スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

病棟スタッフ紹介

2階西病棟 6月から7月の季節を感じる

2018年7月

梅雨の季節になりました。紫陽花やカタツムリ、雨の雫など連想します。雨上がりの紫陽花の美しさは、梅雨で憂鬱になった気持ちをみがいてくれるようです。色鮮やかな紫陽花をみて心が晴れたりもします

2階西病棟はすっかり梅雨モードになり、折り紙で作った紫陽花や蛙、カタツムリが沢山飾られています。一昔前は本をみて折っていましたが、今は当病棟のスタッフが動画サイトを利用しながら折ってくれています。完成した折り紙はスタッフステーションの前に飾っています。

また、折り紙だけではなく、実際の紫陽花の写真も飾っています。中には見たことのない紫陽花もあります。折り紙で作った紫陽花を楽しみつつ、色々な紫陽花の種類を知っていただけたらいいなと思います。

患者さんやご家族の方に足を止めて頂き、私たちも毎月飾るのを楽しみにしております。2階西病棟にお越しになった際は是非一度ご覧になって下さい。

【梅雨の季節】
【スタッフが作成した紫陽花と蛙とカタツムリ】
【数ある紫陽花の中の一種類です。職員撮影】

2階東病棟 レクリエーション 「七夕に向けての飾り&短冊に願いを」

2018年7月

6月27日の午後に病棟のロビーに集まり、患者様とスタッフでテーブルを囲み折り紙で作成した飾りを作ったり、短冊に願い事を書きました。自筆が困難な患者様には職員や家族が代筆しました。

願い事の内容は、「入院しているため自宅の庭の手入れをしたい」や「元気に過ごしたい」、「ゴルフがしたい」など様々な願い事が書かれていました。 みんなの願いが天に届きますように。

4階西病棟 「 私の休日 」

2018年7月

ゴールデンウィークは皆さんどのように過ごされたでしょうか。旅行に行かれた方や、家でゆっくりされた方、家族サービスをされた方、様々な過ごし方で有意義に過ごすことはできたでしょうか?私たちは、多くの知識・技術を用いて24時間患者様と関わっています。ゴールデンウィークであっても、スタッフは交代で勤務をしています。そこで、4階西スタッフの休日の過ごし方についてご紹介したいと思います。

Q:お名前 出身を教えてください。

A:介護福祉士 大津です。出身は神奈川県の平塚市になります。

Q:休日の過ごし方について教えてください。

A:休日は映画を観賞や車でドライブをしています。男のスタッフと共に呑みに行ったりよくしますね。仕事の話だったり他愛もない話 で盛り上がったりして、日々の疲れを癒しています。こうした休日の時間を使うことで、友達や先輩の大切さを改めて感じます。

Q:希望休などはとれるのですか?

A:7月に5連休を希望していますが、お互い協力して連休はとれます。希望休として日付も決めて休みを事前にとることが出来て予定を組みやすいです。

Q:最後にあなたにとって休日とは?

A:私にとって、休日は「ご褒美」だと思っています。日々の仕事を頑張った自分へのご褒美として、ごろごろしたり、旅行に行ったり自分なりの使い方でご褒美をもらっています。休日や希望休などが取れるからこそ、日々の仕事も頑張れます。

インタビューに答えてくれた、大津さんです。

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階南病棟 新人紹介

2018年7月

今年も2階南病棟に新人看護師2名が配属されました。1人目は鹿児島県から来た大村さん。2人目は長崎県から来た松尾さんです。2人にインタビューしてみました。

Q:鶴巻温泉病院を選んだ理由を教えて下さい

A:大村さん→新人に対する教育プランの構成がしっかりしており、多くの学びが出来ると思ったからです。

A:松尾さん→当院を見学した際に、たくさん〝いいな〟と思うポイントがあり、〝私もここで頑張りたい〟と思ったからです。

Q:2階南病棟の雰囲気はいかがですか

A:大村さん→職員と患者様が信頼関係を築いており、暖かな雰囲気です。

A:松尾さん→病室や廊下、ロビーなど絶え間なく患者様がリハビリをしていて、活発的だと感じます。患者様の回復を見ることができ、やりがいを感じます。

Q:出身地の名物を教えて下さい

A:大村さん→しろくまアイス、さつま芋、さつま揚げ。

A:松尾さん→カステラ、ちゃんぽん、皿うどん、伊勢海老祭り。

Q:どんな看護師になりたいですか

A:大村さん→看護技術を高めたいのはもちろん、患者様が話しかけやすく、頼られるような看護師になりたいです。

A:松尾さん→小さな変化に気付け、観察能力があり、少しでも多くの患者様の回復への近道となるよう、いつでも手をさしのべられる看護師になりたいです。そうなれるよう、笑顔で接する事ができ、患者様、ご家族、職員の方から信頼されるように頑張ります。

真面目で頑張り屋の大村さん
いつも笑顔が素敵な松尾さん

スタッフ一丸となって、大村さんと松尾さんをサポートしていきたいと思います。これからの成長が楽しみです。

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

3階東病棟 「一緒にリフレッシュ」

2018年7月

こんにちは。3階東病棟です。
今年度は、レクリエーション係を中心に年間計画を立て、1か月に1回レクリエーション行っています。

5月のレクリエーションは、アロマオイルを使用し患者様にマッサージを行いました。アロマの香りでマッサージをすることで心身のリラックスをしていただくことが目的です。

「こちらが使用したアロマオイルです」
「職員が実際にアロマを使用し患者様にマッサージをしている様子です」

当日は、普段ベッド上で過ごされてる方もアロマの香りと職員の優しいマッサージで穏やかな表情が見られました。これからも、患者様へ楽しんでいただけるようにレクリエーションを提供していきたいと思います。

3階南病棟 新人看護師紹介

2018年7月

満開の桜も散り、なぜか夏日を記録更新している4月が過ぎました。涼しい風を感じる中、3階南病棟には4月に看護師3名、介護福祉士2名が異動となり、他に看護師2名が加わりました。そこで新採用の看護師 十文字さんと新人看護師 星野さんから一言いただきました。

十文字さん

Q:出身地は

A:神奈川県です。

Q:なぜ、鶴巻温泉病院を選ばれたのですか?

A:回復期ケアを学びたかったので... またアットホームな雰囲気に魅力を感じました。

Q:3階南病棟の回復期病棟はいかがですか?

A:スタッフの皆さんが暖かくて、患者さんが穏やかに過ごされているところが素敵だと思います。

Q:今後どのような看護を行っていきたいですか?

A:退院支援を視野に入れた看護介入がしたいです。

笑顔が素敵な十文字さん

星野さん

Q:出身地は

A:長野県です。

Q:なぜ、鶴巻温泉病院を選ばれたのですか?

A:実習を通して慢性期の看護を学びたいと思ったからです。インターンに来て病院が患者さんを大切に看護を行っていることや、新人教育がしっかりとしていることを知り、この病院を選びました。

Q:今後どのような看護を行っていきたいですか?

A:私は患者さんがまっすぐ向き合ってくださるような看護師になりたいと思っています。そのためにはまず、私が患者さんとまっすぐに向き合い、患者さんとの時間を大切にしていけるようなケアを行っていきたいと思っています。患者さんの心身ともに癒せるような看護を行っていきたいと思います。よろしくお願いします。

新人看護師 星野さん

2人とも笑顔が素敵で、患者様に接する姿を見ていると私自身も初心に戻り、新しい風を感じ刺激を受けています。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階西病棟 「この木何の木2西の木」

2018年7月

新緑の季節となりました。2階西病棟では看護師2名、介護職2名の新人職員と、病棟異動5名の職員を迎えて新たなスタートをきっています。

ここ、2階西病棟は特殊疾患病棟であり、長期にわたり入院されている患者様が多い病棟です。長期療養の患者様が楽しみを持つ工夫の一つとして、四季を感じていただけるよう、今年度はステーション前の廊下の壁をディスプレイしています。4月は桜、5月は新緑を表現しました。浴室の前や部屋の入口にも飾りつけを行っています。患者様、ご家族、面会の方、スタッフの皆にとって四季を楽しんでいただけるよう、工夫していきます。今後の季節の飾りつけにご期待下さい。

【スタッフステーション前の季節ごとに移り変わる樹】
【浴室前の鯉のぼり】

5階東病棟 4月異動者インタビュー

2018年6月

2018年4月から5階東病棟へ新しいスタッフが仲間となり、新しい風を運んできてくれました。2か月が経ち、現在の想いや今後について伺ってみました。

☆Aさん☆

Q1.緩和ケア病棟の印象はどうでしたか?

A:死と向き合う場所であり、苦しいと思うこともあるけれど、今を一生懸命生きている患者さんから沢山の笑顔や元気をもらい、頑張れます。スタッフの熱い想いや他職種との連携も密に行え、患者さん、家族のために一生懸命な方たちに感動しました。

Q2.リフレッシュ方法はなんですか?

A:岩盤ヨガ、ロードバイク

Q3.今後チャレンジしていきたいことは何ですか?

A:やっと、ずっとやりたかった緩和ケアに配属されたので、コミュニケーション技術等の学習。学生指導も担当となったので、学生とともに成長し、患者さんの思いや苦痛に寄り添える看護をしていきたいです。

Aさん(写真左) PNSペアのCさんと
PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)

☆Bさん☆

Q1.緩和ケア病棟の印象はどうでしたか?

A:静か。時の流れが穏やか。

Q2.実際2か月働いての感想をどうぞ

A:わからないことだらけです。

Q3.リフレッシュ方法は何ですか?

A:晩酌、お酒でプライベートを楽しんでいます。

Q4.最後に一言お願いします

A:患者さん、家族を不安にさせないように努力していきます。何か気になることがあったらお伝えください。

同じ病院内であっても新しい場所では違いがあり、不安も大きいと思います。そんな不安に寄り添い、一緒に考え、一緒に成長していける仲間でありたいと思います。5階東病棟へようこそ♪ 一緒に楽しみ、頑張りましょう♪

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

3階西病棟 「地域包括ケア病棟の取り組み」

2018年6月

今年度から3階西病棟は地域包括ケア病棟に生まれ変わりました。地域包括ケア病棟とは急性期医療が終わった後、もう少し、病院で治療やリハビリをしたほうがよい患者さんや在宅や施設で過ごしている方が病気になった時に一時的に入院して、必要な治療とリハビリを受け、在宅や施設に戻れるよう支援していく病棟です。

リハビリを生活の中に取り入れる為、専門スタッフだけではなく、看護職や介護職が協力して行うことになりました。

今回は、その中のレクリエーションを紹介します。例としては折り紙、貼り絵、ビーズ、書道、ボールを使ったゲーム等を患者さんに合わせて行っています。写真はその中でも皆さんで歌をうたっている様子です。食事前には頭、肩、指等の体操や口腔体操等を行い、食事が食べやすくなるような取り組みをしています。

これからも私たちスタッフは、患者様が楽しんで参加できるなプログラムを提供していきます。患者さんやご家族が地域で安心して暮らしていけるよう支援していきます。

レクリエーション

4階南病棟 4月異動者へのインタビュー

2018年6月

今年度より病棟に新しい副主任として異動した介護福祉士の井手さんを紹介します。いつも明るく、元気いっぱいの井手さんにインタビューしてみました。

Q1.介護福祉士になろうと思ったきっかけはなんですか?

Ans 元々福祉に興味があったことと、人の役に立ちたいという思いから、介護福祉士になろうと思いました。

Q2.いつも元気いっぱいの秘訣はなんですか?

Ans 患者様と関わりを持つことが好きで、とても元気になります。

Q3.楽しいと感じることは何ですか?

Ans 車でドライブすることと、買い物をする時が楽しいです。

Q4.4階南病棟のアピールポイントはなんだと思いますか?

Ans スタッフ一人一人が手厚いケアを行っていること笑顔を絶やさず患者様やご家族と関わりを持っていることスタッフ同士が相談しやすい環境

Q5.最後に副主任としての意気込みを教えてください!

Ans 副主任として右も左も分からず手探りの状況ですが、患者様やご家族に寄り添ったコミュニケーションやケアを提供していきたいと思います。

笑顔を添えてお茶を配る井手さん

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

5階南病棟 「期待のルーキー」

2018年6月

今年度は原島と工藤でコラムを作成し、お届けいたします。見事、国家試験を突破し、今年の4月から当病棟で働いている鈴木さんに今回はインタビューをしてみました。

Q. 鶴巻温泉病院に入ろうと思ったきっかけがあれば教えてください。

A. 学生時代の実習を通して、回復期リハビリテーションに興味を持ちました。その後、回復期リハビリテーションに特化した鶴巻温泉病院を知り、興味を持ったからです。

Q. 5階南病棟に来てからの印象はどうですか?

A. 病棟全体が明るく、支えて頂いている印象です。いつも温かく見守って頂いていて日々勉強のやりがいがあります。

Q. 最後に今後の意気込み、抱負などあれば一言お願いします!

A. できるだけ早く自立し、患者さんに寄り添った看護を提供できるよう努力していきす!

ありがとうございました。昨年は新人が配属されませんでしたが、今年は頼もしい大型新人(ルーキー)を迎え、病棟スタッフ一丸となり、患者様に寄り添う看護・介護を提供すると共に、鈴木さんを全力でサポートしていきたいと思います。

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階東病棟 新メンバー紹介

2018年6月

新たなメンバーが11名加わりました。2階東病棟のミッションでもある「感じる心を大切に寄り添う看護を提供します」を実践します。

佐藤さん「その人らしく生きることを支援できるように頑張ります。」

左から、矢田さん「笑顔で頑張ります。」佐々木さん「新しい病棟で気持ちを新たに励みます。」畠澤さん「慣れないことだらけですが、少しずつできることを増やしていきたいです。」

左から、仲澤さん 「患者様と関わることができる時間はとても楽しいです。不安だらけですが皆様に助けてもらいながら頑張ります。」沖野さん 「よろしくお願いします。」

長田さん 「よろしくお願いします。」

4月からの新人さんです。左から、田端さん 「ご迷惑おかけしますが、一生懸命頑張ります。」佐藤さん 「不安ばかりですがみなさん優しく教えてくださります。」 和地さん 「多くのことを学んで成長していきたいと思っています。患者様に笑顔になってもらえるように頑張ります。」

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

3階東病棟 「お花見」

2018年6月

こんにちは。3階東病棟です。今回は患者様の「お花が好き」、ご家族様の「散歩に行けたら」という望みを叶えるために何ヶ月も前から主治医と相談し3月下旬にお花見に行くことが出来ました。

「桜をバックに記念撮影」

満開ではありませんでしたが、患者様と、そのご家族様で桜を見ることが出来ました。 患者様から言葉は聞かれなかったのですが、表情はベッド上で過ごしている時より輝いて見えました。ご家族様からも感謝の言葉が聞かれました。

「当日の桜です」

患者様のことを考え、長居することはできませんでしたが、病棟へ帰るとスタッフが出迎えてくれたのを見て、とても感動しました。

「出迎えてくれた病棟メンバー」

今回のお花見を通して、たくさんの患者様の好きを叶えて入院生活を楽しく、幸せにできたらいいなと感じました。

※患者様、ご家族様、スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

4階東病棟 新人紹介

2018年6月

4月からフレッシュな仲間が増えました。介護福祉士の富田さんを紹介します。

富田さん

21歳です。好きな食べ物はオムライス。特技はファゴット演奏と歌です。趣味は音楽鑑賞。休日はアニメ鑑賞やカラオケに行きます。

Q1.介護福祉士になろうと思ったのはなぜですか。

A1.おじいちゃん、おばあちゃんが元々大好きで、父がパーキンソン病になって自分も 介護にたずさわりたいと思ったのがきっかけです。

Q2.当院に就職しようと思ったきっかけはなんですか。

A2.専門学校1年生の時にある人の紹介で知り、調べてみたら研修等も多くスキルアップできると思ったからです。

Q3.今後の抱負を聞かせてください。

A3.自分の武器は自分自身!!

明るく社交的な性格で、笑顔がとっても素敵な富田くん。これからの活躍に期待しています!!

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

インターンシップ体験(2017年5月参加者より)

2018年5月

3階南病棟 星野すみれ (佐久大学看護学部看護学科2018年3月卒業)

こんにちは。
私は、今年度より鶴巻温泉病院の回復期リハビリ病棟に配属となり、看護師として働いています。先輩方からアドバイスを受けながら、看護師として一人前になれるよう日々勉強をしています。

私が鶴巻温泉病院に就職を決めたきっかけは、この病院のインターンシップに参加したことです。学生時代の領域別実習で慢性期の看護に興味を持ち、慢性期の病院で働きたいと思っていました。

合同就職説明会で鶴巻温泉病院の存在を知り、インターンシップへの参加を決めました。一人でインターンシップに参加することはとても心細く不安でした。しかし、病院のスタッフの方々に様々なケアの体験をさせていただいたり、実際に病棟のスタッフの方が患者様一人一人とじっくり関わる看護を行っているところを見ることができ、私もこの病院で働きたいと考えるようになりました。

インターンシップへの参加は緊張すると思いますが、実際に病院の雰囲気を知ることができる大きなチャンスだと思います。鶴巻温泉病院の先輩方なら優しく丁寧に病院について教えてくれますので、少しでも迷っている方は、ぜひ思い切って参加してみてください。

梁川科長と星野すみれさん

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る