鶴巻温泉病院 リハビリテーション部 PT-OT-ST 鶴巻温泉病院 リハビリテーション部は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、レクリエーショントレーナーで形成されています。

リハビリテーション

「200名以上の団結力と、日本でもっとも質の高いリハビリテーションを目指しています。」

200名以上の団結力と、日本でもっとも質の高いリハビリテーション

身体機能の回復を通して、患者さまの家庭復帰・社会復帰をお手伝いするのがリハビリテーション医療の役割です。患者さまにとってより効果的に、より快適にリハビリ治療が行えるよう、私たちは日頃から施設整備、医療技術の研鑚に努め、患者さまやご家族の皆様のご満足をいただける医療提供を目指し、努力しております。

それぞれのセクション

当院では4つの療法をベースに患者さまの身体機能の回復、家庭復帰・社会復帰をお手伝いしています。

リハビリテーションの特徴

鶴巻温泉病院のリハビリテーション部の作業療法中のシーン

リハビリテーションは、患者さまが早く社会復帰、家庭復帰されることを目的とする医療です。鶴巻温泉病院では、「理学療法士」、「作業療法士」、「言語聴覚士」、「レクリエーショントレーナー」がおり、それぞれ専門的な治療を行っています。

施設としては、リハビリテーション室(日常生活動作練習室を含む)、言語聴覚室、レクリエーション室などを備え、それぞれ個別的、集団的にリハビリテーションを実施しています。

当院では、高齢者の生きがいや趣味などを考慮した「レクリエーションサービス」などを専門スタッフにより実施。入院患者さまの人生の再建と癒しの生活環境も整備しております。

リハビリテーション部のポイント

POINT 1 多様な病院構成

当院は回復期リハビリテーション、緩和ケア、障がい者・神経難病、医療療養、訪問リハビリテーション等、多様な疾患、多様な機能をもった病棟を有しています。回復期から在宅まで連続したリハビリテーションを提供出来ること、神経難病専用の病棟を持つこと、緩和ケア病棟に専従の療法士を配置していることが当院の強みです。入職後、様々な病棟で経験を積み、スキルアップを目指すことができます。

POINT 2 卒後教育

当院は、療法士としてだけでなく、社会人としてのスキルアップも図ることのできる教育体制を有しています。当院の教育体制は「職員の主体性」を重視しています。指導されなければ勉強できない、与えられることを待つ受身の職員でなく、自ら積極的にスキルアップに取り組める職員のための卒後教育を行なっています。

POINT 3 院外研修参加推奨

当院は、院内の卒後教育だけでなく、院外研修(学会・研修会・講習会・勉強会など)の参加も推奨しています。例えば、学会発表は「業務の一環」とし、発表者の勤怠は「出勤扱い」とすること、院外研修の際の参加費・交通費・宿泊費は原則として病院が負担することが挙げられます。これらの取り組みは、スキルアップに費やした貴重な時間を病院としてきちんと評価したい、院外研修で得られた貴重な経験を、院外研修に参加できなかった職員に広く伝達し、病院職員全体のスキルアップにつなげる事を目的としています。

学会発表実績 PDF
スタッフインタビューへ
鶴巻温泉病院のリハビリテーション部はスタッフが働きやすい環境が整っています。 鶴巻温泉病院のリハビリテーション部はスタッフが働きやすい環境が整っています。

「納得の給与形態、助け合えるスタッフ」

採用情報はコチラ