menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311
院長ブログ

院長ブログを開設いたしました

「院長通信」に掲載している患者さん・入所者さん、ご家族の方々・職員へのメッセージをブログ形式で毎月1回掲載いたします。医療機関や介護施設の 皆さまにも、「院長ブログ」を通して当院の取り組みをお伝えできればと思います。

鶴巻温泉病院 鶴巻温泉病院介護医療院
院長 鈴木 龍太


鶴巻温泉病院 鶴巻温泉病院介護医療院 院長 鈴木龍太

院長ブログバックナンバー 目次はこちら



blog_156 1. 新しい仲間 2.患者安全推進 3.感情コントロール 4.ビフォ→アフター

2022.08.18

院長ブログバックナンバー
※写真は撮影時のみマスクを外しています。

今月号の目次

インドから新しい仲間がやってきました

看護部 教育専従 足立原 崇

 2022年8月1日より3名のインド人特定技能実習生が当院へ入職しました。看護部では受け入れに向けて入職準備を進め、来日をとても楽しみにしていました。入職初日は鈴木院長から辞令交付を受けました。3名共、とても緊張していましたが、時折見せてくれる笑顔が素敵でした。

 鈴木院長からは「優しそうで、素敵な方たちです。異国の地で頑張る気持ちも素晴らしいです。日本で楽しく過ごせるように、職員皆で協力しましょう。」とコメントをいただいております。今後とも3名をよろしくお願いします。

新しい仲間
写真左より プリヤさん、プリティさん、足立原係長、イラキヤさん

インド共和国 Republic of India
インド共和国 Republic of India


患者安全推進全体フォーラムで発表

 日本医療機能評価機構の認定病院患者安全推進協議会(PSP)が開催した「患者安全 推進全体フォーラム」が3月5日にオンライン形式で開催されました。フォーラム第2部では当院の取り組みが紹介されました。

「病院事務部門における安全管理の取り組み」  TQM課 課長 宇賀神 哲治
 病院の安全管理と言えば医師、看護師等が中心で取り組むというイメージがあると思いますが、今回は事務でも出来る安全管理という視点で報告を行いました。内容はマニュアルの更新依頼、病棟ラウンド参加や物品の使用期限確認、5S(整理整頓など)活動推進となります。第一線で活躍されている医師や講師の先生方とのディスカッションの中で貴重なご意見をいただきましたので、今後当院の活動に役立てていければと考えています。

患者安全推進ジャーナルNo.68
患者安全推進ジャーナルNo.68

キレないための感情コントロール

 今年は猛暑です。コロナもあり、なかなかうまくいかないことが多く、イライラも募ります。つい怒ったり、カーっとなったりしがちです。そんな時6つ数えてみましょう。すると心が落ち着いて、感情のコントロールができるそうです。キレないための感情コントロールは2010年2月号の院長通信でも掲載していますが、少しバージョンアップしましたので、また掲載します。私は院長室の壁にはってあります。一度目を通してみてください。

キレないための感情コントロール

リハビリテーション室 塗装工事 ビフォ→アフター

 リハビリテーション室塗装工事を行いました。天井と壁は白色、柱と梁(はり)はオレンジと緑色で明るい室内 になりました。リハビリテーション部インスタグラム turumakirihaでご紹介しています。

リハビリテーション室 塗装工事 ビフォ→アフター

ビフォ→アフター

リハビリテーション室 塗装工事 ビフォ→アフター


リハビリテーション室 塗装工事 ビフォ→アフター

ビフォ→アフター

リハビリテーション室 塗装工事 ビフォ→アフター



blog_155 1. セコム研究発表会 2.優良事業所 3.無痛乳がん検診 4.花壇

2022.07.19

院長ブログバックナンバー

今月号の目次

セコム医療グループ 関東地区合同研究発表会で銀賞を受賞しました

《銀賞》鶴巻温泉病院 看護部 青木美穂 森睦子「身体拘束ゼロに向けた職員の意識の変化」

 6月18日に開催された「セコム研究発表会」で青木科長の演題が銀賞を受賞しました。おめでとうございます。2019年4月に開設された鶴巻温泉病院介護医療院では身体拘束は原則行えません。当時、管理責任者だった青木科長が方針を決め、ぶれずに取り組んだことで職員の意識が変わり、拘束ゼロが実現し、ずっとそれが維持されています。現在、病院全体にひろがるように頑張っています。凄いですね。

クリックで拡大

1-1.jpg

セコム研究発表会

セコム研究発表会

 科長としてやってきた集大成として、みんなの頑張りを発表し、賞をいただいたことを嬉しく思います。介護医療院立ち上げから、身体拘束をゼロにすることを目標に医師・スタッフと共に頑張ってきました。そこには、スタッフがお互いの意見を否定せず「入所者のために何かしてあげたい」という職場風土ができあがっていたからだと思います。これからも「その人の生活」の場が提供できるよう身体拘束をしないケアに取り組んで参ります。 看護部 青木美穂

危険物管理 優良事業所表彰

施設管理室 課長 横山博俊
※掲載写真は撮影時のみマスクを外しています。

 危険物を取り扱う施設において適正な維持管理に長年務めたことに対し、神奈川県危険物安全協会連合会から、「優良危険物事業所」として当院が表彰されました。

 この表彰を受け、施設管理室職員一同、今後も無事故の継続に努めてまいります。また、当院で使用している危険物は灯油と重油ですが、最近の世界情勢の影響から価格は高騰したままで、省エネ・節電の社会的な要請が非常に高くなっております。そのため、危険物の安全な管理とともに、社会要請に応えるべく、より一層の省エネ・節電にも努めてまいります。

優良事業所

優良事業所
秦野市防火・危険物安全協会 田村会長(右)

【関連施設】 横浜新緑総合病院 無痛乳がん検診

 当法人の横浜新緑総合病院(横浜市緑区)で3テスラのMRIを使った無痛乳がん検診が始まりました。がん発見率は平均的なマンモグラフィの5倍以上だそうです。横浜新緑総合病院ホームページをご覧いただき、お気軽にお問合せください。

無痛MRI乳がんドック

無痛MRI乳がんドック

無痛MRI乳がんドック

南館前の花壇

 四季折々、冬でも花が咲いています。 誰かと思ったら小澤看護部長でした。看護部ありがとう。

南館前の花壇

 この花壇は、2016年に南館前の道を拡げた時に作られました。その時に花壇の管理を看護部が請け負い、係長会の中に「園芸部」が発足しました。当時の担当者はお花に負けない美女3名(誰?)。そして'監督'として、柏木副看護部長のお父様が協力してくださいました。今にいたるまで春・秋の植え替えを続けています。元気に咲いてくれるお花たちが、皆さんにほんの少しでも癒しを届けてくれたらいいなと願います。 看護部長 小澤 美紀

南館前の花壇

南館前の花壇

南館前の花壇

南館前の花壇


blog_154 1. 病院賞決定 2.2022年の鶴巻温泉病院 3.熱中症に注意

2022.06.27

院長ブログバックナンバー

今月号の目次

2021年度 鶴巻温泉病院 病院賞決定

 2021年度病院賞が決定しました。介護職や医師の働き方改革、いまだに終息しないCovid-19 関係が多くを占めました。皆さんがその時々に起こってくる問題や課題に挑戦し、乗り越えていく姿が評価されています。そして、その皆さんのお陰で病院も続けていけるのです。本当にありがとうございました。

↓クリックで院長通信(PDFファイル)を表示↓
病院賞一覧

病院賞
病院賞受賞者


2022年の鶴巻温泉病院

 さて、2022年度はどうでしょうか? 病院の目標は 『持続可能な慢性期多機能病院の運営』です。Covid-19で日本の医療体制の不安定さが明らかになりました。その中で鶴巻温泉病院は慢性期病院としての機能と役割をしっかり担っていかなければなりません。

 『急性期が患者を多く収容できるように慢性期への転院をシームレスにする。慢性期で治療できる高齢者救急を積極的に受け入れる。サブアキュートの患者を在宅へ積極的に帰し、在宅患者にしっかりと寄り添う。看取りの機能を充実させる。』このような行動を積み重ねていくことで、地域の皆さんに鶴巻温泉病院があって良かったと思われるように頑張っていきます。これからも鶴巻温泉病院をよろしくお願いします。

熱中症に注意しましょう

 今年は早くから真夏日が出現しています。熱中症に注意しましょうと言われていますが、どんな症状に注意したらいいのかをお教えします。立ち眩み、顔がほてる、筋肉痛、足がつる(こむら返り)、大量の発汗もしくは暑いのに汗がでない、頭痛、吐き気、嘔吐、体温が高い、皮膚が赤く、乾いている・・・このような症状がでたら、日陰の涼しい場所に移動し、衣服を脱いで、水をかけるなとして、体を冷やしましょう。スポーツドリンクなどの水分と塩分を補給しましょう。

熱中症に注意

 当院のホームページ 「知って得する身体の話シリーズ 熱中症」 もあわせてご覧ください。

知って得する身体の話 INDEX

鶴巻温泉病院 ロビーの生花

ロビーの生花



blog_153 1. 入院患者さま 2.温泉大浴場 3.タブレット導入 4.鶴巻温泉病院 公式SNS

2022.05.18

院長ブログバックナンバー

今月号の目次

鶴巻温泉病院の入院患者さんの数が今までで最高となりました。

 院長の鈴木です。鶴巻温泉病院へ1年間で入院する患者さまの数が、この10年で回復期は16%増加、全病院では42%増加しました。稼働というのは、病床がどのくらい埋まっているかの数字ですが、入院患者数がふえているのに、稼働がむしろ下がっている理由は、入院している期間(在院日数)がどんどん短くなっているからです。リハビリや治療の効果が出ているのだと思っています(図1)

鶴巻温泉病院の入院患者数 回復期

鶴巻温泉病院の入院患者数 全病院
(図1)

 入院されている患者さまの地域は近隣の湘南西部地区と県西地区、県央、湘南東部地区合わせて90%を超えていて、地域の病院であることを示しています(図2)

入院されている患者さまの地域
入院されている患者さまの地域
(図2)


温泉大浴場のご利用について

 鶴巻温泉病院には温泉が湧いていて、中庭の手湯・足湯、本館6階の大浴場があります。ナトリウムとカルシウムとマンガンが多く、中性のお湯です。年間1800~2000人の患者さまに温泉大浴場 (※)をご利用いただきました。※大浴場のご入浴には主治医の許可が必要です。

本館6階大浴場のご利用実績
本館6階大浴場のご利用実績


《緩和ケアの患者さまのご家族からのお手紙です》
笑いの絶えない作業レクリエーション、楽しく心洗われる音楽レクリエーションに母と毎週お邪魔することができました。何より、母の大好きな温泉に週2回入ることができました。介護タクシーを利用して母の望みの自宅へ帰り、数時間過ごす事ができました。こうして心穏やかに母と接することができたのは鶴巻温泉病院の皆々様のおかげとしか言いようがありません。本当に本当にありがとうございました。

温泉大浴場のご利用


訪問リハビリテーションにタブレットを導入

訪問リハビリテーション 統括科長 松本 肇

 2022年4月より、訪問リハビリテーションにタブレット端末が導入されました。訪問リハビリテーションでは、ほとんどのデスクワークを事務所に戻って行っていました。今回のタブレット端末導入により、訪問リハビリテーションの隙間時間に外出先でデスクワークが行えるようになり、業務の効率化が図れました。これからは、利用者さまの評価や練習場面での活用、オンラインカンファレンスの実施等、様々な場面でタブレット 端末の活用方法を検討・実施する事で、訪問リハビリテーションの質の向上に寄与したいと考えています。

訪問リハビリテーションにタブレットを導入


鶴巻温泉病院のブログ・コラム・メルマガ・SNS(ソーシャルネットワークサービス)

 「鶴巻温泉病院」「看護部」「リハビリテーション部」では、地域連携公開セミナーなどのイベントや取り組み、採用情報を発信し、効果的な広報活動をするため、院長ブログ、看護部長ブログ、SSDブログ、スタッフコラム、メルマガ「つるまき通信」と合わせて公式SNS(Instagram、YouTube)を開設しております。ホームページ、QRコードからご覧いただけます。

鶴巻温泉病院 ロビーの生花

ロビーの生花



blog_152 1. 合同入職式 2.満足度調査 3.患者さまの和歌 4.地域連携公開セミナー

2022.04.18

院長ブログバックナンバー

今月号の目次

※掲載写真は撮影時のみマスクを外しています。

2022年度 3病院合同入職式をWEB開催

 院長の鈴木です。鶴巻温泉病院には、今年45名の新人が入職しました。コロナ禍で2年以上も人とのコミュニケーションが制限され、授業はリモートで、友人との交流やクラブ活動もままならない中、勉強をして、試験を受けて、資格を取得してきました。ここまで来た皆さんは本当に立派です。心から祝福しますし、これからも色々なことを乗り越える力を持っていると信じます。おめでとうございます。

今年45名の新人が入職
看護部21名

今年45名の新人が入職
リハビリテーション部22名 地域連携室1名 栄養科1名


「入院患者さま満足度調査」及び「インスペクション」報告

報告:サービスシステム開発室

 当院では毎年11月、患者さま・入所者さま・ご家族に患者満足度調査をお願いしております。今回は満足度で前年より高い、94.9%の評価をいただくことができました。また介護医療院の小林ケアマネージャーが「総合満足度」で100%の評価をいただき、大きな励みとなりました。なお、同時期に職員同士で他部署の接遇やサービスを評価しあう「インスペクション」も実施し、忌憚のない意見交換を行う事で、サービスの質向上を目指しております。

「総合満足度 94.9%」

介護医療院 小林ケアマネジャーより
 このような結果を頂けたのも、入所者さまに関わる全てのスタッフが良いケアを提供してくれているお陰です。私はそれをご家族に伝えさせて貰っているだけです。「自分が家族だったらどうしてほしいか」を常に考え、書類に写真やメモを添えたり、何気ない日常の様子を伝えるようにしています。
 これからも入所者さま、ご家族に満足していただけるよう、スタッフと共に精進させていただきます。ありがとうございます。

「総合満足度」ケアマネジャー


患者さまが和歌を詠んでくださいました

患者さまの和歌

半澤 萬里子様より
 入院し朝食の時、食堂の窓からの景色の美しさに不安な心に勇気が沸いた時の一首と、退院を前に私の感謝の気持ちを読んだ一首です。
 先生の優しい美しい笑顔に何度も癒された私です。厚く御礼申し上げます。

第40回 地域連携公開セミナー 「障がい者・難病リハビリ病棟」

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、YouTube上に動画を公開しています。ホームページ、スマホ(QRコード)からもご視聴いただけます。詳細は下記をご覧ください。

お問合せ:地域連携室

第40回 地域連携公開セミナー 「障がい者・難病リハビリ病棟」
↑クリックでYouTube 地域連携公開セミナー表示

qrコード


鶴巻温泉病院 ロビーの生花

ロビーの生花


blog_151 1. 鶴のまきちゃんの親離れ 2.金賞、銅賞受賞 3.長期計画を作成

2022.03.14

院長ブログバックナンバー

今月号の目次

※掲載写真は撮影時のみマスクを外しています

鶴のまきちゃんの親離れ式

 院長の鈴木です。皆さんご存じの鶴のまきちゃんは作業療法士の清水 拓人さんが創作したものです。この度残念ながら清水さんが退職となりますので、まきちゃんの親離れ式を行いました。まきちゃんは病院のマスコットとして病院内外で親しまれています。清水さん、本当にありがとうございました。これからもまきちゃんをよろしくお願いします。

「木彫りの鶴のまきちゃん」を清水さんにプレゼント  作:左龍太郎
「木彫りの鶴のまきちゃん」を清水さんにプレゼントしました 作:左龍太郎

 皆さま、鶴のまきちゃんを愛してくださりありがとうございます。「鶴のまきちゃん体操」や「全国ゆるキャラグランプリへの出場」など皆さまのお陰で鶴のまきちゃんは大きく羽ばたくことができました。親離れはしますが、これからは一ファンとして応援させていただきます。本当にありがとうございました。  リハビリテーション部 清水 拓人

Memories
鶴のまきちゃん Memories


セコム医療グループ合同研究発表会  金賞、銅賞を受賞

 2021年度のセコム研究発表会がWEBで開催され、鶴巻温泉病院から受賞者がでました。どちらも2020年度 鶴巻温泉病院学術発表会(院長通信 2021年7月号に記載)で賞をとり、紹介しています。研究成果を有効に生かして、これからも頑張ってください。
  • 金賞 リハビリテーション部 東 泰裕 (写真左)
     言語聴覚士による朝食時の直接訓練が経管栄養の離脱に及ぼす影響
  • 銅賞 看護部 黒川 聖矢
       「つるピクト」導入前後の職員の掲示物に関する意識と業務負担間の変化
  《金賞受賞》      リハビリテーション部 言語聴覚士  東(あずま) 泰裕
 このような賞をいただき大変光栄に感じております。2014年度から始まった回復期リハ病棟の摂食嚥下プロジェクトの中でSTセクションとしてどのように貢献できるかを具体的に示せたこと、そして評価をいただけたことが嬉しいです。今後も多職種連携の中で質の高いリハビリテーションを対象者の皆さんに提供していけるように精進いたします。今後ともよろしくお願いします。

せコム医療グループ合同研究発表会  金賞、銅賞を受賞

 

鶴巻温泉病院の長期計画2021-2030を作成しました

持続可能な進化する医療・介護の提供 「変化を進化に 進化を笑顔に」

Ⅰ. 患者さんに選ばれる病院(CS)(SDGs3、17)
  • 多機能を生かした入院支援(SDGs3、10)
  • DXを活用し進化する慢性期医療・看護・介護・リハビリテーションの提供(SDGs3、9)
  • 進化した新病院の建設(SDGs9、11)
Ⅱ. 職員が働き続けられる病院(ES) (SDGs3、8)
  • 職員のボトムアップ、スキルアップの推進・支援(SDGs4)
  • BCPが確立されており災害、緊急時に強い病院(SDGs8、9)
  • タスクシフティング、ストレスマネジメントを含めた働き方改革の推進で安定的な人材確保につなげる(SDGs4、8)
Ⅲ. 地域に貢献する慢性期多機能病院(SDGs3、11、17)
  • 疾病・介護予防から入院・在宅までシームレスなサービスを提供する。(SDGs3、11)
  • 本気で取り組むDX、IT化、業務改善(リモート診療、リモート連携会議、診療情報共有化、medical B.I.G. net®の活用等)(SDGs9)
  • きれいな水、再生エネルギー利用、フードロス対策の実行(SDGs6、7、12、14、15)
※SDGs: Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標

SDGs17の目標


鶴巻温泉病院 おかめ桜が開花

オカメ桜3月

オカメ桜3月

photo by t.iwama


  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院