menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311

診療部より

リハビリと療養に携わる医師とスタッフのエッセイ

「脳の病気の話」 くも膜下出血、脳卒中など13疾患

2011.11.28

院長 鈴木 龍太執筆の「病気の話~脳の病気シリーズ」 ではくも膜下出血、脳梗塞や脳出血(あわせたものが一般的に脳卒中)、てんかんなど、脳に関係する13の疾病について詳細にご説明しております。病気の話のバナーをクリックしてご覧ください。
科学的根拠に基づく病気の治療法を一般に公開している「特定非営利活動法人 標準医療情報センター」へのリンクを追加いたしました。(2011.05.12)

side_link1.jpg脳の病気 13の疾病一覧 はこちら ↓

「鶴巻温泉病院とリハビリテーション」 INDEX

2011.11.15

鈴木 龍太院長によるシリーズ「鶴巻温泉病院とリハビリテーション」

リハビリの本来の意味は「再び人間らしく生きる」という意味です。そういう考えから実際には色々な目的のリハビリがあります。鶴巻温泉病院でも機能回復の意味でのリハビリだけでなく、人間性の回復のためのリハビリを実施する努力をしています。ここでは鶴巻温泉病院で実施しているリハビリをシリーズで説明します。


(平成26年10月の病棟編成変更に伴い、(3)~(11)改訂中です)


鶴巻温泉病院のリハビリテーション INDEX

栄養科ブログ_1  おやつバイキングメニュー

2011.07.30
eiyou02.jpg

おやつバイキングメニューが替わりました☆

栄養科では、各病棟で年に2回おやつバイキングを実施しています。

好きなものを選べるようにバイキング形式の形をとり、また普段とは違った雰囲気でおやつを楽しんでいただこうと思い4年前から始めました。
患者様だけでなくご家族にも参加していただき好評を得ております。

鶴巻温泉病院のリハビリテーション(2) アクセス

2011.04.09

reha02.jpg

当院へのアクセス
まず、鶴巻温泉病院の場所を確認しましょう。神奈川県秦野市にある小田急線の鶴巻温泉駅から歩いて3,4分の場所です。電車からも良く見えます。


新宿から急行で1時間、小田原から急行で30分程度の距離です。隣の伊勢原には東海大学医学部付属病院があります。秦野市の南に位置するので、すぐ近くが平塚市です。平塚在住の入院患者さんも多く、平塚駅から鶴巻温泉病院までご面会の方用に無料の送迎バスを出しています。送迎バスを利用すると電車で1時間かかるところを30分程度で行き来できます。

鶴巻温泉病院のリハビリテーション (1)人間性の回復のためのリハビリ

2011.04.08

reha01.jpg

鶴巻温泉病院のリハビリテーション
皆さん、リハビリテーション(リハビリ)と聞いてまず思い浮かべるのは病気やけがで手足が不自由になったとき、リハビリ療法士が横について、立ち上がったり、歩いたりする練習をしているイメージだと思います。これは失われた機能を回復するための訓練です。でもリハビリの本来の意味は「再び人間らしく生きる」という意味です。そういう考えから実際には色々な目的のリハビリがあります。

vol.9  回復期リハビリ病棟・・・業績「学会発表・講演会」

2011.03.24

回復期リハビリテーション病棟 学術業績


鶴巻温泉病院の各種学会発表・講演等を掲載しました。(2012年度データ更新)


vol.8  回復期リハビリ病棟・・・「脳卒中治療研究会 大磯セミナー」

2011.03.24

当院回復期リハビリテーション病棟 治療成績を
「脳卒中治療研究会 大磯セミナー」で毎年発表
しております。


ooiso2.jpg ooiso1.jpg

鶴巻温泉病院 脳卒中の治療成績

発表データ(更新準備中)


vol.7  回復期リハビリテーション病棟・・・国際学会 治療実績共同発表 Beijing, China / Madrid, Spain

2011.03.23

当院回復期リハビリテーション病棟 治療実績を、国際学会で発表(共同演者)しております。

*2008年11/14-11/16開催のLancet Medical Forum, Stroke in Asia Beijing, China で発表された湘南鎌倉総合病院 脳卒中診療科 森貴久部長との共同研究データ(抄録)をpdfファイルで掲載いたしました。(2009.07.24追記)

*2008年 8/23-8/26開催の12th Congress of the European Federation of Neurological Societies, Madrid, Spainで発表された湘南鎌倉総合病院 脳卒中診療科 森貴久部長との共同研究データ(抄録)を掲載いたしました。(2009.07.28追記)

vol.2 脳血管障害 脳卒中のリハビリ「P物質と誤嚥性肺炎」

2007.03.13
ドパミン
「ごえん」という言葉を聞いたことはありますか。漢字で書くと「誤嚥」です。「嚥」は嚥下(えんげ)の「えん」です。つまり、「誤って飲み下すこと」を指します。 これは子供が間違えて洗剤を飲んだりすることではありません。脳卒中などの原因で、食べ物や飲み物を正常に摂取できなくなる現象です。

vol.1 脳血管障害・・・「変貌する脳卒中」

2007.01.27
長山診療部長
少し前まで脳卒中は軽症化したと言われていたのに、最近では再び重症化してきているらしい。「成人病」から「生活習慣病」へと、つまり「早期発見」から「予防」へと考え方が変わり、自覚症状がなくとも高血圧の治療は受けるものという意識の高まりの中で、重症の脳出血が減少したと言われていた。

  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院