HOME > スタッフコラム

スタッフコラム

スタッフコラム

重度訪問介護を利用した入院中の外出

2018年10月

薬剤科|簡易懸濁法について

2018年8月

今回はお薬を胃瘻や経鼻経管から入れる方法である簡易懸濁法(かんいけんだくほう)についてご紹介します。


従来は散剤や錠剤の粉砕したものを水やお湯に溶いてチューブから入れる方法が行われてきました。ですが、この方法はチューブが詰まったり、錠剤やカプセル剤を粉砕する時にご家族やスタッフが吸い込んでしまったり、安定性が悪くなったりと色々な問題点がありました。

そこで錠剤やカプセルを粉砕せずにそのままシリンジに入れ、約55℃の温湯で溶かし経管投与する簡易懸濁法が考案されました。


錠剤やカプセルを粉砕せずにそのままシリンジに入れ、約55℃の温湯で溶かし経管投与する簡易懸濁法

少し古いデータですが、2013年の日本病院薬剤師会の調査では全国526病院の78%が導入していたという報告があります。


錠剤やカプセルをそのままシリンジに入れることで色々なメリットがあります


錠剤やカプセルをそのままシリンジに入れることで色々なメリットがあります
  • 1.製造時に保証された剤形を服用直前まで保持できる
  • 2.光や湿度等による影響を受けず粉砕時のロスもない
  • 3.粉砕・混合しないため配合変化の危険性が減少する
  • 4.錠剤・カプセルのままなので服用時に再確認ができ、中止・変更時の対応が容易 例:お通じの状態に合わせた下剤の調節
  • 5.細いチューブを使用することもできる

注意が必要な薬・簡易懸濁法が適していない薬もあります


no.jpg
  • 1.そのままでは温湯に崩壊しないためコーティングを破壊する必要がある
  • 2.吸湿性があるため、その都度コーティングを破壊する必要がある
  • 3.崩壊時間が長いと問題が生じるため、服用直前に崩壊させる必要がある
  • 4.簡易懸濁法が適さないため他の薬への変更が必要



当院でも院内処方薬・持参薬共に、適合する薬剤については簡易懸濁法を用いてお薬を服用していただいています。崩壊させた後の安定性やシリンジ内での配合変化のデータについてはまだまだ不足している部分もあるため、集積が必要となっています。


最近は新薬開発時に簡易懸濁法についても試験している製薬会社も増えてきました。確実なデータのもとで簡易懸濁法が実施できるよう、薬剤科でも情報の収集を継続して行っていきます。


「噛む・飲み込む」が困難な方への栄養食事相談

2018年6月

障がい者・難病リハビリ病棟を担当している、管理栄養士の柴です。

栄養科では入院中や退院後の食事についてご不安がある患者様・ご家族に向けて、栄養食事相談を行っています。今回はその一例として、噛む力・飲み込む力が弱っている方に向けた栄養食事相談についてご紹介させていただきます。

加齢や病気の進行によって、噛む力・飲み込む力が徐々に落ちてくる患者様が多くいらっしゃいます。これらの力が落ちてくると窒息や誤嚥(食べ物などが、誤って気管に入ってしまうこと)の危険性が高まります。そこで、入院中は患者様の状態に合わせて嚥下調整食(噛む・飲み込みやすく調整した食事)を提供しています。

この嚥下調整食は外出時や退院後にも必要となります。しかし、いきなり嚥下調整食といわれてもすぐにピンとこないかもしれません。

「どんなものなら食べられるのだろう。」「どんな風に料理すればいいのかしら。」などの疑問を解決するために栄養食事相談を行っています。

〇栄養食事相談の様子

患者様の噛む力や飲み込む力に合わせて、具体的にどのような食材や調理方法であれば食べられるのかを説明しています。実際に、当院で提供している嚥下調整食を試食して、軟らかさを体験していただくこともあります。

「食べて良いものはわかったけれど、作り方がわからない」など調理に不安がある方には、調理実演を交えながら、調理のポイントをお伝えします。また、調理負担が軽減できるような調理済み食品の購入方法なども紹介しています。


eiyou.jpg

入院中も退院後も安心・安全に、そして楽しく食事が食べられるように管理栄養士として、これからもサポートしてきたいと思います。食事でお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。

栄養科ホームページ

「世界ALSデーを前に考えること」 看護科長 相川依子

2018年6月

6月21日は「世界ALSデー」です。

ALSは筋萎縮性側索硬化症という難病で、当院の障がい者難病リハビリ病棟にも入院されている方が3~5名いらっしゃいます。また在宅療養をしながら在宅サポート入院(レスパイト入院)の利用をされている方も多いです。

2014年アイスバケツリレーで少し皆様の記憶に残っているのではないかと思います。

これは氷水をかぶってALSの事を広めるリレーをしていると思った人もいるかもしれませんが、本来は、ALSの研究のために「ALS協会に100ドルの募金をするか、氷水をかぶるか」という選択をしてもらうことでした。

どちらかというと、氷水をかぶってALSを知ってもらうという意味合いが強くなってしまったように感じます。それでも有名なハリウッド男優や女優さんが参加したことにより、知名度が少し上がったようです。

また2017年は、ドキュメンタリードラマ『ギフト 僕が君に残せるもの』という元アメリカンフットボール選手がALSと診断されてから、生まれてくる子供への贈り物としての映像が話題になりました。

そして、世界ALSデーin NAGOYAでは「ごろんとなろう」というイベントがありました。これは身動きせず5分間のごろんとは「体が動かない」ことがどういうことなのかを、5分間身動きせず寝ころぶことを通して体験してもらうという趣旨でした。

世界ALSデー in NAGOYA みんなでゴロンしよう!

https://goron.jp/  世界ALSデー in NAGOYA みんなでゴロンしよう!

2018年度の「世界ALSデー」はどのような企画が考えられているのでしょうか。今年はさらに企画が増えています。

「6月21日の"世界ALSデー "に向けた音楽イベント【MOVE FES. 2018 Supported by Hard Rock Experience】が6月19日、東京・豊洲PITにて開催」

さて、2018年3月14日に物理学者のスティーブン・ホーキング博士が76歳で死去したことも皆様の記憶に新しいと思います。

53eccec469beddaa722af1d8-w960.jpg

スティーヴン・ホーキング博士
出典 https://www.businessinsider.jp/post-163902
lwpkommunikacio/flickr

ホーキング博士は21歳でALSと診断され余命は2年と告げられました。その後約55年医師の宣告をはねのけ、ブラックホールと宇宙に対する科学者の捉え方を変えてきました。

科学への貢献のみならず、強烈な政治的発言と辛らつなウィットに富む名言を持つ人です。

そこで、スティーブン・ホーキング博士の言葉から抜粋して紹介します。

◆障がいについて

「体に障がいを持つ人に対する私のアドバイスは、集中すればうまくやれるということ、そしてできないことを後悔しないこと。体だけでなく、精神にまで障がいをもたらしてはいけない」

◆自由意思について

「全てが運命で決まっていて、何も変えることができないと主張する人でさえ、道路を渡るときには左右を確認する」

◆3人の子供たちへのアドバイス

「1つ、星を見上げること、足元は見るな。2つ、仕事を決してあきらめないこと。仕事は意味と目的を与えてくれる。仕事がなければ人生は空虚。3つ、幸運にも愛を見つけることができたら、その存在を忘れず、投げ出さないこと」

◆壁にぶつかった時

「行き詰っても、逆上してはいけない。何が問題かを考え、他の方法を試す。前に進む道を見つけるのに何年もかかることもある。ブラックホール情報パラドックスには29年かかった」

ホーキング博士だけでなく患者さんの言葉は心に響いてきます。

当院に入院している患者さんも私たちに語りかけてくれます。

だからこそ私たち看護部の理念は「患者の声を心で聴き、感じ、思いやり寄り添いながら観て(観察)考えることができる。そして、その手で技術が実践できる看護・介護を提供します。」なのだと思います。

パーキンソン病の睡眠障害と治療|第3診療部長 中島 雅士

2018年4月

 パーキンソン病では運動障害に加えて、さまざまな睡眠障害が病初期から進行期までにしばしば認められます。不眠、レム睡眠行動異常症、夜間頻尿、下肢静止不能症候群(むずむず脚症候群)、周期的四肢運動症、睡眠時無呼吸、などさまざまな種類の睡眠時異常が単独に、または組み合わさって起こることで睡眠が障害されます。


 それぞれの睡眠障害については後に簡潔に述べますが、パーキンソン病において最も多く報告されている障害は断続的睡眠、すなわち、まとまった深い睡眠が得られず、睡眠がしばしば中断されるという現象で、パーキンソン病患者の40%にみられたと報告されています。この断続的睡眠はパーキンソン病の初期からみられ、病期が進むにつれて頻度が増します。その原因にはまたさまざまな要因がありますが、特に運動症状(動きにくさ)の夜間または早朝における増悪、パーキンソン病に固有の痛み、むずむず足症候群、睡眠時無呼吸、抑うつ状態、夜間頻尿などが重要な原因であると考えられています。


 これらの要因はパーキンソン病脳の神経変性と関連するものですが、パーキンソン病治療薬の副作用として現れている場合もあると考えられます。パーキンソン病の代表的治療薬であり、かつ運動症状に対して最も確実な効果を示すL-ドーパ(商品名メネシット、マドパー、など)の投与量が増えるほど断続的睡眠が起こりやすくなるという報告があり、これは脳内ドパミン濃度の変動が影響していると考えられます。そこで、脳内ドパミン作動薬の、特に夜間における濃度を安定させて断続的睡眠を治療する試みが行われています。ロチゴチン(商品名 ニュープロ)は皮膚に貼る貼付剤で、ドパミン作動薬が徐々に血液中に吸収され、24時間にわたって脳内で一定の濃度を保つように工夫されています。


 2010年代に入ってから、欧米ではこのロチゴチンが冒頭に述べたさまざまな睡眠障害を持つ患者に試され、その結果として断続的睡眠の改善が得られたと報告されてきました。当院でも、ロチゴチンを就寝前に貼付することによって、複数の患者で、夜間または早朝の動きにくさまたは脚の痛み、レム睡眠行動異常症、夜間頻尿、むずむず足症候群などによる断続的睡眠の改善が得られています。パーキンソン病の主要な症状である体の硬さ、動きにくさ、ふるえなどの運動症状以外の症状は非運動症状と総称されます。その中にはここに紹介した睡眠障害以外にも、痛み、ドパミンに対する精神的依存などがあり、その中にはL-ドーパまたはドパミン作動薬の過剰に関連したものもあります。パーキンソン病の治療では、医師と相談しながら適量のくすりを定期的に内服するとともに、過量の内服を避けることも大切です。


用語解説


■レム睡眠行動異常症:睡眠周期の一つで夢を見る周期であるレム睡眠期に、大声で寝言を叫ぶ、壁を叩く、殴る・蹴る、歩き回るなどの行動異常を伴うもの。


■下肢静止不能症候群(むずむず脚症候群):じっとした姿勢や横になった時、主として下肢(脚)にさまざまな不快感が生じて動き回らずにはいられなくなる状態。


■周期的四肢運動症:入眠期に手足が周期的にビクビクっと動く状態。むずむず脚症候群とは異なって、この運動は睡眠中だけに起こり、手足の不快感によるものではない。多くの場合に患者はこの運動を自覚していないが昼間の眠気を訴える。


<地域連携室について>

2018年3月

私たちは、「気軽に頼れる地域連携室」を理念に、患者さま・ご家族さまの相談を伺っています。当院には14名在籍しており、社会福祉士の資格を取得しています。そのうち2名が障がい者・難病リハビリ病棟を担当しております。

医療ソーシャルワーカーは、病院の中で、患者さま・ご家族さまを生活の視点から支援させて頂きます。
ご相談をお受けする場面として、次の3つがあります。

1、電話相談

dsc4.jpg

入院に向けて、病棟説明を始め、入院前の審査のためにご用意して頂く書類等についてもお伝えしています。当院でのお受入れが難しい場合には、現状のご生活の中で利用可能な社会資源や相談窓口をできる限りご提案します。

2、入院前面談

当院では、ご入院の審査が通ると、入院前に面談を行っています。来院して頂き、相談員より入院中のご希望等についてお伺いします。お電話ではなく、直接お話しする中で、当院のことをより知っていただきたいと思っております。

また、院内の見学をして頂きます。実際に病院・病棟の特徴や入院生活を見て頂くことで、患者さま・ご家族さまがご納得できる入院生活が送れるように努めております。


3、入院中の個別面談

入院中には、ご病気への不安のみでなく、入院生活や今後の生活への不安を感じる方もいらっしゃいます。入院生活にて不安や要望を伺い、患者さま・ご家族さまが望む生活が送れるように、考えていきます。また、今の悩みを誰に相談すれば良いのか悩まれることもあります。その際には、悩みを一緒に整理し、解決をしていきます。さまざまなお気持ちを共有することで少しでもお気持ちが軽くなれば良いと考えております。


地域連携室は、南館1階にありますので、お気軽にお立ち寄りください。ご入院をお考えの方は、お電話をお待ちしております。


201803msw.JPG

2018年3月 鶴巻温泉病院 地域連携室 医療ソーシャルワーカー 鈴木


コミュニケーション支援「ハイテクノロジー」

2018年3月

当病棟では難病の患者様に対して積極的にコミュニケーション支援を実施しています。

コミュニケーション支援には、大きく分けて

  • ①ジェスチャーや口文字など道具を使用しない「非エイドコミュニケーション」
  • ②文房具や文字盤などを使用する「ローテクノロジー」
  • ③高度な機器やセンサー類などを活用しコミュニケーション機器を使用する「ハイテクノロジー」

があります。

最近、ハイテクノロジーの中で注目されているのは、視線で文字が入力できるコミュニケーション機器です。当院でも視線で文字が入力できる「miyasuku EyeConSW」や「My Tobii」「OriHime」などのコミュニケーション機器の導入を支援しています。

ハイテクノロジーは日進月歩であるため、患者様の様々なニーズに対応できるよう、これからも情報収集に努め患者様のニーズに応えていきたいと思います。


na01.jpg

「miyasuku EyeConSW」を操作している様子



2階東病棟のレクリエーションをご紹介します。

2018年2月

2階東病棟のレクリエーションをご紹介します。

 病棟の看護師、介護福祉士が企画したレクリエーションを年に6回行っています。オカリナコンサートや夏祭り等を実施し、12月はクリスマス会でした。職員がサンタクロースになり、プレゼントを配りました。喜ばれている患者様を見ると私達もうれしくなります。

1.JPG

ツリーと一緒に写真を撮っている所です

2.JPG

カメラ目線を狙って、声をかけている所です

また、季節ごとの飾りつけを行っています。11月はハロウィンでしたが、12月はクリスマス一色です。

3.JPG

 次回は、節分を企画しています。職員が鬼に扮して、豆まきを行います。どんな豆まきになるか楽しみです。邪気を払い、福を呼び込みましょう。

2階東病棟 科長 加藤 久美子


薬剤科|抗インフルエンザウイルス薬のご紹介

2018年1月

寒い季節となってきました。みなさん体調は崩されていませんか?

この時気になると心配になってくるのがインフルエンザウイルスではないでしょうか。さらに今年はインフルエンザワクチンの出荷が滞っており予防接種が遅れています。今年はうがい・手洗いをしっかり行い予防することが特に大事な年になります。しかし、予防していても体調によってはインフルエンザに罹患してしまうこともあります。

そのようなときには、以下のような抗インフルエンザウイルス薬があります。

■タミフル
カプセルとドライシロップの2種類の製剤があり、治療する場合と予防する場合で用量や内服期間が異なります。また、腎臓の働きが悪い方はお薬をうまく排泄することができないため用量を少なくして服用する必要があります。


tam075ptp.jpg

■リレンザ
吸入して使用するお薬になります。ブリスターというお薬が入ったディスクをセットして専用の吸入器で吸入します。治療する場合と予防する場合で回数や吸入期間が異なります。ただし、上手にお薬を吸入できない方は効果が期待できない可能性があるのでご使用できないことがあります。


relenza-img-1.jpg

■イナビル
吸入して使用するお薬になります。治療、場合によっては予防も一度の吸入で済むので簡便です。リレンザ同様、上手にお薬を吸入できない方は効果が期待できない可能性があるのでご使用できないことがあります。


rac_bag_01.jpg

■ラピアクタ
点滴で使うお薬です。他のお薬は予防に用いることが出来ますが、ラピアクタは治療にのみ使用するお薬となります。重篤なインフルエンザウイルス感染症の場合に使用します。


ina_dv_1_1007.jpg

抗インフルエンザウイルス薬は治療、予防に用いるどちらの場合にもインフルエンザが疑われる症状がみられた2日以内に投与を開始することが望ましいとされています。お薬を使用して体が楽になってもインフルエンザウイルスは体の中に潜伏しています。医師や薬剤師の説明通りの使い方で最後まで治療を行い、無理せずしっかりとご自宅で療養して頂くことが望まれます。また、小児や高齢者の方が内服すると異常行動のリスクが高いと厚生労働省から報告がありますので、ご使用時はなるべくお一人にならないようご注意ください。

インフルエンザが疑われる症状がみられたら早めに病院を受診しましょう。


薬剤科コラム バックナンバー

お薬手帳について


パーキンソン病の栄養管理 ~管理栄養士という立場から、患者様の生活をサポートする~

2017年12月

このページの先頭へ