スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

2018年5月

インターンシップ体験(2017年5月参加者より)

2018年5月

3階南病棟 星野すみれ (佐久大学看護学部看護学科2018年3月卒業)

こんにちは。
私は、今年度より鶴巻温泉病院の回復期リハビリ病棟に配属となり、看護師として働いています。先輩方からアドバイスを受けながら、看護師として一人前になれるよう日々勉強をしています。

私が鶴巻温泉病院に就職を決めたきっかけは、この病院のインターンシップに参加したことです。学生時代の領域別実習で慢性期の看護に興味を持ち、慢性期の病院で働きたいと思っていました。

合同就職説明会で鶴巻温泉病院の存在を知り、インターンシップへの参加を決めました。一人でインターンシップに参加することはとても心細く不安でした。しかし、病院のスタッフの方々に様々なケアの体験をさせていただいたり、実際に病棟のスタッフの方が患者様一人一人とじっくり関わる看護を行っているところを見ることができ、私もこの病院で働きたいと考えるようになりました。

インターンシップへの参加は緊張すると思いますが、実際に病院の雰囲気を知ることができる大きなチャンスだと思います。鶴巻温泉病院の先輩方なら優しく丁寧に病院について教えてくれますので、少しでも迷っている方は、ぜひ思い切って参加してみてください。

梁川科長と星野すみれさん

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

専門認定看護師運営委員会 感染管理認定看護師の活動

2018年5月

当院は、感染防止対策加算1および地域連携加算を申請しております。地域連携加算では、連携している加算1算定施設とお互いの病院を少なくとも年1回程度訪問し合い、感染防止対策に関する評価と報告を行っております。今回は、この地域連携加算での院内ラウンドの様子について紹介致します。

病棟のリネン庫をラウンドしている様子

ラウンド場所は、中央材料室と医療療養病棟です。中央材料室は、担当看護師とレイアウトや物品配置について検討し改善を重ねて、無駄のないすっきりとした環境を作ることができました。医療療養病棟では、リネン庫にリネン以外の物品が収納されている等の課題がありましたが、病棟スタッフの意識が高まり整理整頓がなされました。

ラウンドでは双方共に良い評価をいただき、現場スタッフにフィードバックすることができました。良い評価を各部署に伝えられることは、感染対策チームメンバーにとっても嬉しい瞬間です。

今月のおたより 2018年5月号

2018年5月

保護者の方向けに毎月発行される保育所・ベビーランドつるまきの「おたより」です。今月のスペシャルコラムは「お話が少しずつ出来る様になってきたうさぎ組さん♪」です。

※看護部ホームページ掲載(一般公開)のために、個人情報や行事日程の詳細等を削除して再編集しております。

インターンシップ体験(2017年9月参加者より)

2018年5月

4階南病棟 川村茉莉奈 (日本医科学大学校 2018年3月卒業)

「今日は新人研修!! お揃いの"鶴のまきちゃん"Tシャツでみんな頑張っています」

私は看護学生三年次に様々な病院のインターンシップに参加しながら、働きたいと思える病院を探していました。そんな時、鶴巻温泉病院のインターンシップに参加させていただきました。様々な病棟を見学させていただき、どの病棟も暖かい雰囲気で患者さんと職員の笑顔が印象的でした。そんな姿を拝見させていただき、私もこんな看護をしたい!ここで働きたい!と強く思うようになり、この鶴巻温泉病院に就職を決めました。

就職後、回復期リハビリテーション病棟に配属が決まり、看護師として現在働いています。勉強の日々で覚えることは多いですが、先輩方の指導の下で1つ1つのケアの根拠を理解し実施できるよう毎日頑張っています。先輩方とても親切で優しく、分からない事は気軽に聞ける雰囲気で病棟、そして病院全体がとても暖かいなと実感しています。

インターンシップは少しハードルが高いと感じるかもしれませんがスタッフ皆が優しく、参加した後に「良かったな」と思ってもらえると思います。少しでも気になった方は是非、足を運んでみてください。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

インターンシップ体験(2017年8月参加者より)

2018年5月

2階東病棟 佐藤 友愛美 (湘南平塚看護専門学校 2018年3月卒業)

私は学生時代、様々な病院で実習をさせて頂きました。その中で「この病院で働きたい」と思うところが見つかりませんでした。

鶴巻温泉病院は実習病院ではありませんでしたが、友人から「スタッフが優しくて雰囲気が良い」と言う言葉を聞き、自分自身で体感したいと思い、インターンシップに行こうと決めました。インターンシップに参加すると、やはり良い雰囲気で、その日に関わって頂いたスタッフはとても優しく熱心さが好印象でした。また理念の話しを聞いた時、自分が考える看護に近いと感じました。そして何より決め手となったのは、患者様に対する思いやりのある接し方を見た時に、この病院で働きたいと思いました。

いくつもある病院の中から決めることは大変なことと思いますが、自分が看護をしていく上で大切にしていきたいことを照らし合わせて、考えることも一つだと思います。また、それを感じることが出来るのは自分自身で体感することです。是非、温かい鶴巻温泉病院のインターンシップに参加し、色んなことを感じてみて下さい。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

4階南病棟 アイロンビーズ大集合

2018年5月

3月になり、そろそろ桜の開花情報もちらほら聞こえてきます。秦野での岡目桜が3月上旬から、八重桜が4月上旬まで見ごろとなります。毎日忙しい日々ですが、桜の花を見てちょっと癒されてみてはいかがでしょうか。桜の花を見に行けなくても、今ここで目を閉じて、桜をそっと思い出してみませんか。もしかしたら思い出の1ページが見つかり、目頭が熱くなるかも。

そんな春の近づく4南病棟の患者様たちの中で流行っていることは、さくら?ではなく、アイロンビーズです。女性だけではなく男性の患者さんにも人気があり、かわいい動物や患者さん本人の似顔絵まで様々な作品が...。アイロンビーズを作っている患者さんは、もちろんとても楽しそうに作られていますが、私たちスタッフもまた、完成した作品を見るのを楽しみに日々を過ごしています。

患者様がスタッフの姿に似せて、オリジナルのアイロンビーズを作ってくれています。
幸せの青い鳥がきますように。
ご本人のお好きなキャラクターも作っています

  • 1
鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る