menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311

お知らせ

臨床指標|QI委員会

臨床指標|QI委員会

2017.05.20

鶴巻温泉病院では医療の質を表す指標として、QIを発表しています。以前はCI クリ二カルインディケーターと言っていましたが、2015年からセコムの提携病院で同じ指標を出して、比較できるようにする試みが始まり、それ以来QIと統一しました。

QI委員会では、2016年度は10指標(身体抑制、褥瘡や肺炎の新規発生率、在宅復帰率、患者満足度、重症患者割合等)に取り組み、チーム医療全体統括会議で発表しています。院長通信 2017年5月号より、(1)尿道留置カテーテル患者の1か月の抜去率と(2)肺炎の新規発生率を紹介します。


尿道留置カテーテル患者の1か月の抜去率

尿道留置カテーテルは排尿困難な患者さんに入っていますが、排尿訓練をして、抜去できれば患者さんのためになり、感染も防げます。抜去率は高いほど努力していることを示しています。当院は赤い線ですが、他の提携病院と比較して高い水準で推移していることが分かります。患者さんの病態の違いがあり、一概に高いから良いとは言いにくいところがありますが、参考にはなります。

尿道留置カテーテル患者の1か月の抜去率
グラフ赤が鶴巻温泉病院

肺炎の新規発生率

高齢者は誤嚥性肺炎が多く、肺炎は重症化の大きな原因となります。肺炎の予防には、口腔内のケアや、体位、食事のケアなどが大切です。その点から肺炎の新規発生率は 低い方が良いと考えられます。鶴巻温泉病院では他の提携病院と比較してもだいぶ低いことが分かります。

肺炎の新規発生率
グラフ赤が鶴巻温泉病院

元のページに戻る

  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話