menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311
院長ブログ

blog_20 新しく就職された皆さんおめでとうございます

2011.04.08

この度の東日本大震災により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、被害を受けられた皆さま、そのご家族に、心からお見舞いを申し上げます。

東日本大震災の被災者の皆様への義援金に関する報告です。鶴巻温泉病院職員からの義援金が総額67万600円となりました。これに今まで患者さま・ご家族から頂いた病院への寄附金から追加をしまして総額100万円とし、寄附を行うことに致しました。ご協力ありがとうございました。


鶴巻温泉病院に新しく就職された皆さんおめでとうございます。

大震災、原発事故とまだまだ日本の未来が見えていません。でも皆さんは新しい人生の一歩を踏み出しました。日本人は忍耐強さと団結力があり、世界でも尊敬を集めています。また緻密で真面目、周りを思いやる優しさがあることも自慢できます。その日本人の一員であることを自覚し、その気持ちを新しい職場で生かしてください。
 

20-1.jpgのサムネール画像

20-2.jpgのサムネール画像

「新卒入職者83名を前に祝辞を述べる荒井喜八郎理事長」(写真左)
「同じく新人の三家本洋子(みかもとようこ)副院長兼看護部長」(写真右)

患者さんから頂いた感謝の言葉を少し抜粋してみます。

1.貴病院のスタッフすべての方々が、初めて息子に接していただいた際に息子に挨拶をしてくれました。自分の意思で語れず動けない息子に「こんにちは」「よろしく」と声をかけてくれた貴病院のスタッフの皆様方に妻と私は感動し、「やっと」息子が安心できる環境が訪れたという思いを強く持ったことを思い出します。ありがとうございました。

2.何時も見守られている安心感、親身な会話、楽しく夫のそばに居られる幸せ。娘がお母さんもケアされているねと言いましたが、私もそう感じていました。病人が大切にされている・・・という気持ちになれるのは家族にとってとてもありがたいことです。そして情報を病棟の皆様が共有して持っていてくださることも頼もしく思いました。

3.いつ見舞いに行っても皆様笑顔で明るく、優しく接してくださるので、沈んだ気持ちも明るくなって、頑張ってやっていこうという気持ちが出て、90歳の父もここまで回復したのだと思いました。感謝の気持ちで一杯です。

4.4年間入院し、退院して2ヶ月になりますが、夫と二人で4年半ぶりにビールを飲みました。夫が倒れた日から、まさかこんな日が来るとは夢にも思いませんでした。これも皆鶴巻温泉病院のお陰です。小田原の病院から転院した後、不可能だと思っていたことが次々可能になりました。ドクターはじめスタッフの方々には本当に感謝しております。


キーワードは「人として見てくれた」、「病人を大切にしてくれていると感じられた」、「情報を皆が共有していた」、「笑顔に癒された」、「病気が回復した。」というものです。こういったことが患者さん・ご家族のQOLを上げることができるのだと感じます。一方で私たちに「ありがとう」を言ってくださる患者さんがいることが逆に私たちの励みになり、職員のQOLを上げることに繋がります。


夢があるからがんばれる

鶴巻温泉病院は小田急に広告のステッカーを載せています。「夢があるからがんばれる」という言葉をキャッチコピーにしています。患者さんだけでなく、職員にとっても、さらに今の日本人皆に必要な言葉だと思います。皆さんも夢を持って新しい人生の一歩を歩みだしてください。私たちが応援します。

jiiji.jpg

image020.jpg


ルシィが看護師国家試験に合格

新聞や報道でご存知の方も多いと思いますが、インドネシアやフィリピンから看護資格を持つ人たちが来日して看護師国家試験に挑んでいます。これは日本の看護師不足を補うために政府が始めたEPA(経済連携協定)制度に基づいたもので、2008年にまず104名のインドネシア看護師が来日しました。

鶴巻温泉病院でも2名を看護助手として採用し、看護師国家試験に向けてチームを作って勉強を支えてきました。看護師国家試験は3回受けられることになっていますが、2回目が終っても3名しか合格していませんでした。難しい医療用語が並ぶ日本語試験を受けるのは大変だと話題になり、今回は振り仮名を付けたり、英語病名を併記したりしました。それでも難しいことには変わりありません。そんな中、当院から3回目の受験をしたルシィフィトリアニLusy Fitriani さんが見事合格を勝ち取りました。外国人合格者はたった16名(4%)の難関でした。ルシィの努力とみんなのサポートに病院中が喜びました。
 

web_lusy.jpg web_lusy2.jpg

合格を喜ぶサポートチーム(写真左)と神経難病リハビリセンタースタッフ

2011年4月8日 鶴巻温泉病院 院長 鈴木龍太
湘南メディカルセンター 湘南リハビリテーションセンター

元のページに戻る
院長ブログ バックナンバー 目次へ
  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院