スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

「一日看護体験」を終えて・・・採用担当:中之丸秀子

2015.08.24

7月24日、かながわ看護フェスティバル2015「高校生一日看護体験」を開催しました。当初の募集枠を3倍近く超え、県内11校から参加申込みがありました。しかし、現場の看護師を通し、心豊かな体験をしてほしいとの思いから、最終的には20名(一部署に参加者2名予定)に絞らせていただきました。

当日は猛暑日でしたが、1名体調を崩された他は皆さん元気に体験されていました。現場の看護師達は聴診器やパルスオキシメーターなど器具を使った測定、足浴や部分清拭、車椅子移送、食事介助などの体験・見学内容をそれぞれ工夫し、高校生の皆さんに分かり易く、かつ看護の知と技と温もりをお伝えしていたのではないかと思います。また、ST(言語聴覚士)の協力で、摂食・嚥下訓練(回復期リハビリテーション病棟)もチームアプローチの一つとして見学でき、看護師とSTとの関わりに専門職の魅力をさらに感じられていたようです。

懇親会はお茶とお菓子を少し楽しみながら、担当看護師達と歓談する時間を設けました。看護師を目指したきっかけを語るコーナーでは、看護部長や担当看護師達のウイットに富んだエピソードに思わず笑いがこぼれたり、興味深々に聞き入ったり、また、家庭や子育てなど女性のライフイベントと両立させ、リーダーとして立つ姿に将来の職業への憧れを益々強くされたようです。ご協力いただいたアンケートからも、中身の濃い時間を体験されていたことが伺えます。

最後に白衣姿の写真撮りをしましたが、高校生の皆さん方のはしゃぐ姿と眩しい笑顔に圧倒されつつ、志しを胸に歩みを進めた若き日を思い出し、企画者としては看護の道をご案内できる幸せを感じた一日でした。

高校生一日看護体験1

「あぁ・・音が聞こえます!」

高校生一日看護体験2

「包帯巻くのって難しいなぁ・・」

高校生一日看護体験3

「血糖測定のペン?」

高校生一日看護体験4

鈴木病院長
『夢があるから頑張れる』

高校生一日看護体験5

上山看護部長
『看護の思いを繋ぎたい』

高校生一日看護体験6

担当看護師達との懇親会
『看護のやりがいを伝えたい』

鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る