スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

2016年6月

インターンシップ体験(2015年9月参加者より)

2016年6月

2階西病棟 市川 琴音(磐城共立高等看護学院:2016年3月卒業)

こんにちは。私は今年度より鶴巻温泉病院の特殊疾患病棟に配属が決まり、看護師として働いています。私がこの病院に就職を決めたきっかけは、専門三年次に鶴巻温泉病院のインターンシップに参加したことでした。

自分の働きたい病院を決めるのは、紙面上に書いてあることを読んで知るだけでは難しく、とても迷いました。しかし、自分の目でその病院の考え方や働いている方々、雰囲気を身体で感じることが必要だと思い、私はインターンシップに参加しました。スタッフの方々の温かな患者さんへのケアや病院が何を大切にして仕事しているかなど、鶴巻温泉病院の良さはインターンシップを通して沢山感じました。

就職を考えている病院のインターンシップに参加することは中々緊張しますし、勇気のいることだと思いますが、鶴巻温泉病院のスタッフはみなさん優しく、この病院について丁寧に教えてくれるので心配しないで下さい!ちょっと気になってると思っている学生さんもぜひ、鶴巻温泉病院に足を運んでみて下さい!

●インターンシップのご案内

インターンシップ体験(2015年8月参加者より)

2016年6月

3階東病棟 大川 もも子(秋田看護福祉大学:2016年3月卒業)

学生時代の実習で、慢性期の看護に興味を持ち、当院のインターンシップの参加を決めました。回復期病棟を見学しましたが、様々な職種のスタッフの方が連携し、患者様のケアを行っていました。雰囲気がとても暖かく、私も当院のスタッフの一員として、患者様とじっくり関わることのできる看護を行っていきたいと思い、入職を決めました。県外から1人での参加で不安もありましたが、スタッフの方が優しく接してくださり楽しく参加することができました。

現在は医療療養病棟で働いています。勉強の日々で、仕事を覚えることに精一杯ですが、優しく丁寧に指導してくださる先輩方に励まされながら毎日頑張っています。教育体制が整っており、約1か月間の集合研修を十分に行ってから病棟配属となったため、安心して働くことができています。患者様やご家族に少しでも安心して療養していただけるように、日々努力していきたいと思います。

●インターンシップのご案内

インターンシップ体験(2015年8月参加者より)

2016年6月

2階西病棟 川上 明日香 (東海大学医療技術短期大学:2016年3月卒業)

こんにちは。現在、私は特殊疾患病棟に配属となり、日々勉強しながら看護師として仕事に取り組んでいます。自分の知識不足を日々痛感しますが、その都度先輩方が優しく丁寧に指導してくださり、毎日楽しく仕事をすることができています。私が鶴巻温泉病院へ就職を決めたのは、インターンシップに参加しさまざまな体験をさせていただき、職員の皆さんの温かさに触れ、私もここで看護を行いたいと思ったからです。また就職してからも新人教育が手厚く、安心して患者さんにケアを行うことができています。こんなにも新人教育が手厚く、学生やインターンシップを受け入れる体制が整っていいるのは鶴巻温泉病院の職員の皆さんが温かいからだと思います。少しでも気になる方はぜひインターンシップに参加し、一緒に心温まる看護・介護を体験してみてください!!

●インターンシップのご案内

3階東病棟 入浴ケアに対する思い

2016年6月

今回は暑い季節がとてもよく似合う、若き入浴介助スタッフ2名が日頃の入浴ケアに対する思いを熱く語ってくれたので、紹介したいと思います。

患者様の感謝の言葉に...

私達入浴介助スタッフは、病棟の患者様に入浴を楽しんで頂けるように頑張ってます。入浴中に安心して過ごしてもらえるよう、常に患者様の体調に気配りし、声掛けを行っています。またスタッフ同士も声を掛け合い、患者様1人1人の特徴を共有しながら安全なケアを心掛けています。そして笑顔を大切にして明るい雰囲気作りも大切にしています。 患者様の「ありがとう」の感謝の言葉に、介助している私達が癒されることも多くとてもやり甲斐を感じています。

若き入浴介助の2人

(終了しました)7月22日(金)「一日看護体験」

2016年6月

多くの高校生の方にご参加いただき、ありがとうございました。


5月12日は「看護の日」です。日本看護協会では、看護週間を設定し、一般の方にも医療や看護に関心を持っていただくための事業を行っています。当院でもその一環として、「かながわ看護フェスティバル2016」に賛同し、高校生を対象とした『1日看護体験』を夏休みに実施いたします。ぜひ、この機会に一日看護師になってみませんか?

  • 開催日:平成28年7月22日(金)9時~16時
  • お問い合わせ TEL:0463-69-1233
  • 鶴巻温泉病院 看護部 八木・中之丸

2東病棟より・・・病棟科長ごあいさつ

2016年6月

はじめまして。障害者・難病リハビリ病棟科長の諸星 早苗です。今年の3月より2階東病棟の配属となりました。どうぞよろしくお願いします。今月は、病棟紹介と私の大切にしている「LOVE」についてお伝えしたいと思います。

障害者・難病リハビリ病棟は本館2階東側です。主に特定疾患に指定されている疾患や神経難病の患者さまの療養生活をサポートしています。また、地域・社会との連携として、レスパイト入院を積極的に受け入れ在宅療養サポートも行っている病棟です。患者さまのQOL向上に向け、多職種と連携を図りチーム医療を提供しています。

次に私が大切にしているLOVEについてお話します。私が大事にしていることは「患者・家族、スタッフへ愛をもって向き合うこと」です。そしてスタッフ一同、思いをひとつにし「尊重・信頼、愛あるケア」を提供しています!

大切にしたいこと

3階中央病棟  レクリエーションの取り組み

2016年6月

本年度、(看護部スタッフコラム)担当は介護福祉士の山崎・蛯名です。1年間、よろしくお願いいたします。

介護福祉士は、一人ひとりの心豊かな暮らしを支える専門職種です。

私たちは、入院生活となり今までの生活習慣とは異なる環境の中でも、好きな音楽やTVを鑑賞する、好きな時間にお茶を飲むなど、その人らしい生活が送れるように支援していきたいと考え、これまでレクリエーションの企画運営を行ってまいりました。

昨年度のレクリエーション

外出レクリエーション①

外出レクリエーション②

アニマルセラピー

園芸

本年度は、地域のボランティア(民謡)・(音楽鑑賞)の方々のご協力もいただき、年間の予定を組んでおります。

季節行事や外出、スタッフの趣味・特技を活用し、ご家族の皆様にも喜んでいただける企画・運営を行っていきます。

5階南病棟  はじめまして。5南へようこそ!!

2016年6月

ウェルカムボード

今年は新人職員2名(看護:1名、介護:1名)入職されました。新入職員を迎えるにあたり、病棟スタッフ全員で自己紹介ボード等を作成しました。新人に意気込みを聞いています

介護福祉士;市川さん

☆入職してからの意気込み
・学生と社会の違いを知ったこと
・まだまだ大人の世界に追い付いていくのには時間がかかる→失敗をおそれずチャレンジしていきたい。
・不安な気持ちもあるけど自信を持ちながら仕事したい。

看護師;田代さん

☆入職してからの意気込み
  鶴巻温泉病院に入職してから、1か月間研修がありました。病院の理念やチームワーク作り等を学び、病棟に行く前の準備を整えて、配属させて頂くことを出来ました。これまでと違い、社会人としての責任をしっかりと自覚し、医療技術や患者様とのコミュニケーションについて、色々と学んでいこうと思います。

2階南病棟 科長紹介

2016年6月

はじめまして。今年度より新しく2階南病棟のスタッフコラム担当となりました佐藤理恵子(看護師)と福士沙千代(介護福祉士)です。

これからスタッフコラムを通し、2階南病棟のスタッフ紹介や病棟の特性を紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

今月号では、4月から新体制となった2階南病棟の科長を紹介したいと思います。

加藤久美子科長

今年から2階南病棟に異動してきました。2階南病棟はSIMS(シームス)という鶴巻温泉病院看護部のオリジナル看護方式を導入して1年半が経過し、2人3脚の看護が定着しつつあります。そのため、あちこちで患者様の相談をしているのをよく見かけます。お互いを認め合う良い雰囲気が出来ていると感じました。

2階南病棟のミッションは「その人らしさに寄り添い、その人らしく生活できるよう在宅復帰の支援を行う」です。回復期病棟は在宅復帰が目的の1つですが、その人らしく生活できるよう、寄り添う看護を実践していきたいです。

加藤久美子科長

一致団結してより良い看護介護が出来るよう頑張っています!

4階西病棟 ~WELCOME~

2016年6月

4月に入職された新入職員2名(看護師1名、介護福祉士1名)が約1か月の集団研修を終えて、5月11日に病棟に配属されました。

4階西病棟では、WELCOMEボードを作成し、先輩達1人1人の簡単なプロフィールの書かれた紹介カードを掲載しました。

新人さんに、早く名前を覚えてもらうことと、コミュニケーションをとりやすくするように作成しました。

WELCOMEボード

新人さんに、インタビューをしました。

看護師の浜田花菜(はまだかな)さん。

出身は鹿児島県の奄美大島。好きな食べ物は、海老と肉、好きな物は、海と犬と猫、好きなことは、寝る事だそうです。

また、一言頂きました。「分からないことなど、沢山聞くと思いますが、一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします。」

続いて、介護福祉士の弘田広生(ひろたこうせい)さん。

出身は高知県。趣味は、映画鑑賞、野球観戦と野球をする事だそうです。一言もいただきました。「これから4階西病棟で、業務はもちろんのこと、患者さまの心に少しでも寄り添っていけるように声かけや、笑顔に重点をおいて頑張りたいと思います。」

これから大変な事がきっとあると思いますが、お互いに頑張っていきましょう。

2階西病棟 ~病棟科長紹介~

2016年6月

今年の3月より病棟科長が変わりました。
新しい科長より自己紹介のあいさつを頂きました。

相川科長

相川科長

ごあいさつ

平成28年3月より2階西病棟の責任者になりました。相川依子と申します。 2階西病棟は特殊疾患病棟です。そのビジョンは、「心に寄り添う看護・介護」です。 特殊疾患病棟は、脊髄損傷など重度障害により自身の意志で手足が動かせない方や、重度の意識障害により言葉で意思を伝えることが難しい方や、神経難病の方などを対象にしており、長期療養が必要な患者様が入院しております。

その人らしい生活を過ごしていただくために、患者様の「心の声を聴きたい」と願っています。

今年度は車椅子への離床だけでなく、ご希望に応じて院内の散歩や、院外への外出なども計画していきたいと考えております。

患者様の生活の質の向上を目指して、スタッフ一同「心に寄り添う看護・介護」を目指していきます。

スタッフより

体は小さいけれど、心は大きい科長。2西スタッフ一同、科長と一緒により良い病棟にしていきます。

3階西病棟 外出レクリエーション(近隣の桜を見に行こう!!)

2016年6月

3月30日に16名の患者様、御家族様が、付添いのもとに近隣の陣屋や駅前の桜を見に行きました。

陣屋や駅前の桜1

今年は開花が早かったものの、当日は1~2分咲き程度。

陣屋や駅前の桜2

場所によっては5分咲きの桜の木もありました。

患者様と家族様1

駅に近づくと春の花々が花壇や鉢に咲いていました。

患者様と家族様2

患者様やご家族様と密に関わる事で、今まで知らなかったことを聞くことができました。 桜の満開を見ることは叶いませんでしたが、「一年ぶりに母と一緒に外出ができて、本当に良かったです」「在宅退院前にいい練習ができました。また個別に外出がしたくなりました」などといった感想が聞かれました。

職員からも「ご家族様の車椅子介助が上手く驚いた」「今までに見たことがない満面の笑みが写真に撮れてよかった。」

普段病室だけの関わりではなく、外出することで新たな発見ができた外出企画となりました。

※患者様、ご家族様には写真公開の同意と許可を事前に得ております。

  • 1
鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る