menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311

診療部より

リハビリと療養に携わる医師・スタッフより

広報誌 TSURUMAKI News 2020 初夏号/ 回復期リハ病棟通信(18)

2020.06.29

TSURUMAKI News 2020 初夏号(PDF 1,109KB)

 地域連携室では、医療機関の皆さま、患者さま・ご家族と当院をつなぐ情報誌を発行(年間3回)しております。当院の取り組み等のご紹介をしておりますので、「回復期リハビリテーション病棟通信」と合わせて、ぜひご一読下さい。

 表紙画像をクリックしていただくとPDFファイルでご覧いただけます。今後も、当院の情報を皆様にお伝えしていきたいと思います。また、広報誌のご意見やご感想があれば、地域連携室までお聞かせいただければ幸いです。

広報誌 TSURUMAKI News 2020_39
タップで最新号(PDF)を表示


地域連携公開セミナーのご案内

2020.06.20

地域連携公開セミナー開催

今年度の地域連携公開セミナーは新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、中止とさせていただくことになりました。再開時期など詳細が決まりましたら改めてご案内をさせていただきます。

最新の地域連携公開セミナー


開催案内

  • 【場所】鶴巻温泉病院 南館6階 多目的ホール
  • 【対象】どなたでもご参加いただけます
  • 【参加費】無料
  • 【定員】80名
  • 【お申込み】電話 0463-78-1319(地域連携室 直通)
  • 【見学会】講演開始前に、ご希望の方を対象に病院内の見学会を行っています。見学ご希望の方は17時にお越し下さい。(要予約)

過去の地域連携公開セミナー

2010年4月の第1回開催より年4回開催、地域の皆様・医療福祉施設の方々等、毎回多数のご参加をいただいております。講演テーマのご要望もアンケートでお伺いしておりますので、どうぞお気軽にお申し込みください。


【外来制限】 風邪症状等「新規外来受入れ」制限

2020.06.11

(更新)

外来患者さまへのお願い

風邪症状等の「新規外来受入れ」は制限します。


Notification

In our hospital, new outpatient services for those with cold symptoms are suspended.


通知

本院,了针对感冒症状患者暂停门诊服务。

2020年3月19日 病院長


【面会制限】 当面の間、面会禁止を継続します

2020.06.11

(更新)

新型コロナ感染対策のため、当面の間、面会禁止を継続します

 当面の間、面会禁止を継続します。面会制限の継続による感染対策への皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 また、主治医が必要とした面会、緊急時の面会の際、外来受診時も
・来院時に手指の消毒  ・マスク着用(持参)をお願いします。


受付でご用件をお申し出ください

 現在、新型コロナウイルスの感染防止対策を実施中です。当面の間、面会禁止を継続します。ご来院の方は(主治医が必要とした面会、緊急時の面会の際も)、受付でご用件をお申し出ください。

 また検温及び手指消毒にご協力をお願い申し上げます。


WEB面会サービス開始しました

関連情報

【入院制限】登録患者さまの発熱時、登録患者さま以外の緊急受け入れについて

2020.06.05
(2020年6月5日 更新・再掲)

 当院では、新型コロナウイルスの院内感染を避けるため、3月末より発熱患者の入院制限をおこなってきました。この度、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言解除を受け、登録患者さまの緊急受け入れについては、下記のように対応を変更させていただきます。


登録患者さま

 在宅におけるかかりつけ医の先生が、新型コロナウイルス関連ではなく誤嚥性肺炎などと判断した場合、かつ、当院の担当医が当院で対応可能と判断した場合、入院対応いたします。この場合、かかりつけ医の先生の紹介状をお願いします。

 また、登録患者さま以外でも当院で対応可能な患者さまに関しては、平日15時まで緊急受け入れをしております。可能な限り対応したいと思いますのでご相談ください。

 緊急入院に関するお問い合わせは、外来看護師直通までお願いします。


《関連情報》新型コロナウイルス感染症

2020.05.11

※随時更新

神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策サイト

広報誌 TSURUMAKI News 2020 新春号 回復期リハ病棟通信(17)

2020.03.01

TSURUMAKI News 2020 新春号(PDF 1457KB)

 地域連携室では、医療機関の皆さま、患者さま・ご家族と当院をつなぐ情報誌を発行(年間3回)しております。当院の取り組み等のご紹介をしておりますので、「回復期リハビリテーション病棟通信」と合わせて、ぜひご一読下さい。

 表紙画像をクリックしていただくとPDFファイルでご覧いただけます。今後も、当院の情報を皆様にお伝えしていきたいと思います。また、広報誌のご意見やご感想があれば、地域連携室までお聞かせいただければ幸いです。

広報誌 TSURUMAKI News 2020_38
タップで最新号(PDF)を表示


広報誌 TSURUMAKI News 2019 初秋号 回復期リハ病棟通信(16)

2019.10.23

TSURUMAKI News 2019 初秋号(PDF 1257KB)

 地域連携室では、医療機関の皆さま、患者さま・ご家族と当院をつなぐ情報誌を発行(年間3回)しております。当院の取り組み等のご紹介をしておりますので、「回復期リハビリテーション病棟通信」と合わせて、ぜひご一読下さい。

 表紙画像をクリックしていただくとPDFファイルでご覧いただけます。今後も、当院の情報を皆様にお伝えしていきたいと思います。また、広報誌のご意見やご感想があれば、地域連携室までお聞かせいただければ幸いです。

広報誌 TSURUMAKI News 2019_37
タップで最新号(PDF)を表示


栄養科ブログ_11 第10回 おうちで楽々介護食報告(次回3/5開催)

2019.10.03

 「第10回おうちで楽々介護食」を8月20日に開催しました。多職種の協力や地域住民の皆様のご支援のもと、10回目を迎えることが出来ました!

 当日は、言語聴覚士より「食事介助の姿勢や食べる環境について」、管理栄養士より「介護食の調理の工夫、調理実演」などを行いました。

 

今回の調理実演でのレシピを一部紹介します。


ラコールフルーツミックススムージー


【材料】
  • ラコールNF 配合経腸用液   100ml
  • フルーツミックス缶     100g(固形物のみ)
【作り方】

(1)フルーツミックス缶は汁を除き、凍らせておく。
(2)ラコールと(1)のフルーツをミキサーに入れ、滑らかになるまで混ぜ完成。

 ※黄桃などの大きめのフルーツは、冷凍する前に一口サイズに切るとよりミキサーにかかりやすいです。凍らせることでより冷たく夏にぴったりのスムージーになります。

 食事が摂れていないと医師から医薬品のラコール等の栄養剤を処方されることがありますが、たくさんあって飲み切れない、嗜好に合わず困っているとの声を聞きアレンジレシピの紹介を行いました。ラコールを、メイバランスミニなどドラックストアで買える栄養補助食品に代えても美味しく作ることが出来ます。

 次回の介護食教室は2020年3月5日(木)に開催予定です。たくさんの方のご参加をお待ちしております。

広報誌 TSURUMAKI News 2019 初夏号 回復期リハ病棟通信(15)

2019.07.01

TSURUMAKI News 2019 初夏号(PDF 941KB)

 地域連携室では、医療機関の皆さま、患者さま・ご家族と当院をつなぐ情報誌を発行(年間3回)しております。当院の取り組み等のご紹介をしておりますので、「回復期リハビリテーション病棟通信」と合わせて、ぜひご一読下さい。

 表紙画像をクリックしていただくとPDFファイルでご覧いただけます。今後も、当院の情報を皆様にお伝えしていきたいと思います。また、広報誌のご意見やご感想があれば、地域連携室までお聞かせいただければ幸いです。

広報誌 TSURUMAKI  News  2019  初夏号

広報誌 TSURUMAKI News 2019 新春号 回復期リハ病棟通信(14)

2019.02.11

TSURUMAKI News 2019 新春号(PDF 755KB)

 地域連携室では、医療機関の皆さま、患者さま・ご家族と当院をつなぐ情報誌を発行(年間3回)しております。当院の取り組み等のご紹介をしておりますので、「回復期リハビリテーション病棟通信」と合わせて、ぜひご一読下さい。

 表紙画像をクリックしていただくとPDFファイルでご覧いただけます。今後も、当院の情報を皆様にお伝えしていきたいと思います。また、広報誌のご意見やご感想があれば、地域連携室までお聞かせいただければ幸いです。

広報誌 TSURUMAKI  News  2019  新春号

日本をリハビリテーションする 第6回 脳出血、なぜ「冬の月曜朝」に発症多い?

2019.01.31

「日本をリハビリテーションする」とは

HEALTHPRESS 連載企画「日本をリハビリテーションする」では、当院の鈴木院長が脳卒中(脳梗塞、脳出血)、リハビリテーションについて知っておいていただきたいことを、分かりやすく説明しています。

第6回 脳出血、なぜ「冬の月曜朝」に発症多い?を当院ホームページに掲載しました。

脳卒中は早く「リハビリテーション」を開始すべし

広報誌 TSURUMAKI News 2018 初秋号 回復期リハ病棟通信(13)

2018.10.29

TSURUMAKI News 2018 初秋号(PDF 1.3MB)

 地域連携室では、医療機関の皆さま、患者さま・ご家族と当院をつなぐ情報誌を発行(年間3回)しております。当院の取り組み等のご紹介をしておりますので、「回復期リハビリテーション病棟通信」と合わせて、ぜひご一読下さい。

 表紙画像をクリックしていただくとPDFファイルでご覧いただけます。今後も、当院の情報を皆様にお伝えしていきたいと思います。また、広報誌のご意見やご感想があれば、地域連携室までお聞かせいただければ幸いです。

広報誌 TSURUMAKI News 2018_34

栄養科ブログ_10 第8回 おうちで楽々介護食報告(次回3/5開催)

2018.08.28

2018年7月26日、「第8回おうちで楽々介護食教室」を開催いたしました。

「おうちで楽々介護食」講義の内容

今回は患者さまご家族、地域住民の方に加え、訪問看護ステーションのスタッフ、患者さまご本人の参加もありました。

言語聴覚士より、食事の姿勢、食事介助のポイント、ゼリーをスライス状にカットすることで飲み込みやすくする方法をお話ししました。管理栄養士より、夏バテ予防の食事、介護食作りのポイントをお話しした後、調理の実演を行いました。


「在宅療養後方支援病院」のご案内

2018.06.01
(再掲)

当院では、「なるべく自宅でご家族と過ごしたいが必要なときには適切な医療を受けたい」という在宅患者さま及びそのご家族さま、また「何かあった時にバックアップしてくれる病院があれば安心」という在宅医療を担う近隣の医療機関の先生方のご希望に少しでも沿うことができるよう、『在宅療養後方支援病院』としての届出をいたしました。

この制度は、当院と地域の医師や医療機関同士が協働して在宅医療を支援させていただくものであり、連携医療機関の先生方の求めに応じて、あらかじめ登録されている患者さまに対して、何らかの緊急対応が必要になった場合には、当院が24時間いつでも診療・入院をお受けする制度となります。

患者さまのご登録、診療依頼、緊急入院などの詳細については、下記ページをご覧ください。

  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院