スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

2015年11月

4階西病棟  ~秋のはじまり~

2015年11月

今年の夏も猛暑やスーパー台風など異常気象が連日続いていましたが、季節も変わり、過ごしやすい秋となりました。秋といえば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、そして鶴巻温泉病院では、秋のお祭りイベントとしてコスモス祭を9月26日(土)、27(日)に開催しました。4階西病棟では、26日にロビーでのコーラス鑑賞イベント、27日に本館1階にて綿菓子屋台の出店をしました。2日間の天候も良く、患者様の御家族や地域の方々、また職員やその家族も多く来院され、各病棟で賑わいを見せていました。

9月26日(土)4西ロビーでのコーラス鑑賞イベント

①コーラス鑑賞イベントの様子

①コーラス鑑賞イベントの様子

②コーラス鑑賞イベントの様子

②コーラス鑑賞イベントの様子

9月27日(日)本館1階にて4階西病棟では綿菓子屋台の出店をしましたよ。

綿菓子屋台の様子①

綿菓子屋台の様子①

綿菓子屋台の様子②

綿菓子屋台の様子②

昨年も4階西病棟では綿菓子出店をしましたが、今年も売り上げ好調で特にお子様に人気があり、約120個を売ることが出来ました。4階西病棟の患者様で屋台の食事を召し上がれる方は少ないですが、展示品の鑑賞や屋台を巡り、お祭りの雰囲気を楽しまれる様子が見られていました。また、来年も患者様やその家族と一緒に楽しめる企画を実施していきたいと思いますので楽しみにして下さいね。

2階南病棟 ~大切にしている看護観~

2015年11月

2階南病棟では平成26年11月よりパートナーシップ方式を取り入れ、二人三脚の看護を実践しています。※詳細は鶴巻温泉病院看護部、看護部紹介のホームページへ(><)/今回は、パートナーシップ方式に協働で取り組んでいる看護師の中根涼子係長、吉澤育央副主任、福川麻実副主任に大切にしている看護観を聞いたところ、真面目に語ってくれましたので紹介したいと思います。(^O^)/

新看護方式の検討

今、その時を大事にしたい

私の娘の夢はお医者さんか看護師さん。最近、看護師さんだけになりました。理由は、看護師さんの方が、お勉強以外もいろんな事を知っているし、何でもできるからだそうです。「看護師である前に人であれ」という言葉を大切にしてます。良い意味でも、悪い意味でも対象者に影響を与える存在が看護師です。対象者の今、その時を大事にするためには、その時に何を必要としているのかを感じ、気が付き、できることはその場でやる。看護として果たさなければいけない事たくさんあります。しかし、看護は一人ではできない、仲間がいてこそ、さまざまな視点の良い看護が提供できると思います。私のモットーは「何を知っているか」より「何ができるか」が大事であり、日々邁進していきたいと頑張ってます。

看護師 2階南病棟係長 中根涼子

患者様の身近な存在として

私達が勤める回復期リハビリテーション病棟は、病気によって失った機能、生活の再獲得をし、再び社会参加を目指す病棟です。罹患したことにより、本人はもとより御家族も様々な不安を抱えています。私達看護職は、看護という字が示す通り、目で看て手でケアを行い患者様の生活を護ることを使命としています。患者様、御家族との関わりの中で、不安が少しでも軽減し、再び社会参加を出来るように一緒に目指していける身近な存在としてあり続けたいと思っています。

看護師 2階南病棟副主任 吉澤育央

笑顔を大切にした看護

疾患の影響から、これまでの生活では当たり前のように行えていた日常生活の動作に対して、介助を必要とする患者様が多くいます。私は、日頃より患者様やご家族に笑顔で関わり、コミュニケーションやケアを行うことを心がけています。そして、患者様やご家族のこれまでの生活背景や思いを確認していきながら、今後の生活をチーム間で話し合い、看護へつなげることを大切にしています。患者様の苦痛や不安が少しでも軽減できるよう、「出来ること」を増やしていき、「介助が必要なこと」に関しては、どのようにすれば、患者様やご家族が望む生活に近づけられるかを一緒に考えながら、患者様やご家族が笑顔で生活していけるような看護をしていきたいと思います。

看護師 2階南病棟副主任 福川麻実

2南病棟では、パートナーシップ制度を導入していることによって、1人の患者様について、複数の視点で患者様の観察や看護を考え提供することができます。スタッフ全体で、患者・ご家族の生活のみならず、人生をつなぐサポートをし続けていきます。日々ペアで看護することは互いの良い看護がタイムリーに学べる環境です。パートナーシップに興味がある方は是非一緒に働きませんか?

回復期リハ病棟のケア:10項目宣言

2階西病棟 ~ふれあい会で小学生と交流~

2015年11月

10月7日に、毎年恒例のふれあい会がありました。今年も、小学校2年生が2階西病棟にきてくれました\(^o^)/小学生たちの歌とダンスはとても可愛くて癒されました(*^_^*)

小学生と一緒に貼り絵

小学生と一緒に貼り絵

患者さんとは、貼り絵を一緒にしてもらいました。小学生に人気の"ジバニャン"を皆で協力し完成することができました。↓↓

完成した貼り絵

完成した貼り絵

スタッフコメント

小学生から、患者さんへメダルのプレゼントもあり、メダルには小学生から一言メッセージが書かれていました。なかなか、小学生とふれあえる機会がないので、喜んでいる患者さんの笑顔、楽しんでくれている子供たちの笑顔が見れて良かったです。

4階東病棟  ハロウィンパーティー!!

2015年11月

皆様、お久しぶりです!4階東病棟です!晩秋の項、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

皆様、今年のハロウィンはどのように過ごされましたか?4階東病棟では10月31日にレクリエーションとしてハロウィンパーティーを行いました。病棟中を手作りハロウィングッズで飾り、スタッフがコスプレをして患者様と楽しみました。

患者様とスタッフ

患者様、スタッフ共々楽しんでいる様子です!

患者様の中にはハロウィンになじみのない方もおられたかもしれませんが、新たな体験と共にたくさんの笑顔が見られました!!患者様はもとより、我々スタッフも笑顔で楽しむことで病棟中が笑顔で溢れるよう、今後も務めていきたいと思います。

※患者様、ご家族様には写真公開の同意と許可を事前に得ております。

3階西病棟  家族への退院支援

2015年11月

(追記)2018年4月 「地域包括ケア病棟」開設しました。


3階西病棟は在宅復帰強化型病棟です。自宅退院を目指してる患者様・ご家族に対して、必要な医療行為や介助方法・リハビリ方法を指導しています。今回は、A様の奥様へ対する指導場面を紹介したいと思います。

指導は医療知識のないご家族でもわかりやすいように、病棟スタッフがオリジナルで作成したパンフレットを使用しました。パンフレットを用いて説明・見学・実施という流れで指導し、手技習得を目指します(^^♪

その間、指導を受けることで身体的に精神的に無理はされていないか、面会や生活に支障はないか、不安をつのらせていないかなども指導の中からスタッフが気づくように注意しています。

~オリジナルパンフレットの写真(一部)~

パンフレット①

パンフレット②

☆A様の奥様へインタビューをしました☆

Q.指導で一番大変だったことはありますか??

A. 最初は吸引が出来ている手ごたえがなく不安だった。病院だとすぐにスタッフへ質問ができるけど、自宅のことを想定したら不安に思いました。100%ではないけど、練習を重ねて手ごたえが出てきました。

Q.退院日までの意気込みはありますか?

A. 整った病院とは違う環境の自宅で診るのは、不安が多い。ただ、病院の天井ではなくて、見慣れた自宅の天井をみて安心してほしい。外泊で自宅に帰ってきた時の笑顔を見れたので、退院日まで頑張りたい。

A様の奥様とスタッフ

A 様の奥様の温かい強い気持ちの手助けができるように病棟スタッフもチーム一丸となり全面バックアップをしていきたいと思います!!

※ご家族様には写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階東病棟 おやつバイキング

2015年11月

おやつバイキング①

今年も年二回のおやつバイキングの日がやってきました。今回のメニューはチョコレートケーキ・季節の練り切り・コーヒーゼリー・おしるこ・手作りプリン・芋ようかん・アイスです。

ドリンクもソフトドリンク・炭酸飲料・コーヒー・紅茶・ノンアルコールビールなど種類豊富にし、ロビーにも花を飾り、喫茶店のような雰囲気にして楽しんでもらいました。やはり、おいしいものを食べるとみんな自然と笑顔になるのですね。みなさん普段なかなか食べることのできないおいしいおやつを食べて、満足されていた様子でした。

おやつバイキング②

  • 1
鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る