menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311
SSDブログ

SSDブログをリニューアルしました。

サービスシステム開発室(SSD)からのお知らせ、退院患者さま・ご家族から寄せられたメッセージ、当院へのご意見とその対応などをブログ形式でお伝えしています。

ブログのタイトル画像は、大山の空の青さと秦野の八重桜のピンク、希望の虹をイメージしています。

過去のSSDブログ(2009年~2016年)



たくさんの方を笑顔に

2019.10.04

入院中は大変お世話になりまして誠にありがとうございました。声も出ず、経管栄養であった父が随分とわがままを言っていたと思いますが粘り強くリハビリをしていただいたおかげで退院時には、普通食をゆっくり取ることができ、声もしっかりとして意思疎通が容易になりました。


最後まで私たちは一緒でした・・・

2019.10.04

主人は最後まで自宅でと希望しており、私もできるだけのことはやってきましたが、痛み止めが効かなくなり、歩行器を使って夜中に何度か家の中の段差でつまづいたのをきっかけに、緩和ケア病棟のある病院3ヶ所を見学に行き、こちらにお世話になることを決めました。


強い気持ち

2019.10.04

どの方々も患者を助けるという強い気を持っていられ、どの先生も看護師さんも皆、親切で質の高い治療をしてくださったと思っています。大変、感謝しております。(患者さまより) 


退院患者さま・ご家族からのメッセージ「ありがとう」

2019.09.06

ブログ「ありがとう」では、退院された患者さま及びご家族から、当院に寄せられたメッセージをご紹介させていただきます。病棟名をクリックしていただくと病棟別の退院患者さまメッセージをお読みいただけます。

室長 遠藤玲子

サービスシステム開発室 室長 遠藤玲子


一生忘れません

2019.09.06

緩和ケア病棟に母が亡くなるまで、短い期間でしたが2週間お世話になりました。入院までの間も、先生に何回か相談にのっていただき、親身になってアドバイスをしていただきました。入院直後、家に帰ると言って荷物をまとめ始めたときはご迷惑をおかけしました。だんだんと母の心が穏やかになり、看護師さん達と楽しくしている姿を見て、この病院に入院して本当に良かったと思いました。


奇跡

2019.09.06

入院中は大変お世話になりました。患者の家族のものです。本人は、脳梗塞のリハビリのため、2019年1月から7月までお世話になりました。ついこの間まで当たり前に動いていた左手や足が動かず、どうなるのかと不安を抱えながらのリハビリでした。こちらに入院した直後は、自分で車椅子に移乗もできない状態でしたが、入院後すぐにリハビリが始まり、トイレに自分で行けるようになり、車椅子に移乗できるようになり、補助器具をつけて自分で歩けるようにまでなりました。


寄り添って

2019.09.06

圧迫骨折をして急性期医療病院へ2週間入院し治療していただきましたが、すっかり心身共に弱り歩行が困難となってしまいました。本人の希望もあり回復期リハビリセンター鶴巻温泉病院へと転院し、期待を胸に入院させていただきました。入院当初は食事も満足に取れず低栄養で床ずれ(褥瘡)になる程でした。


SSDからのお知らせ

2019.08.23
00416376.jpgのサムネール画像

サービスシステム開発室(SSD)からの様々な「お知らせ」をブログ形式でお届けします。

ブログのタイトル画像は、大山の空の青さと秦野の八重桜のピンク、希望の虹をイメージしています。

サービスシステム開発室


夏祭り 

2019.08.19

8月15日(木)に3階西病棟にて夏祭りが行われました。

祭り1.jpg


誕生日会の色紙

2019.07.24

15日間という短い期間でしたが、父が大変お世話になりありがとうございました。毎日見舞いに行く中で印象的だったのは、帰り際に医師も看護師の方々も、「お気をつけて」と言ってくださるところでした。家族の気持ちを察して気遣ってくださることはとても嬉しいとともに、穏やかな気持ちになりました。

                                                                                       


活気にあふれる病院

2019.07.24

倒れた時は、どうなるかと思いました。H病院の紹介で貴院にお世話になり(6ヶ月間)あれほどまでに回復するとは、思っておりませんでした。本人の努力はもちろんの事、スタッフの方々のおかげが大きいと思っております。感謝しております。


いつの日か...

2019.07.24

主人が脳出血で倒れ、4ケ月間お世話になりました。その間、大勢のスタッフの方々にささえられ、助けられていることを実感いたしました。おかげさまで退院後は私の介助と杖を使って生活ができるようになり、感謝の気持ちでいっぱいです。いつの日か、鶴巻温泉病院での生活をなつかしく思い出し、笑い話になっていることでしょう。ありがとうございました。370831.png

(2019年 ご退院・回復期リハビリテーション病棟


助けてもらった命大切にします

2019.06.18

毎日きれいな音楽が流れていて癒されました。特にアヴェ・マリア、歌の翼になど大好きなのでリラックスできました。時々、小鳥の声のする音楽も流れてきたのが良かったです。先生は9:30頃診に来てくださり、私の様子を聞くと手でOKサインをして今日もリハビリ頑張ってくださいと励ましてくださいました。気楽にお話もでき、私が、「旅行に行った夢を見ました」と言ったら「必ずまた行ける様になるから」と言われ、その時はとても嬉しかったです。


父が大好きだった病院

2019.06.18

昨年、父が2度の入院で大変お世話になりました。初めの貴院の印象はスタッフの皆さまが活気にあふれ、生き生きとお仕事をされている様子が好ましく思いました。歌を歌うのが大好きな父は、午後のイベントには車椅子で参加し、楽しませていただいたと思います。患者や家族に寄り添う医療体制とチーム医療がしっかりできていると感じました。


10年間ありがとうございます

2019.06.16

6月7日(金)に当院に来てくださっているボランティアNさんの永年表彰がありました。

1.png

Nさんは現在週3回病棟ボランティアとして来院され、患者さまとお話を交えながら一緒に折り紙などで飾りを作り、色とりどりの作品で病棟を明るくしてしてくださっています。

なんと今年、10年目を迎えました!本当にありがとうございます。

2.png

どちらの病棟も素敵な飾りつけです。

3.png

次回7月はどんな飾りつけになるのでしょう?

とても楽しみですね。

Nさん、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m

  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院