HOME > スタッフコラム

スタッフコラム

スタッフコラム

入院案内

<地域連携室について>

2018年3月

私たちは、「気軽に頼れる地域連携室」を理念に、患者さま・ご家族さまの相談を伺っています。当院には14名在籍しており、社会福祉士の資格を取得しています。そのうち2名が障がい者・難病リハビリ病棟を担当しております。

医療ソーシャルワーカーは、病院の中で、患者さま・ご家族さまを生活の視点から支援させて頂きます。
ご相談をお受けする場面として、次の3つがあります。

1、電話相談

dsc4.jpg

入院に向けて、病棟説明を始め、入院前の審査のためにご用意して頂く書類等についてもお伝えしています。当院でのお受入れが難しい場合には、現状のご生活の中で利用可能な社会資源や相談窓口をできる限りご提案します。

2、入院前面談

当院では、ご入院の審査が通ると、入院前に面談を行っています。来院して頂き、相談員より入院中のご希望等についてお伺いします。お電話ではなく、直接お話しする中で、当院のことをより知っていただきたいと思っております。

また、院内の見学をして頂きます。実際に病院・病棟の特徴や入院生活を見て頂くことで、患者さま・ご家族さまがご納得できる入院生活が送れるように努めております。


3、入院中の個別面談

入院中には、ご病気への不安のみでなく、入院生活や今後の生活への不安を感じる方もいらっしゃいます。入院生活にて不安や要望を伺い、患者さま・ご家族さまが望む生活が送れるように、考えていきます。また、今の悩みを誰に相談すれば良いのか悩まれることもあります。その際には、悩みを一緒に整理し、解決をしていきます。さまざまなお気持ちを共有することで少しでもお気持ちが軽くなれば良いと考えております。


地域連携室は、南館1階にありますので、お気軽にお立ち寄りください。ご入院をお考えの方は、お電話をお待ちしております。


201803msw.JPG

2018年3月 鶴巻温泉病院 地域連携室 医療ソーシャルワーカー 鈴木


入院生活について ~療養型の病院とは?~

2017年9月

療養型の病院とはどんなところでしょうか?

0.png入院相談でお問い合わせいただくことも多く、病院での生活や療養環境について、イメージが沸かない方もいらっしゃるのではないか...?と感じています。
そこで、少しでも当院の療養環境を知っていただく機会になればと思い、今回は当院の障がい者・難病リハビリ病棟における入院生活の一場面をご紹介いたします。


正面玄関

 病院の入り口です。入院退院専用の駐車場があり、自家用車や介護タクシーを駐車して乗り降りができるスペースがあります。入院当日は入り口で担当者がお待ちしていますので、安心してご来院ください。

1.JPG2.JPG

本館1階ロビーには、当院の公式ゆるキャラ「鶴のまきちゃん」がいます。(出張の場合は不在となります)


病棟

障がい者・難病リハビリ病棟には2つの病棟があり、目的に応じて入院病棟が異なります。



■障害者病棟




■特殊疾患病棟


  • ・療養目的の入院:比較的長期間の入院が必要な患者さんが多くいらっしゃいます。

3.JPG

ロビー:お食事を召し上がったり、日中車椅子に座って過ごされる方がいらっしゃいます。レクリエーション活動を行う時間帯もあります。


リハビリテーション室

 病棟で行うリハビリテーションが中心ですが、リハビリテーション室で行うこともあります。PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)が在籍しており、お身体の状態を維持していけるよう必要に応じてかかわっています。


4.jpg

レクリエーション室

 当院では、レクリエーション活動も患者さんのリハビリテーションの一環と位置づけ、積極的に実施しています。カラオケ、手芸、園芸、体操、習字、囲碁、麻雀など様々なプログラムがあり、患者さんに合ったものを選んで参加していただきます。

5.JPG 6.JPG 7.JPG

足湯

 源泉を使用した温泉です。入院中の患者さんとご家族がご利用いただける施設です。車椅子を使用している患者さんもご利用いただけるよう工夫しています。また院内でペットをお連れして面会できる唯一の空間です。
日々の入院生活の中で患者さん・ご家族が一息つける憩いの場として、季節問わず人気の場所となっています。
(※温泉療法は行っておりませんので、ご了承ください。)


8.JPG 9.JPG 10.JPG

面会スペース(南館6階サンルーム・本館ロビー)

 面会は毎日11時~20時、365日可能です。ご家族やお知り合いの方がいらした際などにはぜひご利用いただき、ゆっくりと楽しいひと時をお過ごしください。
(患者さんが入院病棟以外の場所へ行かれる際は、医師の許可が必要となります。ご希望がありましたら病棟へご相談ください。)


11.JPG 12.JPG 13.JPG

 14.png当院では療養型病院として、生活を意識した環境や対応を大切にしています。ご家族や面会される方との交流や団欒、患者さん・ご家族がともに安らげる環境をつくっていけるよう日々努めています。

入院中の生活についてご希望やご不安がありましたら、ソーシャルワーカーや各スタッフへお声かけ下さい。また入院前の見学も承っておりますので、お気軽にご相談ください。


入院中の外出支援について|医療ソーシャルワーカー

2017年4月

日頃、医療ソーシャルワーカーは、患者様・ご家族より入院中や退院後の不安や困っていることについて相談を受けています。入院は、自宅とは異なる環境での生活となるため、患者様・ご家族が安心してお過ごし頂くことや、入院中に希望することを可能な限り実現したいと思い関わっています。その中で、患者様・ご家族の希望の一つとして、入院中の外出の相談を受けることがあります。


例えばご家族より「長い入院になって外に連れて行ってあげられていない。楽しみを作ってあげたい」という声が聞かれます。

障がい者・難病リハビリ病棟は、医療行為(気管切開・経鼻経管栄養・吸引・呼吸器)や重度の介助を必要とする方が入院されているため、外出を計画する上で様々な準備が必要です。安全に外出して頂けるよう、患者様・ご家族の希望を伺いながら、多職種で連携して支援を行っています。


チーム医療

患者様・ご家族より、こんな相談があります。


706106.jpg
  • ・自宅に一時帰宅したい。
  • ・昔行った思い出の場所に行きたい。
  • ・親戚の集まりがあるから参加したい。
  • ・結婚式に出席したい。
  • ・桜を見に行きたい。

安全に外出して頂くために必要なことをチームで話し合います。


  • ■ 医師
     →全身状態を確認し、外出可能かの許可をします。
  • ■ 看護師・介護福祉士・リハビリスタッフ
     →外出中のケアに関する注意点や必要な介助指導を行います。
  • ■ ソーシャルワーカー
     →介護タクシー等の移動手段の確保、看護師、ヘルパー等(自費)、必要な備品の手配

外出!!


~外出を終えた患者様・ご家族の声~

  • 「気分転換になってよかった」
  • 「自宅前まで行けたから、今度は家の中にも入りたい」
  • 「次はこんな所に行ってみたいな」
gaisyutu01.JPGおかめ桜を鑑賞している様子 gaisyutu02.JPGおかめ桜を鑑賞している様子

病院の前にある、おかめ桜を鑑賞している様子です。病院前のため、外部からのサービスを利用せずに病棟看護師、リハビリスタッフの帯同で実施しました。

外出から帰ってこられた患者様は笑顔で外出の様子をお話されたり、久々の外出で疲れてしまったとお話される方もいます。外出を通して、患者様・ご家族の入院中の楽しみに繋がるよう、サポートをしています。


ホームページをリニューアルして再開致しました。

2014年11月

「障がい者・難病リハビリ病棟」の機能やレスパイト入院に関して、ホームページをリニューアルして再開致しました。
今後 『ご家族さまや患者さまの声』・『スタッフの声』などを載せていきますので、これからも宜しくお願い致します。

障がい者・難病リハビリ病棟 スタッフ一同

このページの先頭へ