スタッフコラム
鶴巻温泉病院 看護部では、看護師・介護福祉士を募集しています。詳しくはこちら
鶴巻温泉病院 看護部では、インターンシップ研修を随時受け付けております。

スタッフコラム

2018年4月

5階東病棟 1年目ナースAさんの歩みと成長

2018年4月

昨年、新人として5東に配属されたAさんは、この1年様々な事を体験し、学び、大きく成長しました。今の表情はキリリとしてとても頼もしく見えます。この1年をAさんと振り返ってみたいと思います。

Q:5東病棟を希望した理由を聞かせてください

A:緩和ケアに興味があり、患者様のサポートをしたいと思い希望しました。不安もありましたが、PNS®で先輩とケアに入り、助言を頂きながらできたので良かったです

Q:夜勤を始めた時のことを教えてください

A:夜間の患者様の状態を知り、ケアの見方が変わりました。先輩がついていてくれたので安心して勤務につくことができました

Q:つらいと感じたことは?

A:緩和ケア病棟の患者様は日々状態が変化し、退院されていくので、つらいと感じることがありましたが、患者様の存在が"頑張ろう、サポートしたい"と思わせてくれました。

Q:嬉しかったエピソードはありますか?

A:患者様に「お前が一番良くやってくれてるよ。見ていればわかるんだぞ。」と言われた時、素直に喜びを感じることができ、もっとサポートしたいという気持ちが強くなりました。

Q:2年目に向けて一言

A:これからも患者様・ご家族様のサポートが行えるよう、仕事も人としても成長できるよう努力していきます。

指導者(左)と1年目Aさん

・指導者より一言

最初の配属が緩和ケア病棟と大変な部署でのスタートとなりましたが、病棟の皆のサポートや患者様から看護師として、人として育てて頂きながら成長していったような気がします。患者様にも優しいAさんですので、特技を活かしながら患者様の残された時間をサポートできるよう、次年度も頑張ってもらいたいと思います。

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

3階西病棟 3月病棟レクレーション 「うれしいひな祭り」

2018年4月

3月3日病棟レクひな祭りを開催しました。

当日までに、患者様とスタッフで顔パネルを作成し、患者様には顔パネルの貼り絵をお手伝いして頂き、とても素敵なパネルができあがりました。

当日は「うれしいひなまつり」を歌い、甘酒を提供し、顔パネルをあて一人一人写真撮影を行いました。写真撮影後は患者様からリクエストがあったカラオケを行い、患者様から、「とても楽しかった」と感想を頂き、有意義な時間を過ごす事ができました。

これからも、患者様が季節感を感じられるようなレクリエーションの開催ができるように努力していきます。

「うれしいひなまつり」

※スタッフには写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階東病棟 病棟スタッフ紹介(2)

2018年4月

いつも優しい笑顔でお風呂を入れてくださっている竹内一浩さんです。のんびり安心してお風呂を楽しむことが出来ると患者さんからも人気があります。

お風呂担当の竹内一浩さん

Q:メデカルシスタントの経験年数を教えてください

A:5年目に入ります。

Q:2階東病棟の経験年数を教えてください

A:同じく、5年目に入ります。

Q:鶴巻温泉病院以外での経験があれば経験の科と年数を教えてください

A:以前は全く違う職種だったので、鶴巻温泉病院で一から始めました。

Q:出身地を教えてください

A:神奈川県秦野市です。地元です。

Q:趣味や最近興味があることを教えてください

A:最近は健康と体力のために、山登りをしています。

Q:お休みの日の過ごし方を教えてください

A:休日は山登りを楽しんだり、家の手伝い(掃除・買い物)をしたりしています。

Q:2階東病棟はどういう病棟ですか

A:明るいスタッフが多く、他職種間で連携の取れている良い病棟だと思います。

Q:病棟で働いていて、楽しいこと・うれしいことを教えてください

A:私は入浴介助専門なのですが、入浴中に患者様のリラックスした姿や笑顔が見られた時はとてもうれしいです。

Q:病棟で働いていて、辛いことはありますか

A:神経難病の病棟なので、病が進行していくのを間近で感じるのが辛いです。

Q:病棟スタッフの印象を語ってください

A:明るいスタッフが多いのと、常に向上心を持っている方が多いと思います。私も見習いたいと思います。

スタッフ紹介 介護福祉士の高橋佑果さんは、こちらです。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階東病棟 病棟スタッフ紹介(1)

2018年4月

介護福祉士の高橋佑果さんです。いつも笑顔が絶えない佑果さんは、ひょうきんで患者様にもスタッフにも人気があります。

介護福祉士の高橋佑果さん
患者様が作成した作品と一緒に撮影。

Q:看護・介護の経験年数を教えてください

A:14年くらい

Q:2階東病棟の経験年数を教えてください

A:約3年

Q:鶴巻温泉病院以外での経験があれば経験の科と年数を教えてください

A:なし

Q:出身地を教えてください

A:神奈川県の山奥です

Q:趣味や最近興味があることを教えてください

A:音楽鑑賞

Q:お休みの日の過ごし方を教えてください

A:のんびりインドア派

Q:2階東病棟はどういう病棟ですか

A:活気があり、スタッフ同士何でも言い合える楽しい病棟です。

Q:病棟で働いていて、楽しいこと・うれしいことを教えてください

A:色々な職種のスタッフと協力し合って働ける事が楽しいです。

Q:病棟で働いていて、辛いことはありますか

A:患者さんのケアで悩むことはありますが、皆が相談に乗ってくれます。

Q:病棟スタッフの印象を語ってください

A:個性的なスタッフばかりです。

次回のスタッフ紹介は、入浴専従の竹内一浩さんです。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。


看護部係長会 認定看護管理者教育課程(ファーストレベル)修了

2018年4月

2017年度鶴巻温泉病院看護部係長会メンバーの2名が認定看護管理者教育課程(ファーストレベル)を受講しました。受講場所と期間は、次の通りです。

神奈川保健福祉大学実践教育センター:2017年4月8日~9月29日
神奈川県看護協会:2017年4月27日~9月8日

卒業証書いただきました。
たくさんの学びがありました。

社会の動向や医療政策の変化の中、組織に求められる役割を再認識したことや患者・家族に求められる看護サービスの質管理やデータを看護管理に活用し、ベストプラクティスを目指すことの必要性を感じました。また「質の高いマネジメントは高い成果を生みだす」という講師の言葉に刺激を受け、自己のマネジメントを振り返る良い機会となりました。

更に、受講者との交流の機会も多く、患者に向き合う姿勢や管理者としての悩みなどをお互いに語る機会となり大変有意義な時間であったと思います。この学びを実践に活かしていきたいと思います。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

4階東病棟 介護福祉士実習指導者講習会に参加して

2018年4月

今回は、介護福祉士実習指導者講習会に参加した、介護福祉士11年目の杉本さんの報告会の様子をお伝えします。

「今回実習指導者講習会を受講し、指導者として相手を知り、寄り添った指導を展開することが最も大切だと学ぶことができました。実習指導者講習会では学生が学内で学んできた知識・技術・態度の統合を図り、介護を習得する機会を作ること。そして一人一人にゆっくり関わることを心がけ、学生だけでなく後輩の指導育成も行っていきたいと思います」と熱く語ってくれました。

4階東病棟では、看護師臨床指導者1名、介護福祉士実習指導者2名で実習指導を行っています。今年度は大学、高校の看護科実習、高校生の介護実習指導を受け入れました。看護、介護それぞれの専門性と個別性を重視した援助を学ぶことができたのではないかと思います。これからも病棟スタッフ全員、学生に会える日を楽しみにしています。一緒に頑張りましょう!!

杉本介護副主任のよる報告会の様子

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階南病棟 短時間勤務の魅力

2018年4月

2階南病棟には多様な働き方をしているスタッフが4名います。4名共、働くママです!正社員で時間短縮しているスタッフ2名(9時~15時半、9時~16時半)、パートタイマーのスタッフ2名(9時~13時、9時~17時)です。時間帯はそれぞれに異なり、家庭に合わせて働く時間を決められます。子育てしながら働きたいママさんには嬉しいですね。

Q:短時間勤務の魅力(メリット)はどんなとこですか。
~中川さん~

A:現在、9時~15時30分の短時間勤務をさせて頂いています。早めに帰れることで、子供の離乳食を作る余裕もあり、家事も程々に行うことが出来ます。子供の体調不良で急にお休みすることもありますが、病棟スタッフの支えもあり、働くことが出来ています。

~倉橋さん~

A:現在、9時~15時30分の短時間勤務をさせて頂いています。早めに帰れることで、子供の離乳食を作る余裕もあり、家事も程々に行うことが出来ます。子供の体調不良で急にお休みすることもありますが、病棟スタッフの支えもあり、働くことが出来ています。

中川さんと絢愛ちゃん(育児時短)と、倉本さん(パートタイマー)

~佐野さん~

A:短時間勤務で帰らせてもらっていることで、家事をする時間や子供と過ごす時間が作れているので、とても助かっています。

~田中さん~

A:短時間勤務は、何より家庭のリズムを崩すことが少ないです。仕事ができる喜びと誇りを持てることで、自信につながっています。家庭があってこその仕事と考えると、自分で働き方を決められ、とてもありがたい体制だと思います。

佐野さん(短時間正職員)と、田中さん(パートタイマー)

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

3階南病棟 イケメン登場!!

2018年4月

2月に他の病棟から3階南病棟に異動してきた新しい介護福祉士2名を紹介します。笑顔がとっても素敵な2人に質問をしてみました。

介護福祉士の矢野副主任(左)と藤田さん(右)

Q:介護福祉士になろうと思ったきっかけはなんですか?

A:おばあちゃんが怪我をして、生活がままならない状況がありました。その時、自分が何か出来ないかと思ったこと、また母親からの勧めもあり、介護福祉士の道を目指しました。

Q:初めての回復期病棟はいかがですか?

A:入院から多職種が関わる中で、患者様のADL動作能力の向上を肌で実感しています。 退院先には様々な方向性がありますが、患者様本人がどんな思いでいるのか、本当はどうしていきたいのか、少しでも思いをくみ取り、患者様本人が納得できる退院支援を目指していきたいです。

Q:今後どのような介護を行っていきたいですか?

A:患者様が生活する空間や時間に、介護福祉士が常に存在し、寄り添うことが出来ると思っています。心に寄り添い、患者様本人が満足して退院できるよう支援していきたいです。「鶴巻温泉病院だったから」「あなたがいたから」そんなふうに思っていただけるよう日々努力していきます。

藤田さんへ質問

Q:介護福祉士になろうと思ったきっかけはなんですか?

A:母親が祖母の介護をしていた時、僕にも何か出来ることはないか考え、介護福祉士の道に進もうと思ったのがきっかけです。

Q:初めての回復期病棟はいかがですか?

A:患者様の入院期間が決められており、今までいた病棟とは特色が違うため、退院までのアプローチの違いに驚きました。

Q:今後どのような介護を行っていきたいですか?

A:ICFの考えをもとに、個人因子・環境因子をそれぞれアセスメントした介護を実践していきたいです。

ご協力、ありがとうございました。

緊張しながらも患者様にはとても優しく日々笑顔で接している姿は、既存のスタッフにも良い刺激となっているようです。これからも病棟スタッフ一丸となり、良い看護・介護を提供していきたいと思います。

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

2階西病棟 桃の節句

2018年4月

こんにちは。早いもので、新年が明けてから2か月が経過しました。今年はインフルエンザが大流行しましたが、体調を崩されなかったでしょうか。

2西病棟では3月のひな祭りにあわせて、大きなひな人形が登場しました。7段のひな人形です。正直、私はこんなに大きなひな人形はデパート以外では見たことがありませんでした。入院されている患者さんに季節を感じてもらおうと思っているスタッフが一生懸命準備をしています。少しでも喜んでいただけたらいいなと思います。ちなみに、ひな人形が残っているとお嫁に行けなくなるらしいので、現在は片づけてあります。また来年のお楽しみです。

毎年飾られるひな人形です

看護部係長会 係長会 宿泊研修の報告

2018年4月

こんにちは!看護部係長会です。昨年度、係長会で宿泊研修を行いました。場所は神奈川県南足柄のふれあいの村です。科長を含め34名もの職員が参加しました。一日目は講義やロールプレイを中心に現代人に求められる能力や情報収集力を学ぶことが出来ました。

グループワークで活発な意見交換

宿泊研修なので夜まで語り、お互いの「絆」が深まりました。楽しかったです。2日目は課題発見力、表現力について講義と演習を行いました。最後に2日間の振り返りを1分間スピーチで発表し、研修を終えました。あっという間の2日間でした。これから病棟に戻り、2日間の学びを還元していきたいと思います。

1分間スピーチ緊張しました

院外研修で心身共にリフレッシュして学びを深めることができました!

※スタッフには、写真公開の同意と許可を事前に得ております。

  • 1
鶴巻温泉病院のホームページへ
上に戻る