさ を知り、ピッタンコカンカンでは相手のことを考えながら実施したり、自分の意見を発信したりでき、仲を 深めることができて良かったです。


伝言ゲーム


ピッタンコカンカン

・「してあげる」看護をしない、ということです。

・患者さまの為に何がしたいのか、考え行動すれば自然と情報が集まる、ということです。

・学校で学んできたことを改めて振り返ることができて良かったです。

・チームワーク作り研修では他己紹介やレクリェーションを行い、リラックスして研修に臨むことができ、また沢山の意見が聞け、楽しかったです。

2014年度看護部新人入職時研修報告(4月7日).jpg

Q3 配属部署での1週間はどうでしたか。

・緊張と不安でいっぱいの1週間でした。

・まだまだ分からないことも多いですが自分のやりたい職業につけて、嬉しい気持ちで毎日仕事させていただいています。

・実習のときの部署だったのでの思ったより緊張しませんでした。

・一日の業務の流れ等、覚えることが多く毎日とても充実しています。

・一つのケアでも患者さんによって個別性があるため、どのような患者さんであるのか、しっかりと理解し、ケアや援助を行うことが大切だと思いました。

最後に看護部長からのメッセージ

夢を叶えるために勇気と闘争心は持つこと!

鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る