menu
鶴巻温泉病院 〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北1-16-1 TEL 0463(78)1311

スタッフ紹介

すべての領域で、各専門スタッフが、「チーム医療」を通じて優れた医療技術力を包括的にご提供致します。

回復期リハビリテーション

副院長・診療部長の挨拶

今西剛史先生写真
副院長 兼 第1診療部長
回復期リハビリテーション病棟 今西 剛史

 リハビリテーションとは、病気により損なわれた身体機能を少しでも改善し、残存機能を有効活用できるように訓練して、ADL(日常生活動作)の向上を目指し、そしてQOL(生活の質)を高めること。それによって、再び社会生活に復帰することです。「Enjoyment of Life」も私たちはさらに考えてリハビリをすすめています。生活が楽しくある必要があります。

 発症後、機能を使わないでいる期間が長引くほど、ADL向上の可能性は狭まります。つまり、リハビリ効果をあげるには、できるだけ早期に始めることが重要です。


リハビリスタッフ

■理学療法
身体機能の回復を目指し、新たな人生をサポートします。

先進医療機器
 先進医療機器の導入を行うとともに、機械だけに頼らず、優秀なマンパワーで行う個別性を重視した対応を、これを可能にする豊かな人材で実践しています。
 医療との一体化を実現し、信頼性の高いリハビリを実施しているのも当院の特長です。
 ご家族の皆様とは高頻度で面談を行い、コミュニケーションに基づく同意形成を軸として、納得いただける治療を提供いたします。

先進医療機器を用いた理学療法

 理学療法では、筋力の増強や歩行訓練、手足の拘縮予防の関節運動、麻痺回復の運動療法や起居動作訓練などを行います。
 そして、重度障害のある方のベッドでのリハビリも含め、これらの治療は退院後のより良い生活をイメージしながら、患者さま各々のプログラムの作成をし、状態を観察しつつ進めて行きます。


 早期から車椅子で離床したり、長下肢装具を用いた起立・歩行練習を実施、職場復帰や趣味活動の再開に向け、患者さまのニーズに沿った理学療法を提供します。


 ロボットスーツHALR 福祉用やウォークエイドR、ゲイトジャッジシステムなどの先進機器を用い、効果的な回復を支援します。

ロボットスーツ

根ざした理学療法を提供

 訪問リハビリテーション、障害者支援施設、地域での介護予防事業などへのスタッフ派遣を通して、幅広い分野で地域に根ざした理学療法を提供しています。

根ざした理学療法

■作業療法
暮らしに欠かせない生活力の向上を目指したリハビリテーション。

生活力の向上を目指したリハビリテーション

 作業療法では日常生活動作の再獲得だけでなく、その人らしい生活を取り戻すために患者さまの病前の生活スタイルや趣味・仕事などをもとに、様々なシーンに沿った練習を行っています。


 退院後の生活が安全・安心して過ごせる環境であるために、手すりや段差解消といった住環境の整備だけでなく、ご家族の介護力や地域の在宅介護サービスが適切に提供されることを目指します。そのために多職種と連携し、情報交換を密に行うなどして顔の見える関係づくりに努めています。

ドライブシミュレーターを用いた自動車運転再開サポート

 ドライブシミュレーターを活用し、自動車運転に必要とされるハンドルやブレーキ操作から認知・判断・危険予測等の評価・練習を行います。安全な自動車運転に寄与できるよう、患者さま・ご家族へ情報提供やアドバイスを行っています。
ドライブシミュレーター

■言語聴覚療法
個々の患者さまに合わせたコミュニケーション訓練と嚥下訓練を実施。

コミュニケーションと摂食・嚥下機能の回復
 言語聴覚療法は、コミュニケーションと摂食・嚥下機能の回復を目指します。聴く、話す、読む、書くといった、言語に関わる障害と、嚥下(飲み込み)障害に対する訓練を行います。
 個々の患者さまに合わせたコミュニケーション練習を実施し、その人らしい生活ができるよう支援します。

 入院早期より、摂食・嚥下のアプローチを実施しています。摂食・嚥下障害については、特に多職種と連携したチームアプローチを行っています。
 “口から食べる”ということをすすめるために、医師・歯科医師・看護師・介護福祉士・歯科衛生士・管理栄養士・薬剤師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が連携し、個々の患者さまに合った具体的な計画を立てて、練習を行っています。

専門的知識をベースにした口腔ケアを行っています。

 病院内には、歯科衛生士が常駐しており、看護・介護者と協力しながら口腔ケアを行っています。
 口腔内の汚れは、単に見栄えや気分的なものだけでなく、食欲に影響を与えたり、肺炎を併発したりと様々なところに影響を与えます。

■レクリエーション
“笑顔”と“楽しみ”を見つけるサポート

専任のレクリエーショントレーナーを配置

 鶴巻温泉病院では専任のレクリエーショントレーナーを配置し、患者さまがその人らしく生き生きと生活できるように“笑顔”と“楽しみ”を見つけるサポートをしています。


躍動する心の営みを大切に

 リハビリテーション部のレクリエーションでは、患者さまの意欲向上や生きがいの再発見を支援し、患者さまひとり一人のニーズに合わせたレクリエーションプログラムを提供しています。患者さまがレクリエーション活動を通じて楽しみながら身体を動かすことが心身機能の維持向上や改善に繋がる心の営みを躍進します。また、患者さまの生活がより豊かになることを最重要課題とし、院内コンサートや年末年始イベント、外出サービスなど四季折々のイベントも企画しています。
 患者さまご自身でレクリエーションへの参加が難しい場合は、心身共にリラックス出来るよう、患者さまとご家族に心地の良い時間を過ごして頂けるように、ピアノやギターなどの生演奏を取り入れた音楽活動を提供しています。

治療に生かせるレクリエーション活動

レクリエーションプログラム

  • 趣味活動(手芸、書道、パソコン、書字)
  • カラオケサークル、麻雀クラブ
  • 鑑賞型イベント(コンサート、演奏会、落語)
  • 体験型イベント(手工芸、料理、体操等)
  • 外出サービス(近隣散策、外食ツアー)
  • グループレクリエーション
  • 音楽活動
  • 運動活動

麻雀クラブ

麻雀
 マージャン牌は手積みで行っています。麻痺のある患者さんも、同じ卓を囲むメンバーと助け合って取り組んでいます。

グループレクリエーション

グループレクリエーション
 グループレクリエーションでは、5~15人の小集団で体操やゲーム・歌・制作活動などを行っています。病棟ロビーでの音楽活動や、軽運動の会もあり、お身体の状態にあわせてお誘いしています。

リハビリテーション部の取り組み

リハビリテーション部は、200名を超えるスタッフの団結力で、日本でもっとも質の高いリハビリテーションを目指しています。

看護部の取り組み

看護部スタッフコラムで、回復期リハビリ病棟での取り組みをタイムリーにお伝えしています。

詳細

【お問い合わせ】

入院に関してのご相談、資料請求は下記へお気軽にご連絡下さい。
鶴巻温泉病院 湘南リハビリテーションセンター
地域連携室 0463-78-1319(直通)
フリーダイヤル 0120-131-146
  • 院長ブログ
  • 私たちのサービス
  • 看護師採用情報
  • リハビリテーション部採用情報
  • わかりやすく解説 病気に話
  • 知って得する身体の話
  • メールマガジン
  • 在宅療養後方支援病院