menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311
SSDブログ

SSDブログをリニューアルしました。

サービスシステム開発室(SSD)からのお知らせ、退院患者さま・ご家族から寄せられたメッセージ、当院へのご意見とその対応などをブログ形式でお伝えしています。

ブログのタイトル画像は、大山の空の青さと秦野の八重桜のピンク、希望の虹をイメージしています。

過去のSSDブログ(2009年~2016年)


本当に良くしていただきました

2020.09.03

母が亡くなる最後の1ヶ月程お世話になりました。食事も治療もできない状態での入院生活だったこともあり、お世話してくださる方々のお名前や職種等はっきり覚える事もできずに過ぎてしまいました。リハビリの方には屋外へ連れ出していただいたり、ロビーでの音楽レクリエーションにベットで参加させていただいたり本当に良くしていただきました。そのこともあり娘が私に「お母さんも病気になったら鶴巻に入れてあげるね」と言ってくれています。

539729 (1).png

(2020年 ご退院・緩和ケア病棟

退院間近であれ程良くなった事に驚きました

2020.09.03

長い間大変良くしていただき本当にありがとうございました。退院間近であれ程良くなった事に驚きました。退院時に写真をくださった事、主人はとても喜んでおります。YさんとMさんと3人で撮った写真なのですが、見てはニコニコ思い出となっております。メール代筆してくださったNさんもありがとうございました。2階南病棟の皆様によろしくお伝えください。コロナの事もあり皆様大変ではございますが、どうぞお体ご自愛くださいませ。

1578415 (1).png

(2020年 ご退院・回復期リハビリテーション病棟

web面会をご活用ください

2020.08.18

面会制限が始まり6ヶ月が経過しました。少しでも心配を解消するために6月からはweb面会がスタートし、もうすぐ3ヶ月が経とうとしています。 今現在は月~金曜日の午後(平日に限る)、1日2病棟実施しております。病棟や療養棟によっては予約しにくい状態になってしまうこともあり、 ご迷惑おかけしているところもあります。申し訳ございません。

穏やかな25日間でした

2020.08.05

9ヶ月間がんで闘病しましたが再発が分かり主治医から緩和ケア病院を探すように指示されました。リハビリを受けてもう一度歩きたいという気持ちもあり鶴巻への入院を強く望み、介護や看護のサービスを受けながら自宅で入院の日を待ちました。そして希望通り最後の25日間、明るい病室で親切なスタッフの方々に囲まれて穏やかに過ごすことができました。看護師さんは、父とお見舞いに来た人との写真を撮り、病室の壁にいっぱい貼って下さいました。

毎日リハビリに励めました

2020.08.05

自宅から少し距離のある病院だったので、本人も家族もすぐに行くことができず初めは心配でしたが、入院したらスタッフの方がとても良い方ばかりで安心してお願いする事ができました。リハビリもきちんと毎日スケジュールを組んでしっかりと指導してくださり、毎日前を向いてリハビリに励めた様です。

室内換気に関するご意見

2020.07.10

以下のご意見につきまして、回答を掲示させていただきます。

<ご意見>室内の換気を、もう少しこまめにして頂けませんか?

結構居心地のいい入院生活でした

2020.07.06

T病院から転院して40日間の入院でしたが毎日が充実していたのであっという間に時がたったような気がします。主治医のH先生をはじめスタッフの皆様には大変お世話になりありがとうございました。入院して最初に驚いたことは入院に必要な備品が名前入りですべて揃ってたのに感動しました。

杖で歩けるようになるとは思いもよりませんでした

2020.07.06

2019年8月から2020年1月まで89歳の母が大変お世話になりました。脳梗塞による右麻痺で、右手と右足がほとんど動かない状態で転院してきました。自分の足で歩くことはもう無理かとあきらめていましたが、手も足も少しずつ動かせるようになり、本当にびっくりするほど回復しました。杖で歩けるようになるとは思いもよりませんでした。病院内のすべてのスタッフが明るく、どんな患者さんにも笑顔で接していらっしゃっるのを見ていつも心が温まる思いでした。

貴院で過ごした半年間、母は精一杯生きるために頑張ってくれました

2020.07.06

私の母はクモ膜下出血で倒れ、意識不明の状態が長く続いていました。急性期の治療を終え、療養型病院への転院をご紹介いただき貴院に入院させていただきました。貴院を選択させていただいたのは、何より一命を救っていただいたY病院と同系列の病院だったことが大きな理由です。なかなか意識レベルが回復せず、もう母とコミュニケーションをとることは難しいのではないかと諦めかけていたこともあります。

父の日のメッセージカードお届けいたしました

2020.06.26

6月21日(日)父の日に、ご家族からお預かりしたメッセージカードをお届けいたしました。

  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院