menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311
院長ブログ

院長ブログを開設いたしました

病院長 鈴木龍太

「院長通信」に掲載している患者さん・ご家族の方々・職員へのメッセージをブログ形式で毎月1回掲載いたします。医療機関の 皆様にも、「院長ブログ」を通して当院の取り組みをお伝えできればと思います。

病院長 鈴木龍太

院長ブログバックナンバー 目次はこちら


blog_21 患者さんの「笑顔」や「ありがとう」がわたしたちの力に

2011.05.10

鶴巻温泉病院では年に1回学術研究発表会を行います。
今年は3月6日に伊勢原市民文化会館で第22回の発表会を行いました。20題の演題が発表されましたがどれもすばらしいものでした。昨年から賞を出していますが今年受賞した発表を紹介します。


病院長賞:5階南病棟  齋藤拓、内田太一
「当病棟の汚物庫に於けるコーヒー豆による消臭効果の検証」

病棟ではオムツや排泄物の臭いが気になりますが、その臭いをコーヒーを淹れて残った豆を使って消臭できるかという研究です。
臭いのセンサーを導入して科学的に測定し、コーヒー豆440gを使用すると消臭効果が十分で、しかもコーヒーの臭いも気にならず理想的であると結論付けています。臭いという定量の難しい現象を科学的根拠を持って論じたことと、すぐに実行できること、さらに廃物利用で地球に優しいことが高得点の理由です。


coffee01.jpg

blog_20 新しく就職された皆さんおめでとうございます

2011.04.08

この度の東日本大震災により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、被害を受けられた皆さま、そのご家族に、心からお見舞いを申し上げます。

東日本大震災の被災者の皆様への義援金に関する報告です。鶴巻温泉病院職員からの義援金が総額67万600円となりました。これに今まで患者さま・ご家族から頂いた病院への寄附金から追加をしまして総額100万円とし、寄附を行うことに致しました。ご協力ありがとうございました。


鶴巻温泉病院に新しく就職された皆さんおめでとうございます。

大震災、原発事故とまだまだ日本の未来が見えていません。でも皆さんは新しい人生の一歩を踏み出しました。日本人は忍耐強さと団結力があり、世界でも尊敬を集めています。また緻密で真面目、周りを思いやる優しさがあることも自慢できます。その日本人の一員であることを自覚し、その気持ちを新しい職場で生かしてください。
 

20-1.jpgのサムネール画像

20-2.jpgのサムネール画像

「新卒入職者83名を前に祝辞を述べる荒井喜八郎理事長」(写真左)
「同じく新人の三家本洋子(みかもとようこ)副院長兼看護部長」(写真右)

患者さんから頂いた感謝の言葉を少し抜粋してみます。

blog_19 平成23年度「鶴巻温泉病院 方針と目標」を決めました

2011.03.09

方針「進化するスーパー鶴巻温泉病院」

スーパー鶴巻温泉病院とは
  • 患者さんに選ばれる病院
  • 職員が働いていることを自慢できる病院
  • 時代にあった慢性期病院として進化する病院

そのために次のことを目標に掲げます

1.患者さんのQOL向上

  • 良質の診療・リハビリ・ケアを受けることができる
  • 病院へお見舞いに来る回数・人数を増やす

2.職員のQOL向上

  • 就職したくなる病院にする
  • 対外的な認知度(ブランド力)を上げる

3.チーム医療の質的強化・推進

  • 慢性期医療協会の認定審査を受ける
  • お互いが良いコミュニケーションをとり、協力し、研鑽し合っている
  • 学会発表・論文発表を増やす

平成22年度の方針は「スーパー鶴巻温泉病院を実現しましょう」(院長通信2010年3月号)でした。


blog_18  病院の実力 2011 小田急ステッカー「夢」

2011.02.14

病院の実力 2011


jitsuryoku01.jpgのサムネール画像  2月10日発売の「病院の実力2011」(読売新聞社)に当院の紹介記事がでています。

タイトルは「充実のチーム医療により時代が求める慢性期医療を実現。進化するリハビリテーション病院 鶴巻温泉病院」となっています。(記事はPDFファイルでご覧いただけます)


162ページ以降には院長通信 2010年5月号で紹介した回復期リハビリテーション(リハ)病棟に関する全国統計が出ていますが、統計は2009年の統計なので少し古く、当院では現在206床(全国4番目)で、日曜も含めた365日リハを実施しています。回復期リハは脳卒中や大腿骨骨折などで発症または手術から2ヶ月以内の患者さんが入院できます。3-6ヶ月の入院中に集中的なリハを行い、自宅へ退院できるようにすることが目的です。

当院の回復期リハ病棟は規模の大きさ以外にも幾つかの特徴があります。

 

blog_17 明けましておめでとうございます

2011.01.07

2011年 第 1 号
明けましておめでとうございます。本年も院長ブログをよろしくお願いします。


nenga.jpg

~感謝の言葉~

最近、鶴巻温泉病院に届いた感謝の言葉を掲載します(個人情報等により一部改変しています)。


《昨年ご逝去された患者さまのご家族から》


 暑い夏も終わり、少しほっとして居ります。両親がお世話になりました。「鶴巻温泉病院」にはただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

 私自身持病があり、体調が優れない日々でしたが、病院へ行くと、父も母も医療・介護・食事・入浴と全て完璧になされていました。帰りの電車の中で感謝で胸がいっぱいになり何度涙をながしたか分かりません。

 本当に本当にありがとうございました。私の入院の際には「鶴巻温泉病院」にと家族に話しています。もう一度心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

blog_16 鶴巻着楽(つるまききらく)  ホスペックス2010

2010.12.07

bone01.gifのサムネール画像皆さん骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という病気を知っていらっしゃると思います。更年期以降の女性に多く、高齢になるほど骨が弱くなり、骨折し易くなる病気です。もちろん男性にも起こります。

宇宙ステーションに長期間滞在した宇宙パイロットを調べたところ骨密度が正常の20-30%に低下し、高齢女性と同じ程度になっていたそうです。これは宇宙に重力がなく骨に全く過重がかからないので骨がどんどん柔らかくなるためだそうです。

blog_15 鶴巻温泉病院賞   褥瘡:米国研修報告記

2010.11.16

2010年度上期 鶴巻温泉病院賞が決定しました

鶴巻温泉病院では本年度から病院賞を出すことになりました。
9月の院長通信でお伝えしましたが、お蔭様で大勢の推薦があり、その中には患者さんからの推薦もありました。以下の方々の受賞が決定しました。おめでとうございます。
これからも鶴巻温泉病院のために頑張っていただけたらと思います。
また今回受賞を逃した方々も次回のチャンスがありますのでまた推薦して下さい。

blog_14 秋桜祭(コスモス祭)  禁煙外来

2010.10.08

昭和歌謡好きの若者たち

 鶴巻温泉病院では9月の敬老の日にちなんで秋桜祭(コスモス祭)というイベントを実施しています。


sakuhin.jpg

<患者さんの作品>

患者さんが描いた絵や習字、手作りの作品、育てた花などを展示するとともに、和太鼓やハワイアン、マンドリンなどの演奏やダンスなどで患者さんに楽しんでもらおうという企画です。

それならよくあることと思われるかも知れません。

blog_13 5S活動を知っていますか?

2010.09.10

5S活動を知っていますか?

本年度は鶴巻温泉病院は「5S活動」を重点活動にしています。5S活動とは整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5個の頭文字のSを取ったものです。

  • 整理 - 必要な物と不要なものを分け、不要な物を捨てる
  • 整頓 - 必要な物がすぐに取り出せるよう、置き場所・置き方を決めて表示を確実におこなう
  • 清掃 - 掃除をしてゴミ・汚れのない綺麗な状態にすると同時に細部まで点検する
  • 清潔 - 整理・整頓・清掃を徹底して実行し、汚れのない綺麗な状態を維持する
  • 躾  - 決められたことを決められたとおりに実行できるよう、習慣づける

5s1.jpgのサムネール画像 「しつけ」といわれると「親でもないのに!」とか思うかも知れません。5Sのしつけは規則を守るという意味です。つまりコンプライアンス(法令や規則の遵守)です。この「しつけ」の良い例を示します。

 

blog_12 夢があるから、がんばれる。

2010.08.11

mago_edit.jpg夢があるから、がんばれる。
 

小田急線の戸袋に鶴巻温泉病院のステッカーが貼ってあったのをご存知でしょうか?左右から見ると違う絵柄になっているものです。


8月からそのステッカーが変わりました。各車両で小田原方面の前から2つ目の左側扉のガラスに直接貼ってあります。

 

鶴巻温泉病院に入院されている患者さん・ご家族・働いている職員の気持ちを表す言葉として「夢があるから、がんばれる。」という言葉を選びました。

闘病生活や介護、仕事も夢があるからがんばれるのではないでしょうか?

blog_11 病気の話 ~続きは「脳の病気シリーズ」を見てください~

2010.07.08

 先日巨人の木村コーチが くも膜下出血でなくなりました。


そのときインターネットで大勢の人が「くも膜下出血」を検索したそうです。それを聞いて、入院患者さんやご家族も病気のことをもっと知りたいと思っているのだろうと感じました。そこで私が以前一般の方が読んでも分かるように心掛けて書いた「病気の話」を当院のホームページに載せることにしました。


side_link1.jpgホームページを開いてみてください。左の列の「院長ブログ」の下に次のようなバナーがありますから、それをクリックすると読むことができます。職員の皆さんも是非読んでください。


現在は脳梗塞、くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤、脳出血、脳腫瘍、頭痛などがあります。 今回は脳出血の抜粋です。


nosyukke_pic1.gif脳出血 

 どんな病気

 ・・・・脳出血は脳内出血とくも膜下出血があります。・・・高血圧性脳出血は動脈硬化により脳の細い血管に変化が起こりそこから出血するものと考えられています。・・・

どんな症状 ?

脳出血は一般に頭痛と嘔吐で発症します。その他の症状は出血が起こった部位によって違います。ここでは急性期の症状を書きます


blog_10 ~鶴巻温泉病院で自慢できること 2~ 栄養科の取り組み

2010.06.02

4月の院長通信で職員の皆さんに「鶴巻温泉病院で自慢できること」を考えておいて下さいとお願いしました。そろそろ聞いてみようと思いますので宜しくお願いします。 

前々回は口腔ケアのお話をしましたが、まだまだ自慢できることがあります。今回もそれを紹介します。


鶴巻温泉病院では約半分の入院患者さんが口から食事が取れない状態です。そのような患者さんの多くは鼻から胃に入れた管(経鼻胃管)や、お腹から胃に穴をあけて管を通した胃蟒煤iいろう)から水分や液体の栄養剤を注入しています。

blog_9 ~病院の実力 「回復期リハビリ」 ~

2010.05.13

jituryoku01.jpg2010年5月2日日曜日の読売新聞の記事です。 病院の実力「回復期リハビリ」の神奈川編で、鶴巻温泉(病院)が1番上に載っています。


 鶴巻温泉病院の回復期リハ病棟は4病棟208床(近々206床に変更)で、全国で3番目の規模です。 回復期リハ病棟には脳卒中、骨折等で発症もしくは手術後2ヶ月以内の患者さんが入院してきます。


リハビリは最大1日9単位(1単位20分、最大3時間)まで保険診療で認められています。リハビリは患者さんとリハ療法士の1対1の作業ですから1日9単位を実施するのは大変です。

blog_8 ~働いていることが自慢できる病院~

2010.04.13

4月になりました。新年度の始まりで鶴巻温泉病院には69名の新社会人が入職されました。入職式で希望に燃えた瞳が頼もしかったです。

オリエンテーションでは以下のような宿題をだしました。 平成22年度鶴巻温泉病院の方針は「スーパー鶴巻温泉病院を実現しましょう」です。方針の二番目に「働いていることが自慢できる病院」という項目があります。皆さん一人ひとりが「鶴巻温泉病院で自慢できること」を言えるようにしておいて下さい。 というものです。これは新人ばかりでなく、全ての職員の人に対するお願いです。


「鶴巻温泉病院で自慢できること」で私が思いつくものがあります。

2月に鶴巻温泉病院 学術研究発表会がありました。ここで

院長賞以下6件の研究が賞をとりました。どれも当院の自慢になるような研究です。

そのうち「オキシドールを用いた口腔ケアの導入 ~客観的指標を用いた口腔内清潔度の変化~」3階南病棟 山本眞規子、松本吉成)について少しお話します。
オキシドールで口腔ケアを行うと舌苔が取れ、口臭が改善するという発表です。その成果を写真で示します。


blog_7 平成22年度 鶴巻温泉病院の方針・目標 院長 鈴木 龍太

2010.03.01

方針 「スーパー鶴巻温泉病院を実現しましょう」

  スーパー鶴巻温泉病院とは
  • 患者さんに選ばれる病院
  • 働いていることが自慢できる病院
  • コンプライアンスを守り、健全な経営をしている病院

そのために次のことを目標に掲げます

1.患者さんのQOL向上

  • 満足のいく診療・ケア・リハを受けることができる
  • 家族がよく会いに来てくれる
  • 医療者と良好なコミュニケーションがとれている

2.職員のQOL向上

  • 的確な評価とフィードバックができている
  • ボトムアップ、スキルアップの推進・援助ができている
  • 業務内容・人的環境の改善に取り組んでいる

3.チーム医療の質的強化・推進

  • それぞれの職種がプロとしての腕を磨いている
  • お互いが良いコミュニケーションをとり、協力し、研鑽し合っている
  • 多機能病棟を横断的に結びつけている
  • 地域への連携と貢献に取り組んでいる
  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院