menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311

ご挨拶

鶴巻温泉病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

病院のご案内

理事長・病院長(兼任) 鈴木 龍太

院長写真

 2015年6月に医療法人社団三喜会理事長に就任いたしました。理事長としましては創設者の荒井喜八郎初代理事長、藤田力也先生の次で3代目となります。


 三喜会の「三」は「患者さまとそのご家族」「地域社会」「病院職員」の三者を表しており、その三者が共に喜び合うという気持ちを表したものです。この三喜会の理念に則って、これからも三喜会の発展に尽くしたいと思います。


 三喜会は鶴巻温泉病院ができた1年後に開設されました。現在では鶴巻温泉病院(591床)以外に急性期の横浜新緑総合病院(236床)、介護老人保健施設ライフプラザ新緑、同鶴巻、鶴巻高齢者複合施設ケアタウン「あじさいの丘」、訪問看護ステーション、クリニック等、医療・介護のシームレスな運営を行っています。今後ともご支援を頂きながら、皆様とともに歩んでいく所存でございます。


 昨今の日本の医療・介護を取り巻く環境は大変厳しく、めまぐるしく変化しています。私が2009年に鶴巻温泉病院院長に就任して以来「変化を進化に 進化を笑顔に」をモットーとしてきました。その間に鶴巻温泉病院は遠方からの入院患者さまの割合が減り、地域の患者さまの入院が大多数となりました。


 この数年は、入院だけでなく、入院前や退院後の在宅療養に対して、訪問リハビリテーションや訪問栄養管理、訪問歯科、神経難病の患者さまのレスパイト(介護休暇)入院、がんや長期療養の患者さまの短期入院など、地域の人々の入院と 在宅療養を支える病院としての役割強化を進めてまいりました。

 2018年4月には急性期の治療が終わってもう少し、治療やリハビリが必要な患者さま(ポスト アキュート)や在宅で発熱など急変した患者さま(サブアキュート)に対応できる地域包括ケア病棟を新設し、鶴巻訪問看護ステーションのサテライトも開設しまし た。これからも時代の変化を先取りして、変化を恐れず新しい時代に発展し続け る鶴巻温泉病院を創っていきたいと考えています。


 それには皆様の力と協力が必要です。どうぞよろしくお願いいたします。


鶴巻温泉病院のチーム医療

 当院は591床の多機能な慢性期病院です。


 一般病床は145床で、120床の障がい者・難病リハビリ病棟と、個室中心の25床の緩和ケア病棟があります。

 障がい者・難病リハビリ病棟では神経難病や障がいの強い患者さんに対してリハビリテーション(以下リハビリ)を提供するだけでなく、在宅療養を受けている患者さんを2週間ほどの短期でお預かりし、その間にリハビリを実施し、介護されているご家族は少しお休みするレスパイト入院(介護休暇入院)も受け入れています。
 緩和ケア病棟はがんで起こる身体や心の痛みを楽に(緩和)する治療を希望されている患者さんが入院しています。


 療養病床は446床です。内訳は回復期リハビリテーション病床 206床、医療療養病床240床です。2018年4月に「地域包括ケア病棟」を開設しました。


 回復期リハビリ病棟は脳卒中や大腿骨・脊椎骨折などの病気で急性期治療が一段落されたポストアキュート(postacute)の患者さんがリハビリを集中的に受けるために入院されます。回復期リハビリ病棟は寝たきりを防いで、自宅へ帰ることが目的の病棟ですので、できる限り自宅へ帰れるように援助します。そのため、早期からの自宅改修の提案や、退院した後の訪問リハビリ、訪問栄養指導、訪問歯科を実施していますし、在宅から短期入院できるシステムも整えています。

 医療療養病棟では急性期の治療が終了したあと、更に医療行為が必要な患者さん(postacute)が長期間入院できます。最近では、肺炎や脱水など、地域の在宅や介護施設では診ることができない患者さんを一時的に受け入れ、入院治療を行うサブアキュート(subacute)対応も実施しています。

 このように回復期から慢性期・終末期のポストアキュート、サブアキュートの患者さんを受け入れ、多機能の病棟を運用していますが、共通していることは患者さんの気持ちに寄り添った医療、看護・介護、リハビリの提供を心がけていることです。
 リハビリは回復期リハビリだけでなく、障がい者や、難病・高齢の患者さんに対する生活期(維持期)リハビリ、終末期の患者さんに対する緩和リハビリも提供し、患者さんのQOL (満足度)を高めるように努力しています。


 鶴巻温泉病院ではチーム医療の目標(図の中心)を「患者さんのQOL」にしています。QOLは「生活の質」と訳しますが、私は「人生の満足度」と思っています。医療者だけでなく、患者さん・ご家族も参加して患者さんの満足度が向上するように頑張ります。患者さんやご家族の参加というと分かりにくいかもしれませんが、リハビリを頑張ろうという気持ちも、鶴巻温泉病院を選んで入院したことも一つの参加の形です。

鶴巻温泉病院のチーム医療

「夢があるから、がんばれる。」

 小田急線のドアに「夢があるから、がんばれる。」という鶴巻温泉病院のステッカーが貼ってあります。夢を持つことは患者さん・ご家族だけでなく、病院の職員にとっても大切なことです。病院では医療の質を維持し、継続的に向上させることが必要で、そのためには職員が夢を持って働ける環境を提供することが大切だと考えています。職員が元気に笑顔で仕事をしていると、患者さん・ご家族にも笑顔が広がります。ひいては患者さん・ご家族のQOLを向上することができます。

 これからも職員一同、元気に笑顔で頑張りますので宜しくお願いいたします。


小田急ステッカー

【経歴】

東京医科歯科大学医学部卒業
米国 National Institutes of Health (NIH) NINCDS Visiting fellow
東京医科歯科大学脳神経外科助手
昭和大学藤が丘病院脳神経外科 准教授
昭和大学藤が丘病院安全管理室 室長(兼任)
2009年6月 医療法人社団 三喜会 鶴巻温泉病院 副院長
2009年9月 医療法人社団 三喜会 鶴巻温泉病院 院長
2015年6月 医療法人社団 三喜会 理事長に就任(鶴巻温泉病院院長兼務)


【資格】

社団法人日本脳神経外科学会 専門医
日本脳卒中学会 専門医
厚労省指定臨床研修指導医
日本リハビリテーション学会 専門医


院長ブログへ
【学会関連】

日本リハビリテーション医学会指導責任者
日本慢性期医療協会 理事
日本リハビリテーション病院・施設協会理事
神奈川県慢性期医療協会 会長
神奈川県病院協会 理事


院長ブログへ
2017年7月 更新

看護部長 小澤 美紀

看護部長写真

 超高齢社会を迎えていく現在、これからの慢性期病床は「治し支える」医療の提供が大きな役割です。当院は創設以来、高齢者に特化した看護・介護・リハビリテーションに重点をおいてきました。これからはもう一歩、在宅支援、さらに看取りのケアにも力をそそぎ、社会に求められる病院を目指していきます。特に看護部では、「5つの心(観る・聴く・感じる・思いやる・寄り添う)と確かな知識・技術で看護介護を提供させていただく」という理念に基づき、患者さん・ご家族・地域の皆様を支えていけるよう努力してまいります。これからもご支援のほどお願い申し上げます。


【経歴】

金沢大学医療技術短期大学部看護学科卒
聖マリアンナ医科大学病院
東海大学医学部附属大礒病院
2012年4月 医療法人社団三喜会 鶴巻温泉病院 感染管理室室長
2013年6月 医療法人社団三喜会 鶴巻温泉病院 看護部副看護部長
2015年9月 医療法人社団三喜会 鶴巻温泉病院 看護部長に就任


【院外活動】

日本看護協会感染管理認定看護師
日本感染管理ネットワーク関東支部役員


看護部長ブログへ
看護部長ブログへ
  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院