サービス|グループホーム青葉台|認知症対応型共同生活介護|横浜市青葉区

グループホーム青葉台のサービス

ホームでの生活

食事、入浴、排泄の援助は基より、買い物や散歩など入居者個人のニーズに応じた支援を致します。日課は特に設けずに、個々人の生活習慣やリズムを最大限尊重致します。入居者の意志や自主性を重んじ、スタッフと共にあたりまえの生活を、ごく自然に暮らせるよう努めています。

外出、外泊、面会はご家族のお申し出と付き添いがあれば、特に健康上の制約が無い限り自由ですので、より多くの時間を入居者の方と過ごして頂くように願っております。地域とは、近所の商店街、隣組、自治会、老人会、民生委員、小学校、中学校等とのかかわりも大切にしています。

↑ このページの上へ

お食事

お食事

入居者様の希望を取り入れながら、栄養を考えて調理しています。

ご入浴

ご入浴

車いすでも入れる大きな浴室で、手すりを多く取り付けて、安心にゆったりと入浴して頂けます。

生活リハビリ

サービス風景

朝のお茶の時間です。ご利用者の意思や自主性を重んじて、生活習慣やリズムを尊重しています。

スプリンクラー

安全と安心

自動火災通報装置、火災探知機、誘導灯、その他避難設備が整っております。ホーム内は段差を極力解消し、また手摺りを設置して高齢者の方に優しい仕様です。

↑ このページの上へ

ホームでの健康管理

入居時及び定期健康診断を受けていただき、健康状態の記録と健康保持に努めます。医療の必要性が生じた場合は、ご家族とご相談の上、前記協力医療機関との連携による適切な処遇を行います。

通院、往診の付き添いは、ご本人の健康状態を把握していただく必要性から、 原則としてご家族にお願いさせていただきます。スタッフが受診同行する場合は交通費の実費をお支払いいただきます。

↑ このページの上へ

入所時にご用意いただくもの

馴染みのお部屋の環境を保つために、個室内に収まるものであれば、衣類、家具、身の回りの物などをお持ち込みください。ご家庭に居たときと、出来るだけ同じ生活をしていただく為、布団、ベット等の寝具類は普段ご使用されている物をご用意ください。カーテンは防炎加工されたものをお願いいたします。

↑ このページの上へ

ホーム入居に関わる費用

医療費は在宅と同じ条件になりますので、医療保険により受診し、一部負担金が必要になります。又入居時の健康診断費用も必要となります。
利用料は要介護度により異なります。(介護保険利用料の1割もしくは2割負担)
入居預託金、月々の自己負担金、個人消耗品の費用など、ホーム入居に関わる費用について、詳しくご説明します。お気軽にお問い合わせください。

↑ このページの上へ

グループホーム青葉台 パンフレット

グループホーム青葉台について、詳しいパンフレットをご用意しております。お電話でお申し込みください。
TEL.045-981-6900

↑ このページの上へ