menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311
SSDブログ

入院中にいただいたアドバイスを思い出して乗り越えていきたいと思います

2020.06.08

母が入院中は多くのスタッフの方々にお世話になりました。様々な立場の方がチームで患者と家族を支えてくださったと思います。お陰で母は施設に入所し、自宅へ帰る一歩を踏み出すことができたのだと思います。鶴巻温泉病院を離れ不安なこともありますが、入院中にいただいたアドバイスを思い出して乗り越えていきたいと思います。今までありがとうございました。

458102 (1).png

(2019年 ご退院・障がい者・難病リハビリ病棟


いつまでも忘れません

2020.01.29

大変お世話になりました。2年半入院させていただいた間、いつでも皆様の良い笑顔で接していただき、また病室の入口には季節に応じて飾り物や年間を通して家族のようにお誕生日、お正月、クリスマス等いろいろとスタッフの皆様のお心遣いに嬉しく感動していました。


長きに渡って

2019.11.06

2014年5月30日から約5年間お世話になりました。その間、本人の兄(87~88歳)も約5ヶ月入院する事になり、私は伯父と実父の2人を2018年、2019年に看取ることになりました。伯父は5東、実父は2東他4病棟にお世話になり、多くのスタッフの方に助けていただきました。


感謝

2018.08.15

昨年12月に他界するまで長い間お世話になりました。H先生をはじめ、皆様に面倒を見ていただき、感謝しております。食べることが好きだった本人も、一時は食事ができるまでになったこと、大変喜んでおりました。また、日々皆様に面倒を見ていただいたことに感謝していることと思います。最期は苦しまずに生涯を終えたこと、家族一同安堵しております。皆様ほんとうにありがとうございました。

(2017年 12月ご退院・障がい者・難病リハビリ病棟


あっという間の10年

2018.07.05

スタッフの皆様お世話になりありがとうございました。T病院より転院後、不安を抱えながらもあっという間に10年が経ちました。その間、何度か体調を崩した際、皆様熱心に診察に当たってくださいました。母は旅立ちましたが、親孝行ができたのではと感謝しています。本当にありがとうございました。

(2018年 2月ご退院・障がい者・難病リハビリ病棟


生きる力をいただきました

2018.05.14

「梅の香りに誘われ杖の足軽く」・・・・(18年2月吉日) 
丁度、1年前の3月2日急性期の病院から貴院へ転院いたしました。重いギラン・バレーで自分では何もできない状態でした。丸9ヶ月の入院生活、退院して3ヶ月が経ち、今春の陽射しの中、杖で近所を散歩できる様になりました。主治医の先生始め、全てのスタッフの皆様のお陰と感謝の気持ちで一杯です。


最期の幸せな時を過ごせました

2017.08.18

images (1).jpgリハビリ、療養期と5年近くもお世話になりました。週1回程度しか通うことができませんでしたが、その度に心温まる対応をしていただき、いつも家族で鶴巻にして良かったねと言っていました。半年か1年位しかもたないと前病院で言われていましたが、ここでの入院生活があったからこそ永く生きられました。ありがとうございました。


安らかに逝くことができました

2017.07.10

リハビリ、療養期と5年近くもお世話になりました。週1回程度しか通うことができませんでしたが、その度に心温まる対応をしていただき、いつも家族で鶴巻にして良かったねと言っていました。半年か1年位しかもたないと前病院で言われていたのがここでの入院生活があったからこそ、永く生きられました。ありがとうございました。死の最期も深夜にも関わらず、先生始め看護師さんの対応も良く、安らかに逝くことができたと思います。後のご挨拶に伺った時もゆかりのあった先生や、看護師、理学療法士さんまで呼んでいただき、涙の出る思いでした。本当に色々とありがとうございました。本人はもちろん、家族にとっても幸せな時を過ごせました。

(2017年 2月ご退院・障がい者・難病リハビリ病棟


一生忘れない思い出です

2017.05.10

重症のギラン・バレーでこちらの病棟に転院してきました。手も足も動かず寝ているだけの状態でしたので、当日は不安で一杯でした。でも当日私に付いていてくれた看護師さん、とても良くしていただき、遅くまでベッドサイドで話をしてくれて励ましてくれたお陰で不安がなくなりました。後から聞いたらまだ21才、そんな若い子に私は元気づけられました。翌日からOT・PT・STさんのリハビリが始まり、皆さんとても素敵な人達でした。自分ではできなかった食事、トイレ、歩くことは一人でできるようになりました。絶望から助けてもらいました。当病院での10か月間一生忘れないでしょう、ありがとうございました。

(2017年 2月ご退院・障がい者・難病リハビリ病棟


退院時には嬉しさで涙がこぼれました

2017.04.10

hana255.jpg昨年7月、主人が脳梗塞で倒れ市民病院に入院。その後寝たきり状態で食事も経鼻栄養で鶴巻温泉病院へ入院しました。私も初めは不安でしたが、鼻の管も摂れ食事もやわらかな食事に変わり口から食べられる様になり、手足にも力がついてきました。3ヶ月目には、脳梗塞も改善されましたと言われた時は嬉しくて胸がいっぱいになり泣きました。これも先生を始めスタッフの皆様の親切で丁寧な対応のお陰です。


手厚いケアに心から感謝いたします

2017.02.20

hana256.JPG入院中は病院スタッフすべての皆様に大変お世話になり本当にありがとうございました。母が脳梗塞になり急性期の病院から、H病院に移りましたが、経験のある友人に相談し鶴巻温泉病院を教えてもらい、無事転院し1年7か月の入院を経て今年6月末に94歳で旅立ちました。

  • 1
  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院