menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311

障がい者・難病リハビリ病棟スタッフコラム

入院案内 障がい者・難病リハビリ病棟の最新情報や取り組みをお伝えしています。

指定難病医療費助成制度をご存じですか?

2021.11.16

地域連携室

sw.png

 原因不明で治療方法が確立していない、いわゆる難病のうち厚生労働大臣が定める疾病(指定難病)の患者さまには、医療費の負担軽減を目的としてその治療に係る医療費の一部の助成が受けられる指定難病医療費助成制度があります。

 支給認定されるためには、認定基準を満たしている必要があります。まずはかかりつけの医師にご相談ください。


新規申請対象者

  • 指定難病(難病のうち厚生労働省令によって指定された疾病)に該当し、症状が認定基準を満たしていること。
  • 国民健康保険や社会保険などの公的医療保険に加入している、又は生活保護受給者

申請窓口

最寄りの保健所、保健福祉事務所


申請に必要な書類

  • 特定医療費(指定難病)支給認定申請書(新規・転入用)
  • 臨床調査個人票(難病指定医による記載から6か月以内のもの)
    ※診断書(臨床調査個人票)を記載できるのは、都道府県又は政令指定都市から指定された医師(指定医)に限られます
  • 患者さんと支給認定基準世帯員の健康保険者証のコピー
  • 世帯全員の住民票の写し(発行から3か月以内のもの)
  • 支給認定基準世帯員の市町村民税の課税状況の確認書類

支給認定の有効期間の開始日

保健所などが必要書類を全て受理した日から有効期間の開始となります。


医療費の助成対象

都道府県又は政令指定都市から指定された指定医療機関で行った治療に限られます。指定医療機関でない医療機関で行った治療については、払戻しの対象にはなりません。


助成の内容

受診した複数の医療機関の自己負担を全て合算し、自己負担上限月額を限度として負担することとなります。自己負担上限月額は、支給認定基準世帯員の市町村民税額(所得割額や均等割額)に応じて下の表のようになります。


自己負担上限月額(2021年11月現在)
クリックで拡大表示(PDF)↓
自己負担上限月額は、支給認定基準世帯員の市町村民税額(所得割額や均等割額)に応じてこの表のようになります。2021年11月現在

  • 当院では、新規申請は難病の診断を受けた病院やかかりつけ医にまず相談することを勧めています。 当院入院中の患者さまの更新の場合は、当院で対応しています。

入院の受け入れについて

2020.12.26

障がい者・難病リハビリ病棟では、リハビリ入院、在宅サポート入院、長期療養入院の3つの機能を持っています。主に神経・筋疾患の難病(パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症等)のご入院が8割程度です。特徴や詳細は以下の通りです。

障害者施設等病棟 2階東病棟 55床


●リハビリ入院
特徴 集中的なリハビリテーション、栄養摂取方法の検討、栄養状態の改善等を行ない、退院に向けた準備を支援します。
リハビリテーション 原則平日のみ実施、当院の医師の判断でご状態に合わせたプログラムを実施します。
入院期間 約1~3ヵ月
●在宅サポート入院(レスパイト入院)
特徴 患者様の在宅療養をバックアップすることが目的です。介護をされているご家族の休息も目的のひとつです。
リハビリテーション 平日のみ(入院日と退院日はありません)
入院期間 7日以上~30日以内(平均1~2週間程度)

特殊疾患病棟 2階西病棟 60床


●長期療養入院
特徴 安心、安全に配慮し、心安らぐ状態での入院生活を支援します。
リハビリテーション 週1~2回程度、お身体の維持を目的に実施します。
入院期間 当院の医師の判断によります。

在宅難病患者受入れ病床確保事業について

2020.03.12

 当院では、在宅で出来るだけ長く療養が継続出来るように在宅療養をバックアップすることを目的とした在宅サポート入院(レスパイト入院)の受け入れを行っています。また、神奈川県の事業である「在宅難病患者受入れ病床確保事業」の協力病院になっています。

 当院では、「在宅難病患者受入れ病床確保事業」で入院申し込み頂いた方を優先的に日程調整しています。当院の在宅サポート入院(レスパイト入院)と「在宅難病患者受入れ病床確保事業」では、対象患者、入院日数等の規則が異なりますので詳細は、お住まいの保健所・保健福祉事務所に問合せください。

在宅難病患者受入れ病床確保事業で受入れている疾患の内訳(2018年度)

【2019年を振り返って】

2020.02.08

 2019年の「障がい者・難病リハビリ」病棟の、利用状況を伝えさせて頂きたいと思います。

 2019年は、「約40名」の新規患者様に、ご利用頂くことが出来ました。

 2階東病棟では、患者様が安全で質の高い生活が出来るようにスタッフ一同、寄り添うケアを大切に頑張っております。また、季節に合ったレクリエーションを開催して、患者様と一緒に楽しみながら、日々共に過ごしております。2020年も、宜しくお願い申し上げます。



【患者様と病棟スタッフのクリスマス会】


病院から地域へ 医療ソーシャルワーカー

2018.11.13

障がい者・難病リハビリ病棟では、リハビリ目的、在宅サポート入院(レスパイト入院)、長期療養目的で入院をされている方がいます。リハビリ、在宅サポート入院(レスパイト入院)目的で入院をされている方は一時的な入院であり、入院生活が終わると、住み慣れた地域での生活を再スタートされます。

地域での生活を開始する前に必要なことが、地域との連携です。在宅生活をする中で介護保険や障害福祉サービス等の社会資源サービスを利用する場合には、在宅関連機関(かかりつけ医師・ケアマネジャー・訪問看護・ホームヘルパー・福祉用具等)との連携がかかせません。

連携 医療ソーシャルワーカー

在宅サポート入院(レスパイト入院)ご案内リーフレット

2018.10.10
(2018年10月 更新)

在宅サポート入院(レスパイト入院)は 重介護になりがちな神経難病患者様、ご家族の在宅療養をバックアップすることが目的です。

  • 介護をされているご家族の休息目的としての入院が可能です。
  • 胃瘻、気管切開、人工呼吸器等の医療行為が必要な方も入院が可能です。
  • 入院中にリハビリテーションが受けられ、コミュニケーション手段の導入指導や各種特殊入力機器(スイッチ)の導入指導や在宅の環境調整、家屋再評価なども行えます。
  • 管理栄養士による栄養状態の評価・食品の選定・調理指導・栄養相談などを行っています。

障がい者・難病リハビリ病棟  在宅サポート入院(レスパイト入院)

在宅サポート入院(レスパイト入院)ご利用申し込み票(2回目以降の方)

 
  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院