取り組み|グループホーム渋沢|認知症対応型共同生活介護|秦野市渋沢

グループホーム渋沢の取り組み

個別性を重視したケア

共同生活を通じて、入居者の皆様の心身の残存能力を生かすケアを行います。家庭的でゆったりとした雰囲気を大切にしています。一人、ひとりの認知度や症状、性格や身体状況に配慮し、個々の想い(不安・悲しみ)を受け止め、一人ひとりに合わせたデイタイムケアプランを作り、季節を感じる外出、季節の味覚を楽しむ食事等、今を楽しむ環境作りを心がけています。

お掃除

お散歩

天気の良い日にはぶらぶらと建物の周りを散策します。景色を眺めながらいい気持ちのひと時です。

作品

作品

季節ごとにスタッフと共同で壁絵作りをしています。細かな作業で一歩一歩作り上げています。

↑ このページの上へ

広報誌「ファミリー」

居宅サービス広報誌「ファミリー」は、三喜会の居宅サービス施設のご利用者、そのご家族と施設のスタッフがファミリー(家族)のような信頼関係を築いていきたいとの願いを込めて付けました。
グループホーム渋沢とデイサービスセンター渋沢の取り組みをお伝えする広報誌「渋沢ファミリー」最新号をPDFファイルで掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

 

↑ このページの上へ

ホームの特徴

詳細はお気軽にお問い合わせください。

グループホーム渋沢では
医療機関 医療の必要性が生じた場合は、ご家族と相談の上、協力医療機関との連携により、適切な処遇を行います。
鶴巻温泉病院、山口医院(車5分)
連絡体制 月1回の往診があります。日常生活上のアドバイス、緊急時の対応等を行っています。
ケア 食事、入浴、排泄の援助はもとより、散歩や趣味など入居者個人のニーズに応じた支援を致します。入居者の意志や自主性を重んじ、生活機能を生かしながらスタッフと一緒に買物や 洗濯等行います。
外出、外泊、面会 ご家族のお申し出と付き添いがあれば、特に健康上の制約が無い限り自由です。
プライバシー 全室が個室でプライバシーは確保されています。
イベント さまざまなイベントを通して地域、ご家族との交流を大切にしています。同一建物内のデイサービスセンターとは、買物やボランティア活動、庭の畑仕事などについて合同で活動し、利用者同士の交流の場としています。
  

↑ このページの上へ