menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311
SSDブログ

SSDブログをリニューアルしました。

サービスシステム開発室(SSD)からのお知らせ、退院患者さま・ご家族から寄せられたメッセージ、当院へのご意見とその対応などをブログ形式でお伝えしています。

ブログのタイトル画像は、大山の空の青さと秦野の八重桜のピンク、希望の虹をイメージしています。

過去のSSDブログ(2009年~2016年)


お勧めします

2018.05.14

初めての入院で本人も家族も心配いたしましたが、主治医の先生始め毎日出会うスタッフの方々の笑顔、優しさには本当に救われました。明るい会話の受け答え、心遣いに感謝の毎日でした。目に見えて回復していく夫を傍で見ながらスタッフの方々との関わり方が大きかったのではと思います。

またお世話になりたいと思います

2018.05.14

5か月半入院療養し、快適に過ごせました。職員に対する教育が指導、徹底されていると思います。また今後も長く入院療養の機会があればお世話になりたいと思います。

(2018年 1月ご退院・医療療養病棟

スタッフの皆様に感謝を込めて

2018.05.14

ブログ用2.jpg今回は約40日位の父の入院でした。脳梗塞で左半身に後遺症が残り、リハビリの為入院しました。毎日しっかりとしたリハビリを指導していただき、父も日常生活が自分でできるくらいになりました。この病院は、主治医の先生を始め、皆さまとても話しやすく1つ聞いたことを色んなスタッフへ連絡して対応も早く驚きました。

生きる力をいただきました

2018.05.14

「梅の香りに誘われ杖の足軽く」・・・・(18年2月吉日) 
丁度、1年前の3月2日急性期の病院から貴院へ転院いたしました。重いギラン・バレーで自分では何もできない状態でした。丸9ヶ月の入院生活、退院して3ヶ月が経ち、今春の陽射しの中、杖で近所を散歩できる様になりました。主治医の先生始め、全てのスタッフの皆様のお陰と感謝の気持ちで一杯です。

とても親切にしていただきました

2018.04.09

寝たきりになって、食べ物も食べる事ができなかったのですが、装具の杖を使って歩ける様になりました。リハビリの方々や看護師さんにとても親切にして頂き、毎日楽しく入院生活を送る事ができたと思います。鶴巻温泉病院に入院して本当に良かったと思います。レクリエーションも色々種類があり、自分の好きなものに参加できるので楽しかった様です。どこの職員さんも、いつも笑顔で話しかけて頂きとても感謝しています。本当にありがとうございました。

(2018年 1月ご退院・回復期リハビリテーション病棟

奇跡の復活時間

2018.04.09

E88AB1 変更後.jpg父が最期の12日間お世話になりました。辛く、苦しい患者にとって必要なことは、少しでも痛みを抑えて、温かく優しく心を寄せて頂くことが何よりの救いであるということを教えてもらいました。こちらでお世話になった間には、好きだった物を食し、入浴し、語り合い、歌を歌い、信じられない奇跡の復活時間をプレゼントされました。

私達家族も安心して生活できました

2018.04.09

ダウンロード 変更後.jpg鶴巻温泉病院に入院し、約4年お世話になりありがとうございました。体調が良いとエネルギーが有り余っている父を温かく見守り、父らしい入院生活を過ごさせていただき、スタッフ皆様に感謝しています。
体調が少し悪くなると声を掛けていただき、家族にもしっかり説明してもらえて鶴巻温泉病院だから安心して私達も生活できたと思います。

緩和ケア病棟の皆さんに感謝します

2018.04.09

緩和ケア病棟の皆々さん本当にありがとうございました。 末期がんの家内は昨年4月末、前病院から貴院緩和ケア病棟に入院させていただきました。入院時の病状は、寝たきり状態でかろうじて目と耳と意思疎通が可能でした。このような状態での転院、本人家族ともに不安で心配で一杯でしたが、O先生を始め、介護、看護、リハビリ、レク、等大勢のスタッフが一体となって、いつも笑顔で家内に寄り添い、優しく対応してくださり、不安は一変しました。

82才でのリハビリ

2018.04.09

右大腿骨を骨折してH病院で手術をし、このままだと「車椅子」生活で自宅には戻れない、老人施設に入所しかないと言われ、がっかりしました。以前、知人から鶴巻温泉病院のリハビリがすごく良いという話を思い出し、H病院から申し込みをしていただき入院しました。82才という年齢でパーキンソン病もあり、リハビリに耐えられるかと心配でしたが、その人に適したメニューで練習、指導と声も良くかけていただいた様で家に帰りたいとは一言も聞きませんでした。職員の方のご苦労に感謝いたします。どうもありがとうございました。今は一本杖で歩行しています。

(2017年 12月ご退院・回復期リハビリテーション病棟

春のたより

2018.04.09

季節はもうすっかり春ですね。温かい日差しも感じられる毎日が続いています。

桜後.jpgまた病院の桜の花はすっかり枝葉になってしまいましたが桜の時期には鳥たちも遊びに来て美しい光景が見られました。


この鳥は??とりまる.jpg
名前はわかりませんが、病院では度々見かけることがあります。

こちら秦野市では、年間を通して野鳥をみることができます。ちなみに市の鳥は、 "うぐいす" です。ちょうど季節ですね。
これからの新緑の季節にはどんな野鳥が見られるのか、今から楽しみです。

aoitori.jpg

  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院