スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

2019年3月

2階東病棟「コミュニケーション方法について」

2019年3月

2階東病棟には、病状により発声が困難な患者様が多くいます。そのため、様々な方法を活用し、話すことが困難でも患者様の気持ちを汲み取れるよう日々努力しています。

今回は当病棟で実際に行っているコミュニケーション手段について、いくつか紹介します。


意思伝達装置(伝の心)を使用している様子です。
目線を動かしてパソコン上に文字を並べることが可能です


透明文字盤の使用は、患者様とスタッフが目線と目線を合わせて一文字ずつ確認していきます。年に1~2回他職種との勉強会を行い、さらに文字盤の理解が難しい患者様の場合にはスタッフ同士で技術を教えあい、患者様の思いに寄り添えるように努力しています。


こちらは患者様が訴えやすい内容を項目別に分け、整理・表示した文字盤です。
より早く、患者様の訴えを理解するために役立っています。

2階東病棟では、今後も患者様に残された機能を最大限に活かし、患者様に寄り添ってケアを実施していきます。

※患者様には写真公開の同意と許可を事前に得ております。

5階南病棟「ボディメカニクスを使えていますか」

2019年3月

回復期リハビリテーション病棟である当病棟では、患者様の介助をするうえで、起き上がりや立ち上がりの動作は必須です。できるだけ少ない介助で患者さまが力を最大限に発揮できることが求められています。

学生の頃や新人時代に習ったボディメカニクスですが、知識として理解していても、上手に身体を使えず、腰を痛めるスタッフを見てきました。

そのため、スタッフ同士で身体の動かし方についての勉強会を実施しました。

自分の身体の動きを知りましょう

学習会のテーマは「ボディメカニクスを使えていますか?」です。

各々が自分の身体でどの動きがスムーズで、どの動きが苦手かを理解することが大切です。

例えば、子供の運動会で、一生懸命走っているお父さんが上手く走れずに足がもつれたり、攣ってしまう光景を見たことはないですか?身体が十分に動かせていない状況で、イメージ通りに表現することは難しく、そのイメージと実際の違いによって、関節や筋肉に負担がかかり痛めてしまいます。

また、大きい筋群(腹筋や背筋、上腕三頭筋など)を使うというものがあります。脇をしめる動作で例えると、雑巾を絞る動作をゆっくりしてみてください。小指から順番に握り、脇がしまっていくのが分かります。

このように特定の大きな筋群を動かすためには身体のどこを意識して、どのように動かすのが正解かをレクチャーしました。

レクチャー後には、今まで寝ている患者様をベッド上で移動させることが難しかったスタッフも無駄な力が抜けて、体の使い方が上手になり移動をすることができるようになりました。

引き続き、5階南病棟ではスタッフの介助力が向上できるように指導と自己研鑽に励み、患者様に安全・安楽なケアができるように努めます。

3階東病棟 「鬼は~外!福は~内!」

2019年3月

こんにちは。3階東病棟です。2月といえば節分。当病棟でも節分を行いました。当日は鬼の仮装をしたスタッフが病棟を回り、患者様でも投げやすいように、豆に見立てた職員手作りのボールを投げていただきました!

「鬼は~外!」
「あれ?ドリフのあの人...?!(笑)」

今年度は月1回のレクリエーションを実施し、患者様に季節を味わっていただいたり、患者様同士や患者様とスタッフの交流を図れることを目標に活動をしてきました。来年度も患者様に楽しんでいただけるよう、スタッフ一同頑張っていきます。

※患者様とスタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

4階南病棟 豆まき「鬼は外、福は内」

2019年3月

3月になり、春の足音が聞こえてきそうな今日この頃。春が来ることが待ち遠しいですね。2月上旬は寒い日が多く、体調を崩してしまった患者様が数名いらっしゃいましたが、回復は早く、体調を取り戻した現在は、日々リハビリテーションに励んでいます。そんな姿を見て、病棟スタッフも「負けずに頑張らなければ」と日々、頑張っています。

さて、さる2月の日曜日、当病棟でも節分を行いました。患者様にはロビーへ集まっていただき、まずは豆まきの説明を聞き、笑顔で鬼の登場を待ちました。鬼が登場すると新聞紙を丸めて作った豆を、鬼に思いっきり投げて楽しんでいました。最後には観念した鬼とともに記念写真を撮り、催しは終了しました。終了後も患者様から「楽しかった」の声をたくさんいただきました。

手作りした豆を手に取り何が始まるのか不安そうです
豆を手に取り「鬼は外、福は内」
鬼と仲良しになってハイポーズ
豆まきに参加できなかった患者様は、鬼が病室まで伺いました

※患者様、スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

今月のおたより 2019年3月号

2019年3月

保護者の方向けに毎月発行される保育所・ベビーランドつるまきの「おたより」です。スペシャルコラムは「はらぺこあおむし読んで~!」です。

※看護部ホームページ掲載(一般公開)のために、個人情報や行事日程の詳細等を削除して再編集しております。

  • 1
鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る