menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311
院長ブログ

blog_81 1. リハ部新部長 2.春まつり 3.入院お問合せ 4.TQM課 5.病院の案内

2016.05.17

毎月発行の「院長通信」を「院長ブログ」として掲載しています


1.リハビリテーション部に新しい部長が就任しました。

 平成28年4月1日より、リハビリテーション部の部長を拝命いたしました木村 達(いたる)と申します。どうぞ宜しくお願いいたします。

 リハビリテーション部は200名を超すスタッフで病院からご自宅、地域と幅広くリハビリテーションを提供しております。スタッフ全員が皆様の安心ある生活に寄与できるよう日々努力しております。どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

リハビリテーション部 木村 達部長

kimura.JPG

2.鶴巻温泉春まつり 2016

 今回リハビリテーション部の有志13名で春祭りに参加しました。地域イベントへ参加し始めてから約3年になりますが、地域のお子さんからご高齢の方まで、多くの方がご自身の健康について関心があることを感じています。

鶴のまきちゃんの往診も3回目ですが、今回も大活躍でした。リハビリテーション部ではこれからも訪問、地域予防事業、地域のイベント参加など様々な形で地域の方々の健康に携わっていきたいと思います。

リハビリテーション部のFacebook ページでも当日の様子をお伝えしています。
https://www.facebook.com/tsurumakireha/


harumatsuri.JPG reha_harumatsuri.JPG

鈴木 龍太院長から皆様へのメッセージをYouTubeに掲載しました。
↓ 病院ホームページからもご覧いただけます。↓

鈴木院長メッセージ「地域のみなさんが楽しく、安心して住み続けられる鶴巻地区」


3.患者さまの個人情報を適切に保護します。(電話で入院の問合せはお答えしません)

電話での問い合わせ 鶴巻温泉病院では入院患者さまの個人情報保護の観点から、電話での「入退院情報」の問合せはお答えしないことになりました。ご家族、親族やどんなご関係の方でも、入院の有無や病室はお答えできません。

 お見舞いの方にはご不便をおかけしますが、ご家族から病棟と部屋番号をお聞きの上でご来院下さい。また、面会をご希望されない方は申し出ていただければ、面会をお断りしております。病室の氏名の札も伏せることができますので、病棟科長にお申し出ください。

 尚、面会簿の内容につきましても、ご記入者の方の個人情報の観点からお答しておりませんので、ご理解の程宜しくお願い致します。


4.「患者さまから選ばれる病院」を目指す部署として4月よりTQM課が新設されました。

 TQMとは「トータルクオリティマネジメント」の略称で、企業でも導入している総合的品質管理の手法です。病院も今や医療を受ける方に評価、選択していただく時代となりました。
 当院も今まで以上に医療の質向上、標準化、改善結果を公表し続ける事で、患者さまに満足していただき、万が一の際にはいつでもご利用頂ける、知人の方に薦めて頂ける病院体制を構築して参ります。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

写真(左)TQM課 木下係長 (中央)鈴木院長 (右)TQM課 宇賀神課長

TQM課

5.鶴巻温泉病院の案内

 鶴巻、伊勢原、平塚近辺の神奈川中央交通のバス計60台の中に鶴巻温泉病院の案内をだしました。病棟別にどんな方が入院出来るか、書いてあります。

 「この子は誰??」 質問の答えは「鶴のまきちゃん」です。

↓ クリックで拡大表示 ↓

神奈川中央交通バス広告

 電車から見える病院の外部倉庫の庇(ひさし)に看板をつけました。小田原に向かって鶴巻温泉駅の少し手前の左側です。探してみてください。

↓ クリックで拡大表示 ↓

病院の外部倉庫の庇(ひさし)看板"

2016年5月17日 医療法人社団 三喜会 理事長  鶴巻温泉病院 院長  鈴木龍太
湘南メディカルセンター 湘南リハビリテーションセンター

元のページに戻る
院長ブログ バックナンバー 目次へ

脳の病気の話
知って得する身体の話

  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院