HOME > スタッフコラム

スタッフコラム

スタッフコラム

入院生活について ~療養型の病院とは?~

2017.09.12

療養型の病院とはどんなところでしょうか?

0.png入院相談でお問い合わせいただくことも多く、病院での生活や療養環境について、イメージが沸かない方もいらっしゃるのではないか...?と感じています。
そこで、少しでも当院の療養環境を知っていただく機会になればと思い、今回は当院の障がい者・難病リハビリ病棟における入院生活の一場面をご紹介いたします。


正面玄関

 病院の入り口です。入院退院専用の駐車場があり、自家用車や介護タクシーを駐車して乗り降りができるスペースがあります。入院当日は入り口で担当者がお待ちしていますので、安心してご来院ください。

1.JPG2.JPG

本館1階ロビーには、当院の公式ゆるキャラ「鶴のまきちゃん」がいます。(出張の場合は不在となります)


病棟

障がい者・難病リハビリ病棟には2つの病棟があり、目的に応じて入院病棟が異なります。



■障害者病棟




■特殊疾患病棟


  • ・療養目的の入院:比較的長期間の入院が必要な患者さんが多くいらっしゃいます。

3.JPG

ロビー:お食事を召し上がったり、日中車椅子に座って過ごされる方がいらっしゃいます。レクリエーション活動を行う時間帯もあります。


リハビリテーション室

 病棟で行うリハビリテーションが中心ですが、リハビリテーション室で行うこともあります。PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)が在籍しており、お身体の状態を維持していけるよう必要に応じてかかわっています。


4.jpg

レクリエーション室

 当院では、レクリエーション活動も患者さんのリハビリテーションの一環と位置づけ、積極的に実施しています。カラオケ、手芸、園芸、体操、習字、囲碁、麻雀など様々なプログラムがあり、患者さんに合ったものを選んで参加していただきます。

5.JPG 6.JPG 7.JPG

足湯

 源泉を使用した温泉です。入院中の患者さんとご家族がご利用いただける施設です。車椅子を使用している患者さんもご利用いただけるよう工夫しています。また院内でペットをお連れして面会できる唯一の空間です。
日々の入院生活の中で患者さん・ご家族が一息つける憩いの場として、季節問わず人気の場所となっています。
(※温泉療法は行っておりませんので、ご了承ください。)


8.JPG 9.JPG 10.JPG

面会スペース(南館6階サンルーム・本館ロビー)

 面会は毎日11時~20時、365日可能です。ご家族やお知り合いの方がいらした際などにはぜひご利用いただき、ゆっくりと楽しいひと時をお過ごしください。
(患者さんが入院病棟以外の場所へ行かれる際は、医師の許可が必要となります。ご希望がありましたら病棟へご相談ください。)


11.JPG 12.JPG 13.JPG

 14.png当院では療養型病院として、生活を意識した環境や対応を大切にしています。ご家族や面会される方との交流や団欒、患者さん・ご家族がともに安らげる環境をつくっていけるよう日々努めています。

入院中の生活についてご希望やご不安がありましたら、ソーシャルワーカーや各スタッフへお声かけ下さい。また入院前の見学も承っておりますので、お気軽にご相談ください。


地域連携室(南館1階)

  • ソーシャルワーカー 長由依、北村麻代、鈴木葉子
  • 電話:0463-78-1319(直)
  • 電話受付:月曜日~土曜日 9時~17時



このページの先頭へ