menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311
院長ブログ

院長ブログを開設いたしました

病院長 鈴木龍太

「院長通信」に掲載している患者さん・ご家族の方々・職員へのメッセージをブログ形式で毎月1回掲載いたします。医療機関の 皆様にも、「院長ブログ」を通して当院の取り組みをお伝えできればと思います。

病院長 鈴木龍太

院長ブログバックナンバー 目次はこちら


blog_96 1. 認知症ケア新聞 2.係長会園芸部 3.ゆるキャラGP 4.ベビーランドつるまき

2017.08.29

今月号の目次

image2971.png

絵本「おつるさんがいく」


blog_95 1. 吸引行為研修 2.ご寄附 3.病病連携の会 4.骨粗鬆症の話

2017.07.14

今月号の目次

reha04.JPG


blog_94 1. 新年度全体集会 病院賞 2.ジュウマンブンノイチさんへ感謝状

2017.06.24

今月号の目次

平成28年度病院賞表彰
病院賞受賞者


blog_93 1. 鶴巻温泉春まつり 2.臨床指標(QI ) 3.面会者用トイレ

2017.05.20

今月号の目次

鶴巻温泉春まつり
鶴巻温泉春まつり


blog_92 1. 新人53名が入職 2.自助具コンペ 3.病院賞・CS賞推薦

2017.04.15

今月号の目次

1.新人53名が入職しました

 4月3日にセコム提携病院である、鶴巻温泉病院、横浜新緑総合病院、西横浜国際総合病院合同で新人入職式をおこないました。鶴巻温泉病院には53名の入職者がありました。博萌会(西横浜国際総合病院)の高木啓吾理事長からは「きずな」の大切さ、セコム医療システム株式会社の小松 淳社長からは「自分のことは自分で責任を持つ」ことが大切とのお話を頂きました。私も「患者さまからありがとうと言われると、辛くても続けていける」という話をしました。

小松社長
セコム医療システム株式会社 小松 淳社長

新人入職式1

新人入職式2

 4月6日に一人一人に辞令を渡しましたが、名前を呼んでみると、ご両親が一生懸命考えた名前だなと思え、ご両親の愛情をひしひしと感じました。学校での勉強や難しい試験を乗り越えて、希望に燃えている若者たちを預かる責任を感じます。職員一同、心を新たにして、新人と共に鶴巻温泉病院を発展させて欲しいと思いました。

辞令交付
辞令交付式


2.自助具(じじょぐ)コンペティション

 リハビリテーション部TsuruTools係りです。私達は患者様の「したい」を「できる」に変えていくために、自助具を製作し、生活への導入を促進する活動をしています。

 リハスタッフが作成した自助具の中から年間最優秀賞を選出する「自助具コンペティション」を開催し、5回目となる今回は、院内全体へ情報発信する形式で3/6~3/17までの約2週間、本館1階売店前にて実施しました。
 目的は患者様・ご家族、院内職員へ自助具について知って頂くこと、また患者様にとって必要性の高い自助具の情報収集のために投票形式としました。
 投票数は52票、患者様・ご家族をはじめ多くの方にご協力頂きました。

自助具(じじょぐ)コンペティション表彰式
自助具コンペティション表彰式


結果は1位「カーテン閉めルンです」、2位「テノデーシス箸」(※)、3位「Kakato in Bera」でした。
(※)日本作業療法士協会の紹介自助具を頸髄損傷者へ提供したものです。

 投票結果から「いかに患者様の生活の質を向上するか」という視点のもと、対象者が目的とする生活動作の獲得に繋がる自助具のニードが高いことが分かりました。今後も患者様に有用性の高い自助具について 情報発信していけるよう活動して参ります。

1位「カーテン閉めルンです」

1位「カーテン閉めルンです」


2位「テノデーシス箸」(※)

2位「テノデーシス箸」


3位「Kakato in Bera」

自助具(じじょぐ)コンペティション表彰式


リハビリテーション部公式Facebook ページでも自助具コンペティションについてご紹介しています。

3.病院賞推薦 CS賞推薦 4月28日が締め切りです。

 鶴巻温泉病院では毎年6月に病院賞を表彰しています。平成28年度中の業績で鶴巻温泉病院の質・知名度の向上、運営等に功績のあった個人もしくは団体を表彰します。

 自薦、他薦を問いません。今年も公募を開始しましたので、奮って応募してください。職員の方は職員表彰用紙(回覧板で配信します)に記入して院長室まで。患者さま・ご家族は個人名(団体名)、対象となる業績を記入してご意見箱に入れてください。

 CS賞は顧客満足度賞です。患者様から表彰したい個人名を頂いて、投票数の高い人を表彰しています。推薦された人全員にオリジナル図書カードを配っています。

オリジナル図書カード
オリジナル図書カード


blog_91 1. 栗栖名誉院長 お誕生日 2.学術研究発表 3.ロボットと共存する未来の医療と介護

2017.03.01

今月号の目次

1.栗栖明 名誉院長が95才の誕生日を迎えられました。

 栗栖先生は科学技術庁放射線医学総合研究所を退職後、1983年から1996年までの13年間鶴巻温泉病院の院長として病院運営にあたり、その後ライフプラザ鶴巻施設長、再度鶴巻温泉病院院長を経て、2008年からあじさいの丘施設長に就任、同時に鶴巻ホームケアクリニック院長として外来、訪問診療を通して地域の医療・看護・介護を支えてこられました。

 2017年2月8日に95才の誕生日をお迎えになりました。皆さんへのメッセージとして、座右の銘をお聞きしたところ、以下のような言葉を頂きました。

 「今までの人生において、全ての人に世話になってきたので、人のために尽くすのは当たり前」

 栗栖先生らしい、素敵な言葉です。

栗栖名誉院長
あじさいの丘スタッフと


2.第28回 鶴巻温泉病院 学術研究発表会

 恒例の院内学術研究発表会が2017年2月19日(日) 伊勢原市民文化会館小ホールで開催されました。皆さんが真剣に研究に取り組んだ成果を発表しました。発表のテーマもこれからの病院に役に立つものが多く、また発表の仕方や、話し方も洗練され、大いに進歩した研究発表会でした。

第28回 鶴巻温泉病院  学術研究発表会
学術研究発表会 発表者一同


特別賞

  • 看護部 長家 柚香
    「看取りに間に合う事への緩和ケア病棟看護師の思い ~インタビューで語り、明らかになること~」
  • 看護部 篠原 雅代
    「当院で働く介護福祉士の職業的アイデンティティ ~キャリア形成理論から~」
  • ライフプラザ鶴巻 食事サービスグループ 野寺 淳
    「当施設におけるBSC導入の取り組み ~「日本一の介護老人保健施設」を目指して~」

教育研修推進委員会賞

  • 栄養科 三橋 直樹
    「当院におけるとろみ栄養剤による自然落下法の有用性の検証」
  • 経管栄養の時間を短縮できる方法の有用性の検討です。

当院におけるとろみ栄養剤による自然落下法の有用性の検証
↑スライド拡大


鶴巻温泉病院院長賞

  • 看護部 米村 瞳
    「非経口摂取患者に対する唾液腺マッサージの効果」 
  • 誤嚥性肺炎予防に唾液が重要と考え、唾液分泌を促進するため唾液腺マッサージの効果を検討したもの

非経口摂取患者に対する唾液腺マッサージの効果
↑スライド拡大


3.ロボットと共存する未来の医療と介護

 2017年2月4日 湘南西部病院協会主催で講演会「革新的サイバニックシステムによる医療と介護の未来」を開催しました。

 鶴巻温泉病院で導入しているHAL®(Hybrid Assistive Limb®)の開発者である、山海嘉之先生(内閣府ImPACT革新的研究開発推進プログラム プログラムマネージャー、筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授、筑波大学 サイバニクス研究センター センター長、CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO)に上記の題で講演していただきました。

 アトムのように人間の友達になれるロボットを作り出すためには、作り出す人間の良心が影響するということ。ロボットやAIは人間と上手に共存することが大切だということを気づかせてくださる、非常に有意義な時間でした。

山海嘉之先生(前列左から二人目)
山海嘉之先生(前列左から二人目)

blog_90 1. 鶴のまきちゃん体操 2.足湯 3.かぐや姫 4.スタッフ相談室

2017.02.20

今月号の目次

1.鶴のまきちゃん体操を公開♪

 1月の院長通信でお伝えした「鶴のまきちゃん体操」を当院のホームページとリハビリテーション部Facebook ページにアップしました。体操は結構難しくて、認知症予防のコグニサイズになっています。まきちゃんを見ているだけでもキュートで楽しくなります。皆さんも是非見て、覚えて下さい。

maki_y.png

  • 制作:リハビリテーション部
  • 担当窓口:係長 石原拓郎 (理学療法士)
  • 作詞 : 山岡由紀,栗田このみ,吉原愛 (音楽療法士)
  • 作曲 : 山岡由紀 (音楽療法士)
  • 振付 : 副主任 山崎祐子,本田文恵 (理学療法士)
  • センター : 鶴のまきちゃん(公認ゆるキャラ)

《制作にあたって》
 鶴のまきちゃん体操は、年齢・性別を問わずに楽しく体を動かせるようにと考えて作成しました。おおよそ2分の体操の中に、体をほぐしながら、少し息が上がるような運動を盛り込んでいます。さらに手を交互に前に出す動作は頭を使いながら体を動かすので、体だけでなく頭も活性化されます。今後も実施される方のお体の状態に合わせながら、鶴のまきちゃん体操をさらに発展させていきたいと考えています。

 地域の予防事業やお祭りなど、様々な場面で活用することも考えておりますので、ぜひ皆さんも一緒に覚えて下さい。

リハビリテーション部 石原

CreatedQRCode.png

2.足湯にあるこの道具は何ですか?

 車椅子の患者さまのご家族から、足湯が使用できないとのご意見をいただき、足型のバケツ(写真)をご用意いたしました。ピンクのバケツにお湯を入れて、足湯の外に置いてお使い下さい。

blog_89 1. 永年勤続表彰 2.鶴巻温泉病院の目標 3. あかりの夜

2017.01.17

今月号の目次

新年あけましておめでとうございます

三之宮 比々多神社にお参りをしてきました。
左から小澤美紀看護部長、鈴木龍太院長、白井順次郎事務長

IMG_3094 _tri.JPG

1.永年勤続表彰

 昨年末に20年勤続7名と10年勤続23名の方々を表彰いたしました。

 永年勤続で表彰された皆さん  ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。10年20年と鶴巻温泉病院に勤めて下さっている皆さんが、今の鶴巻温泉病院を作っているのです。つまり鶴巻温泉病院そのものです。私たち含め、ここにいる職員みんなで働き続けていける病院を作り上げていきましょう。これからもますます病院を愛してください。お願いします。

einen-1.jpg

einen-2.jpg

einen_syuugou.JPG

2.平成29年度 鶴巻温泉病院の目標が決まりました。

目標  患者さま、ご家族、地域の人々、職員から「信頼と安心の存在」と認めていただける病院

blog_88 1. 忘年会|鶴のまきちゃん体操 2.花壇 3. お見舞いの注意

2016.12.24

今月号の目次

1.忘年会|鶴のまきちゃん体操

 12月13日に鶴巻温泉病院の忘年会がありました。司会は4西病棟 看護師の濱田絢也さんと4東病棟 介護福祉士の菊池薫さんの若いコンビでした。幹事の方たちもご苦労様でした。


DSC_2031.JPG

今年は以下のような話をしました。

 今年は、英国国民投票でのEU離脱、米国トランプ大統領の当選等、世界が思いがけない変化を求めていることが示された年でした。私のモットーは「変化を進化に 進化を笑顔に」ですが、変化は想像を超えるダイナミックさで襲ってきます。鶴巻温泉病院も今までにない変化に翻弄されています。この変化をまさに教訓として、職員の力で確固たる未来を作って行きたいと思っています。よろしくお願いします。

 余興も盛り上がりましたが、この度 新たに「鶴のまきちゃん体操」がお披露目されました。現在、「鶴のまきちゃん体操」動画を制作中です。ホームページに載せますので楽しみにしていてください。一度聴いたら、ついつい口ずさんでしまう、楽しいものです。


鶴のまきちゃん体操

      作詞 : 山岡由紀,栗田このみ,吉原愛 (音楽療法士)
      作曲 : 山岡由紀 (音楽療法士)
      振付 : 本田文恵,山崎祐子(理学療法士)
      サポーター:総務課職員、リハビリテーション部 池田裕係長・石原拓郎係長、上野小百合副主任
makikashi.jpg

クリックで歌詞が拡大します↑



元気にキュウ キュウ~♪



リハ部 木村達部長は ラジオ体操?(笑)


2.南館に花壇ができました。

 南館の玄関部分の歩道を広くしました。そこに花壇を作りました。職員のお父様の島津勝吾様が設計、指導をして下さり、職員が植えました。

 また今秋からは野中義哲総務課長の発案で、病院周囲の朝の掃除も始まっています。


南館前の花壇



掃除中の市川まり子さん と稲垣有起総務係長



野中義哲総務課長


3.お見舞いの注意|インフルエンザの季節になりました。

2.png

 インフルエンザはワクチンを打っても罹るそうです。その場合は熱はあまり高く出ないので、注意が必要です。病院では体力や免疫力が低下している患者さまが入院していますので、お見舞いの際は以下の点に注意をお願いします。


      ①お子様のお見舞いは極力避けてください。特に流行期にはお断りすることもございます。
      ②マスクを必ず着用してください。流行期は病棟に無料のマスクを用意してあります。
      ③病院に入ったらアルコール液で手を消毒してください。
1.png

 狭い部屋で病状の説明するときには患者さん、ご家族への感染防止のため、マスク着用のままお話することがありますので、ご了承ください。

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎にも注意が必要です。嘔吐物には直接触れないでください。すぐに感染します。


blog_87 1. 褒め合うこと、笑うこと 2.白鳥さま 3.ふれあい会 4.増渕室長 5.表彰式

2016.11.26

今月号の目次

1.褒め合うこと、笑うことで脳からドーパミンがでて、脳が活性化されます。

 先日学会で認知症医療の専門家である群馬大学名誉教授 山口晴保先生の講演を聴く機会がありました。認知症の人に対する5原則を教わりました。

 1.快刺激 2.褒め合い 3.コミュニケーション 4.役割を作る 5.失敗を防ぐ支援 だそうです。

 特に褒め合って、快い刺激を受け、笑顔になると脳からドーパミンがでて、脳が活性化されるそうです。8月号の院長通信ではコーチングの項目で褒める練習の効果の話をしましたが、認知症予防でも褒め合うことが大切だそうです。

 まず隣にいる人同志で何も考えずに「あなたが居てくれて嬉しいです」と言ってみましょう。必ず笑顔になって、脳にドーパミンがあふれます。


2.緩和ケア病棟に入院されている白鳥誠一さま(93才)からお手紙を頂きました

 93才ですが、かくしゃくとされていて、人を気遣い、まさに自分に勝っている素晴らしい方です。一部分抜粋します。

白鳥誠一さまからのお手紙
 健常者と障碍者、治療される側と治療する側などに、隙間がある事は当然ですが、その隙間を埋める方々に、患者と接触の多い看護師さんや介護士さん・リハビリ担当・お薬担当・栄養士さんなどがあって、病院生活の質を高めていくと愚考している次第です。ここでの1ヶ月余りの院内生活を通じて、N先生をはじめチームの皆様から痛みや悩みを共有してくださる家族的な扱いを受けて「いつもありがとうございます」の100点満点で感謝しています。

白鳥様

白鳥 誠一さまと


3.ふれあい会 ~子供たちとの交流~

 2016年10月5日 鶴巻温泉病院に小さな子供たちのにぎやかな声があふれました。看護部係長会が主催している「ふれあい会」(統括 鈴木龍司)に来てくれた子供たちです。 ※子供さんのお写真はホームページには掲載いたしません。

ふれあい会リーダー 介護福祉士 杉本亘哉より
 患者さまに子供とふれあう機会を創りたいという思いで「ふれあい会」が発足し、18年目となります。今年度は患者さま100名、鶴巻小学校の生徒150名の参加となりました。
 生徒のダンスや歌を鑑賞し、貼り絵・手遊び等で多いに盛り上がりを見せました。今後も生徒とふれあう機会を通じて、患者さまに喜んでいただける会を開催してまいります。

ふれあい会イメージ


4.安全管理対策室 増渕優子室長 ありがとうございました。

 4年半の間鶴巻温泉病院の安全管理対策室長として、病院を守り、患者さま・ご家族の相談やご意見を聴き、職員の相談も受けてくださった、増渕室長が定年を迎えました。鶴のまきちゃんの衣装も作ってくださっていました。先日壮行会がありましたが、増渕室長の「とんぼ♪」は絶品で、聞いている人も歌っている人もストレスが抜けてすっきりするというエンターテイメントとして、確立されたものでした。後任は前田 直美室長になります。

「退職のご挨拶」 増渕 優子

 入職してから11年が経過しました。この間に、病棟科長、教育担当科長、安全管理対策室室長、相談窓口を担当しました。役割を進める中では、楽しい時、辛くて逃げ出したい時もありました。いつも、周りの方々に支えていただいたおかげで、今ここに、定年退職を迎えることが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。お世話になりました。

増渕室長と鶴のまきちゃん


5.平成28年度 秦野・伊勢原地区保健衛生関係表彰式

 11月10日 保健衛生の向上に永年尽力した功績を顕彰する「保健衛生関係表彰式」が行われ、放射線科 診療放射線技師 永野俊樹さんが表彰されました。おめでとうございます。

「感謝の言葉」 永野 俊樹

 まず、これまで同一の病院で23年間務めることが出来た事を感謝いたします。そして此の度、病院の推薦により、このような賞をいただけたことを本当に有り難く思っています。これからも放射線技師として患者さまの一助になることを念頭におき、仕事に精進したいと思います。

blog_86 1. 自分に勝つ 2.コスモス祭 3.RUN伴参加 4.防犯体制

2016.10.19

今月号の目次

1.自分に勝つ

 先日回復期を退院される患者さまとお話しました。91才の女性で脳卒中で回復期リハに約4か月入院されていたそうです。当院に転院されたときはほぼ全介助だったそうですが、退院時には驚くほど改善し、歩行も軽介助ででき、お話もしっかりされていました。

 リハビリは大変でしたか?と質問すると、「大変でしたけど、自分に勝つことが必要」とおっしゃられました。91才の心意気に大変感動し、また勉強になりました。

南館ロビー 長嶋茂雄巨人終身名誉監督の色紙 「勝」

自分に勝つ

2.コスモス祭

 日増しに秋の深まる季節となりました。今年で5回目を迎えたコスモス祭も患者さま、ご家族や地域の方々に好評を頂き、無事に終えることができました。

 来場の方々から"スタッフの方々のパワーを感じました""家族全員で楽しみました"など、スタッフの「おもてなし」精神が実を結ぶご意見を頂くことができました。また、ボランティアでお祭りを支えてくれた約100名の職員の皆さまにも感謝します。

コスモス祭 実行委員長 森 睦子


実行委員による開催式

開催式P9250640.JPG

J:COMチャンネルの 「デイリーニュース」で放映されました

J:COMチャンネルの「デイリーニュース」で放映されました

セラピードッグのヒメちゃん モモちゃんもお手伝い

セラピードック

3.RUN伴(とも)参加しました!

 9月22日(祝)、台風接近の中、ランナー・応援団 総勢40名余りでRUN伴に参加しました。当日はあいにくの雨により、認知症当事者の方の参加は少数でしたが、地域の方々と共に看護部の科長・係長が平塚駅~大磯までオレンジの襷を無事、繋ぎました。

 また、走行後は中継地点の施設利用者さん、職員さんから手厚いおもてなしを受け、地域との繋がりを感じる素敵なひと時でした。看護部では今後も参加します。ご興味のある方はぜひ、ご一緒に!

ラン伴

ラン伴

ラン伴

4.防犯体制強化

 当院では防犯カメラを40台設置し常時稼働しております。本館東口からの入館制限をし、面会バッジをつけていない方にはお声掛けをして防犯に努めております。何卒ご面会の皆様には面会簿にご記入の上、面会バッジの着用のご協力をお願い致します。


面会

blog_85 1. 接遇コンテスト 2.ご寄附 3.スマホでも見やすく 4.RUN伴

2016.09.16

今月号の目次

1.接遇コンテスト結果

 鶴巻温泉病院では、院内接遇向上の一環として、毎年「接遇標語コンテスト」を開催しています。職員から接遇への想いを綴った接遇標語を募集しました。

 今年は44作品の応募があり、12作品が選ばれ、9月から一年間、毎月1作品ずつ掲示を行い、毎朝朝礼で唱和を行うなど、院内全体として接遇向上に努めています。
 今年の最優秀作品は「相手を思いやる心は、あなたの接し方で自然と伝わると思うから」という意図で作成されました。

接遇コンテスト結果↓クリックで拡大↓

接遇標語コンテスト結果2016.png

↓SSD遠藤室長、最優秀賞 皆川一彦さん、鈴木院長

SSD遠藤室長、最優秀賞 皆川一彦さん、鈴木院長

2.ご寄附のお願い

 当院では、皆様からのご寄附をお受けしております。頂いた寄附金は患者さまの役立つものに使わせていただいています。この2年間で計280万円のご寄附を頂き、サイボーグ型ロボットHAL®の 装着時に使用してリハ訓練するためのモニターやカラオケの器械を購入しました。また、南館3階のコミュティースペースの改修も行いました。

 ご寄附の受け付けは本館受付のSSD (サービスシステム開発室) か、各病棟科長にお申し出ください。皆様からのご寄附をお待ちしております。

↓HAL® 装着時に使用するモニター

01.jpg

↓カラオケ器械

02.jpg

↓新しくなった3階コミュニティスペース

03.jpg

3.鶴巻温泉病院のHPがスマートフォンでも見やすくなりました。

 毎月15000人以上の方が、鶴巻温泉病院のHPを見て下さっていますが、最近ではスマートフォンで見る方が増えてきました。字を大きくして、縦にスライドできるようにして、スマートフォンでも見やすくできるよう(レスポンシブデザイン)にしましたので、スマートフォンでも一度見てください。

 HPでは、この院長通信を「院長ブログ」として掲載していますし、「病気の話」では脳の病気を分かりやすく解説しています。脳出血や子供の頭部外傷は毎月2500名以上の方が読んで下さっています。

病気の話|脳の病気 子供の頭部外傷

06.jpg

 最近「知って得する身体の話」の連載も始めました。8月はオリンピックに合わせて、「闘争モードになるまでの時間 交感神経の働き」「プレッシャーの呪縛 副交感神経を活性化するには」をアップしました。9月には「365歩のカロリー」をアップします。是非読んでみて下さい。

知って得する身体の話 第17回 365歩のカロリー

07.jpg


4.9月22日(祝)「RUN伴(らんとも)」に参加します!

 今年から、看護部の科長と係長で、地域の方々と交流を深める取り組みを進めております。 その第1弾として、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指した、認知症の方とタスキを繋ぐ列島リレー「RUN伴」に参加します!  

 今回は、9月22日に平塚周辺を走る予定です。院内通知やホームページで詳細をお知らせ致しますので、お時間ある方は、オレンジグッズを持って沿道で応援をお願い致します!

  • 名称 RUN TOMO-RROW2016(ラントモロー2016)
  • 略称:RUN伴(ランとも)
  • 主催 認知症フレンドシップクラブ 
  • RUN伴2016年実行委員会 http://runtomo.jimdo.com/

今年の「RUN伴 Tシャツ」です!

04.JPG

RUN伴 当日スケジュールについて 関東ブロック/9月22日(木)藤沢~御殿場

引用|当日のスケジュール詳細を掲載します。応援などに行かれる際に参考にご活用ください。
スケジュールはあくまで、おおよその目安です。襷をつなぐというイベントの性格上、予定よりも時間が前後することがありますので、あらかじめご容赦ください。

↓クリックで拡大表示します↓

RUN伴 9月22日スケジュール

blog_84 1. 褒める練習 2.原 秀夫先生 3.ゆるキャラグランプリ 

2016.08.13

今月号の目次

1.褒める練習

 先日ある学会で東北大学医学部教授の出江紳一(いずみ)先生のコーチングに関する講演を聴く機会がありました。とても勉強になったのですが、その中で人を褒めることは練習していないとすぐにできないというお話がありました。早速練習用紙を作りましたのでここに掲載します。

↓クリックで拡大↓

01.png

 別に、私も時々人にキレたり、怒鳴ったりすることがありますが、後味の悪いものですし、何も良い結果を生み出しません。キレないための感情コントロールが必要です。以前にも紹介しましたが、キレそうになったら、これを思い出し、またキレた人にはこれを渡しています。 2枚とも職場の壁に貼っておいて、活用していただけたら幸甚です。家でも役に立つかもしれません。

↓クリックで拡大↓

02.png

↑院長通信 2010年2月号 院長ブログ16に掲載


2.原 秀夫先生 米寿のお祝い

 鶴巻地区自治会連合会 元会長の原 秀夫先生には倫理委員会の外部委員をお願いしています。原先生は地域連携公開セミナーには毎回出席していただき、地域の方々にも宣伝してくださっています。通りのよい声で「今日は何の日」のお話をしてくださり、さすが、元校長先生と感心いたします。

 その原先生がこの度、米寿をお迎えになりました。おめでとうございます。

03.JPG

「楽しむ境地」   原 秀夫

 米寿といわれるこれまで、健康でよく生きてこれたものだというのが、今の思いです。鶴巻に生まれ鶴巻で育ってきましたが、学校や勤めの関係で、鶴巻(秦野)知らずでした。ところが平成元年定年と同時に、地元の自治会長をということで、地元知らずの自治会長になってしまいました。そこで、先ず楽しみながら、地元を知ろうと決めました。
 「知之者不如好之者好之者不如楽之者」(論語雍也編)。知る、好む、楽しむこととは、物事に興味関心を寄せて近づき、更に、物事と密接不離の境地でかかわり合えば、苦労があっても、分かることができる境地です。
 医療関係に無能無知の私が、鶴巻温泉病院倫理委員会で仕事をさせていただけるのも、楽しむ境地があるからと思っています。   2016年7月29日


3.鶴のまきちゃん大活躍 ゆるキャラグランプリ

 当院公認ゆるキャラの鶴のまきちゃんが今年もゆるキャラグランプリに出場しています。 「鶴」ライバルのつるゴンには勝てそうにないので、まず宮崎のおつるちゃんを抜きましょう。毎日投票できます。
※下の図を参考にしてください。パソコン、スマホの方は、初回のみID登録が必要です。携帯電話の方はそのまま投票できます。

ゆるキャラグランプリ投票方法 クリックで拡大

06.png


 6月の横浜港開港祭に鶴のまきちゃんが招待され、各地の「ゆるキャラ」たちと交流しました。 
※当日の様子は"横浜開港祭パレード"に「鶴のまきちゃん」が参加!をご覧ください。

ぐんまちゃん

04.JPG

カモメのハマー君

05.JPG

blog_83 1. 認定看護師 2.合同研究発表会 3.優良危険物取扱者 4.地域包括ケア 5.神慢協

2016.07.29

今月号の目次

1.2016年7月 新たに2名の認定看護師が誕生しました!

2階南病棟 看護科長 加藤 久美子
摂食・嚥下障害看護認定看護師の認定審査に無事合格しました。 「食べる」ことは、生きることであり、楽しみでもあります。「食べる」「飲み込む」という所に障害がある患者さまに対して、いかに安全に長く楽しく食べ続けられるように支援していくことが私の役割だと思っています。」

01.JPG

5階東病棟 看護師 工藤 美樹
このたび念願の緩和ケア認定看護師の認定審査に合格しました。 これまで以上に緩和ケア病棟のスタッフとともにケアの質を高め、院内・地域の緩和ケアの充実に向けて努力したいと思います。これからもよろしくご指導お願いします。

02.JPG

2.第11回 セコム医療グループ関東地区合同研究発表会

 6月18日に毎年恒例のセコム関東地区研究発表大会がありました。

 鶴巻温泉病院からは4演題発表し、リハビリテーション部 小室容子さんが発表した、「脳卒中患者に対する自動車運転再開支援プログラム運用の取り組みとその成果」と看護部 富樫 健人さんが発表した「HAL®介護支援用(腰タイプ)HAL-CB01の導入を試みて」が入賞しました。

03.JPG

3.一般社団法人 神奈川県危険物安全協会連合会 表彰式

「かながわ労働プラザ」にて、施設管理室の今井 由高さんが、長年にわたり危険物保安管理の向上と災害事故防止に努めた「優良危険物取扱者」として会長表彰を受賞しました。おめでとうございます。

受賞のコメント
「鶴巻温泉病院に1988年に入職し、危険物取扱保安監督者として、重油・灯油の地下タンク、冷暖房の冷温水発生機など施設の保安業務・災害発生防止に努めてきました。これからも給湯や温泉大浴場・足湯の加温管理など施設管理室スタッフ一同で安全運営してまいります。」

04.JPG

4.医療行為の少ない患者さま、ご家族への地域包括ケアに関する説明会

 「日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しています。65歳以上の人口は、現在3,000万人を超えており、今後、75歳以上の人口割合は増加し続けることが予想されています。

 このような状況の中、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年以降は、国民の医療や介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。このため、厚生労働省においては、2025年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。」

 これを踏まえて、厚労省は、全国の病床数を減らす計画をしています。しかし、高齢者が増えると、入院が必要な人は増加します。この対策として、医療必要度の少ない方(医療区分1)は自宅や介護施設へ移っていただき、地域の皆で支えましょうという考え方です。これを受けて鶴巻温泉病院に入院されている医療区分1の患者さま向けに、ご家族へ説明会を開催しました。これからも続けていきますので、どうぞ遠慮なく相談してください。

05.png

5.神奈川県慢性期 医療協会 講演会

 6月7日は私(鈴木)が会長をしています、神奈川県慢性期医療協会の第5回講演会が開催され、神奈川県保健福祉局保健医療部長の中澤よう子先生をお招きして、「神奈川県地域医療構想について」講演していただきました。 これは前のトピックスの地域包括ケアシステムにつながるお話で、2025年に向けて、神奈川県はこれからの医療をどうするかという大変重要なお話でした。

05.JPG

blog_82 1. 病院賞表彰 2.新(あたらし) 博次 副院長就任

2016.06.30

毎月発行の「院長通信」を「院長ブログ」として掲載しています

今月号の目次(タイトルクリックで記事へリンクします)

1.新年度集会 平成27年度病院賞表彰

 毎年恒例になった病院賞の授賞式が新年度集会で行われました。

 受賞者の皆さんおめでとうございます。皆さんのおかげで、患者さんや職員の皆さんがハッピーになれました。ありがとうございました。受賞者の皆さんと一緒になって活動したり、助けた人たちがたくさんいます。地味でも毎日真摯に働いている皆さんの活動を取り上げていけたらと思っています。自分で推薦しても構いませんので、どんどん推薦してください。

平成27年度病院賞 金・銀・銅賞 ↓クリックで拡大します↓

  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院